投資ニュース

ソーシャルレンディングの匿名化問題に終止符!業界の透明化と健全化の起爆剤となるか

ソーシャルレンディングの匿名化制度撤廃まとめ

  • 匿名化している理由は賃金業法に違反する可能性があるから
  • 金融庁が匿名化解除を促す動き。将来的には義務化も
  • ソーシャルレンディング業界の透明化と健全化に期待

ソーシャルレンディングの匿名化制度がいよいよ終焉を迎えそうです!

年間10〜15%など、魅惑的な期待利回りで投資家からお金を集め、流用するといった悪質的なコンボが後を絶たない本業界。2019年3月のmaneo11億円損害賠償事件がダメ押しとなったのでしょう。いよいよ金融庁が重い腰をあげました。

ソーシャルレンディングのリスクが顕在化!顔の見える投資の徹底を!業界最大手maneoの損害賠償問題でソーシャルレンディング業界のリスクが一段と顕在化。多くの投資家達を魅了したその仕組みと代替となる運用手法をまとめてご紹介!...

ソーシャルレンディングの匿名化の理由は賃金業法

ソーシャルレンディングが匿名化している理由

  • 賃金業法がネック
  • 借り手を特定してお金を出した投資家は事実上の貸し手になる
  • 貸し手となるには賃金業者の登録が必要になり得る

ソーシャルレンディングが借り手を匿名化している背景は賃金業法にありました。

明確な貸し手、借り手の関係になるためには賃金業者の登録が必要になり得ます。明確に法律として定められてはいませんが、違反を確実に避けるために貸付先を匿名化する運用が続いたのは自然な流れと言えるでしょう。

結果、集めた資金を目的外に流用するといった問題の温床となりました。

なおころ
なおころ
金融庁はmaneoを含む5社に業務停止・改善命令といった行政処分を実施。それでも問題の沈静化が見込めず、次章以降で解説する匿名化解除へ踏み切りました!

ソーシャルレンディングの匿名化制度を金融庁が解除する動き

金融庁はインターネット経由で融資を仲介するソーシャルレンディング業者に、貸付先となる企業の情報開示を促す。従来は匿名を原則としてきたが、社名や所在地など投資判断に必要な情報の公表を求める方針。最大手のmaneoマーケット(東京・千代田)が個人投資家らに損害賠償を求めて訴えられるなど、トラブルが相次いでいることから透明性を高める。
2019年3月12日掲載の日本経済新聞より引用

金融庁は、各ソーシャルレンディング運営会社に対して貸付先の情報開示を促します。具体的には社名・所在地・過去の返済状況などがリストアップ。

なおころ
なおころ
上記の情報が開示されれば、架空の事業で投資を募ることもできません。投資家も安心ですね。

論点となる賃金業法の取り扱いについては、『投資家と企業が互いに接触を禁止する』といった契約を結ぶことで投資家の賃金業登録が不要であることを示す方針。ソーシャルレンディング各社にとって、情報開示が義務化される日も遠くないでしょう。

ソーシャルレンディングの匿名化撤廃で業界は更なる健全化へ

ソーシャルレンディングの匿名化撤廃で業界は更なる健全化へ

  • 悪質な業者や異常に利回りの高い案件が淘汰
  • 投資家はよりリスクを抑えた投資が可能に

匿名化制度が撤廃されれば悪質な業者の淘汰が進むでしょう。架空事業への投資を募ることも難しくなるため、業界全体で投資家保護の意識が高くなることが期待されます。

また、開示される情報が増えるほど投資家はリスクを抑えた投資が可能に。いくつもの案件を見比べ見定める審美眼こそ必要ですが、悪質な案件の母数自体が減少するため、出資額のほとんどを失ってしまう投資家は少なくなるでしょう。

なおころ
なおころ
これを機にソーシャルレンディングへの出資ををスタートする投資家も多いかもしれませんね。オーナーズブックなど信頼性の高い会社の案件はクリック合戦が熾烈を極めそうです。

https://availability89.com/ownersbook/word-of-mouth/

ソーシャルレンディングの匿名化撤廃まとめ

ソーシャルレンディングの匿名化制度撤廃まとめ

  • 匿名化している理由は賃金業法に違反する可能性があるから
  • 金融庁が匿名化解除を促す動き。将来的には義務化も
  • ソーシャルレンディング業界の透明化と健全化に期待

ソーシャルレンディング運営会社と投資家の間には、はっきりとした情報の非対称性が存在していた分、本件の動きは投資家にとって心強いでしょう。『顔の見える投資』の促進で更なる業界の発展を期待しております。

また、2019年3月時点において、下記の3つのサービスは投資先の開示情報が豊富でおすすめ。合わせてどうぞ!

>> 1万円から都内の不動産投資に挑戦できるCREAL(クリアル)

>> 1万円から関東圏の空き家再生に貢献できるFANTAS(ファンタス)

>> 1円から上場企業が運営するファンドに投資できるFunds(ファンズ)

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

【2019年版】ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...
\1万円からはじめる憧れの不動産投資/

1万円から不動産投資に挑戦できるCREAL(クリアル)』は年間利回り約4%!投資した後の物件管理や細かい手続きは必要なし。ほったらかしでOKです

投資先はプロが厳選した関東圏の不動産。公式サイトではどんな物件に投資できるのか画像や動画で確認できます!(メールアドレスを登録した会員限定の情報も!)

物件価値が下がった場合もCREAL10〜20%を補填してくれるためリスクも限定的。「将来を考えてまずは少額から投資に挑戦してみたい」そんな方におすすめです。

その他のほったらかし投資はこちら↓

【2019年版】ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA