IPO

【IPO】ダイコー通産の初値は1,732円!東証2部上場も底堅い需要を見せる


日本国土開発のIPOから1週間ほど間隔をあけ、『ダイコー通産(7673)』が新規上場です!

公募価格は1,540円で最低購入価格は約15万円。気になるIPO初値と売却益はいかに?

本記事の結論:ダイコー通産(7673)IPOの初値

  • ダイコー通産の公募価格は1,540円
  • ダイコー通産の気配値は1,600円台を推移
  • ダイコー通産の初値は1,732円 (初値利益+1.9万円)
なおころ
なおころ
2019年IPOの連勝街道は続くのか?
【IPO】ダイコー通産の初値予想!ケーブルテレビ事業に暗雲が立ち込める2019年3月、東証2部に上場するのはCATV(ケーブルテレビ)のプロフェッショナル集団であるダイコー通産(7673)。ビジネスの内容や近年の業績などを材料に、気になるIPO初値を予想してみましょう!...

ダイコー通産(7673)IPOの初値 | 公募価格は1,540円

なおころ
なおころ
ダイコー通産の公募価格は1,540円。東証2部への上場、主力のケーブルテレビ事業が地味など、需要不足が懸念されましたが問題ありませんでした!仮条件の上限値とあって一安心です。
IPOの発表から企業が上場するまでのプロセスを分かりやすく解説IPOのプロセスを個人投資家が押さえておくべき用語と合わせてご紹介!IPO投資に挑戦する前に、まずは全体像を捉えましょう。...

ダイコー通産(7673)のIPO初値 | 気配値は1,600円台を推移

なおころ
なおころ
買い方優勢の展開。公募価格を大きく上回る動きが続きます。

ダイコー通産(7673)のIPO初値は1,732円で売却益は1.9万円!

なおころ
なおころ
上場初日の3月12日、9時19分に1,732円の初値がつきました!公募価格は1,540円、初値売却益は1.9万円ですね!当選されたみなさま、おめでとうございます!
【IPO投資】人気の理由は儲かる確率の高さにあり!過去4年の勝率は75%以上!IPOが投資家に好まれる理由は?儲かる確率はどれくらい?そもそもIPO投資ってなんでそんなに儲かるの?...

ダイコー通産(7673)のIPO初値まとめ

ダイコー通産(7673)IPOの初値

  • ダイコー通産の公募価格は1,540円
  • ダイコー通産の気配値は1,600円台を推移
  • ダイコー通産の初値は1,732円 (初値利益+1.9万円)

ダイコー通産の結果をもって2019年のIPOは怒涛の7連勝です!

まだまだ続く3月のIPOラッシュに資金不足が懸念されますが、次回の新規上場は投資家達の熱視線を集めるサーバーワークス(4434)。当選された投資家のみなさまに初値の爆益をお願いいたします。

【IPO】2019年3月のおすすめ銘柄とスケジュールまとめ! No 2019年3月IPO銘柄 総合評価 初値利益 1 日本国土開発 B +1.1万円 ...

 

倍率の高いIPO投資ではなかなか当選できず、資産が余っている方はFunds(ファンズ)を活用した1円からの貸付投資など、ほったらかし投資も合わせてどうぞ!

関連記事:【Funds(ファンズ)】1円からでOK!誰でもコツコツ資産運用

関連記事:ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!消耗せずに資産を増やそう

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

Funds(ファンズ)は1円からでOK!誰でもコツコツ資産運用1円からの資産運用を可能にする『Funds(ファンズ)』の特徴や気になる運営会社についての情報をまとめてご紹介!...
ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!消耗せずに資産を増やそう株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...
\1円からはじめる資産運用/