投資ニュース

インスタグラムが「いいね!」機能の廃止を検討!コンテンツ勝負の時代へ突入か?

2018年には月間ユーザー数が10億人を突破した人気SNSのひとつInstagram(インスタグラム)。国内でも3,000万人ほどが愛用中のアプリに大きな変更が加えられるかもしれません。

それこそが「いいね!機能の廃止」。すっかり浸透した本機能の廃止を検討する理由や影響、SNS上での口コミをまとめてお届けします。

本記事の結論:インスタグラムの「いいね!」機能廃止まとめ

  • カナダにていいね!数の非表示テストスタート
  • SNSの中でインスタグラムのいいねがメンタルに最も悪影響を与える
  • インスタ疲れからの解放、コンテンツ勝負の時代への変遷が予想される
  • 多くのユーザーは「いいね!」機能の廃止に好意的
なおころ
なおころ
なおころも2019年3月からインスタグラムをスタートしました。投資初心者をターゲットに投資関係のクイズや名言を掲載中です!なおころのインスタグラムはこちら

インスタグラムが「いいね!」機能を非常時にする新機能をカナダで公式テスト

インスタグラムいいね!数の非表示テスト要点

  • 2019年5月第1週よりカナダで先行テスト開始
  • 投稿を見る人からは「いいね!」の数を非表示
  • 「いいね!」の数を条件にしたプロモーションなどは別途検討

インスタグラムの「いいね!」数を非表示にするテストがカナダで始まりました。投稿者からは「いいね!」数が確認できる一方で閲覧者には非表示機能を実装。「いいね!」競争に歯止めをかけ、自身を表現するメディアとしての性格強化が狙いです。

一方、大きな懸念として挙げられているのはインフルエンサーマーケティング。「いいね!」数を条件にプロモーションを支援するインフルエンサー達には逆風かもしれません。

影響力で勝負する方々への配慮として、Instagramは「いいね!」数の非表示などの新機能をカナダで公式テストへの記事内に「別途検討しています」との記載も見られます。

表現の自由を追求するのか、インフルエンサー側に振れるのか、はたまたその中間に落ち着くのか(課金制度などで「いいね!」を表示する権利を与えるなど)インスタグラムの今後を占う仕様となるでしょう。

インスタグラムが「いいね!」機能を廃止する理由はメンタルヘルスへの甚大な悪影響

同社は今回の措置で、利用者らが過剰にいいね数を意識し、メンタル的に不健全な状態になることを防ごうとしている。

SNSが若者のメンタルヘルスに与える影響を英国の王立公衆衛生協会(RSPH)が調査した結果、最も心理的に悪影響を与えているのが、インスタグラムであるとされた。2017年に実施されたこの調査では、いいね数への執着が不安感や孤独感、自分の外見への劣等感などのネガティブな影響を引き起こすとされた。
– 出典:インスタグラムが「いいね」数の非表示を検討している理由

なおころ
なおころ
いいね数への執着や不安感がマイナスに働く現象、インスタグラマーなら誰もが心当たりがあるに違いありません。

インスタグラムの「いいね!」機能が廃止された場合の2つの影響

インスタグラムがら「いいね!」機能が廃止される影響

  1. インスタ疲れからの解放(自己表現メディアとして成長)
  2. いいね競争からコンテンツ勝負の時代へ

インスタグラムの「いいね!」が非表示になった場合の影響を整理してみましょう。以下では、各投稿の投稿者はいいね数を確認可能、閲覧者からは見えない前提で話を進めます。

1. インスタ疲れからの解放

前章でも触れた通り、インスタグラムのさらなる自己表現メディアとしての成長、そしてインスタ疲れからの解放が予想されます

 

例えば、以下のような群衆心理は一気に消え去るでしょう。

「こんな投稿をしてもいいね!してもらえないだろうな」

「この投稿、かなりいいね!されてるから私もしておこう」

 

つまり投稿までのハードルが下がり、閲覧する分にも気疲れする回数が少なくなるに違いありません。結果的にインスタグラムが更に多様な自己表現のプラットフォームとして一歩前進することが予想されます。

2. インスタグラムはいいね競争からコンテンツ勝負の時代へ

いいね競争からの脱却ともなれば、インスタグラムで人気を博すにはさらに工夫が必要となります。

既存のシステムでは実現している「いいね!の購入」も不可能。インスタグラム内でのファンの確保には良質なコンテンツが不可欠になります。言い換えれば、「いいね!」の数に関係なく投稿を追いかけたいと思わせる運営をしなければ頭角を現すことが難しくなるでしょう。

こちらの影響についてはインスタグラムを使う一般人であってもインフルエンサーであっても関係なし。「いいね!」数が非表示になることで、よりコンテンツ勝負の時代に突入するのはまずもって間違いありません。

インスタグラムの「いいね!」機能廃止に関する反応や口コミ

なおころ
なおころ
好意的に受け止めているユーザーが多い印象。弱小インスタグラマーなおころにとってはもちろん追い風です!

インスタグラムが「いいね!」機能の廃止を検討!コンテンツ勝負の時代へ突入か?まとめ

インスタグラムの「いいね!」機能廃止まとめ

  • カナダにていいね!数の非表示テストスタート
  • SNSの中でインスタグラムのいいねがメンタルに最も悪影響を与える
  • インスタ疲れからの解放、コンテンツ勝負の時代への変遷が予想される
  • 多くのユーザーは「いいね!」機能の廃止に好意的

良質なコンテンツ以外で集客を図っていたユーザーは一工夫が求められるでしょう。今後のインスタグラムの動向に注目です。

 

なおころのインスタグラムはこちら。

https://www.instagram.com/p/ByfVT4OgT6m/?utm_source=ig_web_copy_link

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

Instgramを傘下に収めるFacebookを財務分析してみた件米国株分析、本日の対象はソーシャルネットワーク時代の象徴とも言えるFacebook社。 Instagramを傘下に収めるFaceb...
\1万円からはじめる憧れの不動産投資/

1万円から不動産投資に挑戦できるCREAL(クリアル)』は年間利回り約4%!投資した後の物件管理や細かい手続きは必要なし。ほったらかしでOKです

投資先はプロが厳選した関東圏の不動産。公式サイトではどんな物件に投資できるのか画像や動画で確認できます!(メールアドレスを登録した会員限定の情報も!)

物件価値が下がった場合もCREAL10〜20%を補填してくれるためリスクも限定的。「将来を考えてまずは少額から投資に挑戦してみたい」そんな方におすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA