投資ニュース

A8.net運営会社のファンコミが減収減益で株価急落!アフィリエイトは闇の時代か?

A8.net運営会社ファンコミの減収減益まとめ

  • 四半期ベースで売上と利益が今期最低値をマーク
  • 業績的には底入れ(下げ止まること)を予想
  • 検索エンジンの大型アップデートへの対応がほぼ完了
  • 財務状況は良好で大型投資の余力は十分

出典:楽天証券公式サイト出典:楽天証券公式サイト

アフィリエイト業界の大御所、A8.net運営会社のファンコミュニケーションズ(2461)。

2019年2月8日に第4四半期決算を発表。同週に下方修正が出されていたこともあり、サプライズとはなりませんでしたが、3連休明けの2月12日に株価は急落。-7.56%の526円(-43円)で灼熱の火曜日を終えました。

ファンコミ(2461)の
決算資料はこちら >>

A8.net運営会社ファンコミが減収減益を発表!

出典:ファンコミュニケーションズ 決算資料出典:ファンコミュニケーションズ 決算資料

A8.net運営会社ファンコミの2018年12月期 第4四半期決算

  • 四半期売上高は対前年同期比で92%。今期最低
  • 売上高経常利益率が直前四半期よりさらに悪化で11%。今期最低
  • 広告市場環境の変化への対応がほぼ終了。業績的には底入れを予想

アフィリエイト関係者には言わずと知れた大手サービス『A8.net』。その運営会社であるファンコミュニケーションズ(2461)が大幅な減収減益を発表しました。

過去最低の売上や利益が並ぶ一方、ファンコミが『業績的に底入れしたと考えている』のは非常に興味深いですね。暗に『業績は上向いていきますよ』と教えてくれているようなもの。

なおころ
なおころ
その自信はどこから来るのか。まずは減収減益の原因を究明することから始めましょう!

A8.net運営会社ファンコミが減収減益に陥った原因

出典:ファンコミュニケーションズ 決算資料出典:ファンコミュニケーションズ 決算資料

A8.net運営会社ファンコミが減収減益に陥った原因

  • 主要サービスA8.netの不振:検索エンジンのアルゴリズム変更によるもの
  • 稼働広告主数や登録パートナーサイト数は右肩上がり
  • 広告主あたりの売上高は横ばい:広告主の分散が進行中

2018年度決算の実績値ベースを元に計算すると、A8.netはファンコミュニケーションズの売上の約70%を占める主力サービス。今回の減収減益はその不振によるところが大きいと言えます。

決算資料によると、主な原因は『検索エンジンのアルゴリズム変更によるもの』。2018年半ばに発生したとされるGoogleの大幅アップデートは記憶に新しいですね。主力とするサイトが影響を受け、売上が大きく減少したことが要因と推察されます。

一方、さらに決算説明書類を読み解けば稼働広告主数や提携するサイトの数は右肩上がり。加えて、広告主あたりの売上高には大きな変動が見受けられません。

おそらく広告主の分散が進行しているのでしょう。大規模なアップデートを受けて採算の立たなくなった広告主とは別の企業が新規参入して穴埋めしていると読み取ることも可能です。

これらの状況とファンコミの『業績的に底入れしたと考えている』といった記載を合わせて考えると2018年のアップデートによる対応はほぼ完了したため、(少なくとも次回の大幅なアップデートが発生するまでは)これから業績は上向いていく!と息巻くのは自然なことかもしれません。

ZOZO前澤友作社長がTwitter休止宣言!好感が広がり株価は急騰!ZOZO社長の前澤友作氏がTwitter休止宣言!市場には好感が広がり、株価は急騰となりました。...

A8.net運営会社ファンコミは減収減益だが財務状況は良好

ファンコミュニケーションズ財務諸表分析ファンコミュニケーションズ財務諸表分析
ファンコミュニケーションズ財務分析ファンコミュニケーションズ財務分析

財務分析Excelシートと過去3年分の決算書を活用して100点満点で分析したところ、86点とかなりの高水準。財務の安全性が非常に高いことに加え、利益率も安定的に10%以上を記録。

大型投資に踏み切る余力も十分でしょう。大型アップデートによる不調をひとつの材料に、さらなる事業拡大を構想中かもしれません。

【バフェットコード連携】財務分析ExcelシートVer.4リリース!投資家の皆さまこんにちは、なおころ(@Naokoro_)です。 ご好評いただいております財務分析Excelシート、第4弾をリリース...

A8.net運営会社ファンコミの減収減益まとめ

A8.net運営会社ファンコミの減収減益まとめ

  • 四半期ベースで売上と利益が今期最低値をマーク
  • 業績的には底入れ(下げ止まること)を予想
  • 検索エンジンの大型アップデートへの対応がほぼ完了
  • 財務状況は良好で大型投資の余力は十分

しっかりとした資本とノウハウが蓄積されているファンコミュニケーションズなら、アフィリエイト事業はしっかり持ち直すでしょう。

Googleに生殺与奪の権利をある程度握られていることを忘れてはなりませんが、大きなアップデートがない限りは次回の決算に期待できそうですね。株価の底入れもよろしくお願いいたします!

ファンコミ(2461)の
決算資料はこちら >>

なおころ
なおころ
スライド形式でまとめられている説明会資料はかなり読みやすいですよ。気になる方は合わせてご一読を!

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

【2019年2月】投資家なら押さえておきたいニュース9選GPIFが14兆円の運用損失を発表、ZOZO前澤社長がTwitterの休止を宣言など、衝撃的なニュースが多数舞い込んだ2019年2月。本ブログで取り上げた投資ニュースをまとめてご紹介!...
【2019年版】ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...
\1万円からはじめる憧れの不動産投資/

1万円から不動産投資に挑戦できるCREAL(クリアル)』は年間利回り約4%!投資した後の物件管理や細かい手続きは必要なし。ほったらかしでOKです

投資先はプロが厳選した関東圏の不動産。公式サイトではどんな物件に投資できるのか画像や動画で確認できます!(メールアドレスを登録した会員限定の情報も!)

物件価値が下がった場合もCREAL10〜20%を補填してくれるためリスクも限定的。「将来を考えてまずは少額から投資に挑戦してみたい」そんな方におすすめです。


CREALの関連記事まとめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA