IPO

【IPO】東海ソフトの初値予想まとめ!需要の絶えないソフトウェア事業が魅力的!

東海ソフトIPOの初値予想まとめ

  • 企業の事業編:底堅い需要が期待されるソフトウェア開発が主力
  • 企業の業績編:財務の安全性も高く、収益力もまずまず
  • 評判・口コミ編:初値上昇を予想する声も多数
  • 個人的な初値予想:想定価格の2.0倍の2,580円(1月26日時点)

2019年第3弾の株式IPOは東海ソフト株式会社(4430)!ソフトウェア開発が主力の老舗企業。

事業内容や近年の業績、想定価格などを材料に気になるIPO初値を予想してみましょう!

IPO投資初心者が押さえておきたいポイントをまとめて解説IPOの流れやおすすめ証券会社の選び方など気になるポイントをまとめてご紹介。『儲かる』とうわさのIPO投資、実際にお金を動かす前に疑問点を解消しておきましょう!...

【IPO】東海ソフトの初値予想!企業の事業・業績編

なおころ
なおころ
東海ソフト株式会社、東証2部に上場とのことですが、社名は耳に馴染みがありません。どんな事業を展開しているのでしょうか?

東海ソフトIPOの初値予想!企業の事業・業績編

  1. 東海ソフトの基本情報
  2. 東海ソフトの事業内容
  3. 東海ソフトの業績・安全性

【IPO初値予想】東海ソフトの基本情報

出典:東海ソフト株式会社公式サイト出典:東海ソフト株式会社公式サイト
東海ソフト(4430)の基本情報
会社名東海ソフト株式会社(4430)
設立1970年
経営理念顧客に信頼される、
技術・商品を常に研く、
社員に信頼される誠実な企業である。
主力事業ソフトウェア受託開発及びソフトウェア開発に係る役務提供
上場市場東証2部
主幹事証券野村證券

東海ソフト株式会社は1970年設立の老舗企業。識学リックソフトなど2019年2月には全5件のIPOが予定されている中、唯一東証2部への上場を予定しています!

なおころ
なおころ
マザーズやジャスダックとは異なり、東証2部への上場は純資産や利益額などクリアすべき条件が増えるため、自然と有望な企業が集まります!

名刺管理ツールや業務ナレッジの共有ツールなど、ソフトウェアの受託開発が主力。次章ではその事業内容を詳しく確認してみましょう!

【IPOの条件】取引証券所へ上場するためにクリアすべき項目を解説IPOで証券取引所に上場するための条件とは?企業がクリアすべき項目について分かりやすくまとめました。...

【IPO初値予想】東海ソフトの事業内容

出典:東海ソフト公式サイト出典:東海ソフト公式サイト

東海ソフトの事業内容:ソフトウェア開発

  • 画像やAIシステムの開発
  • 生産管理システムなどソフトウェアソリューションの開発
  • 車載ソフトウェアの組み込み(エンベデッド)

業務管理システムの開発から、ソフトウェアの組み込みまで幅広い業務が魅力的。400人以上の従業員が、システム関連のお悩みをトータルでサポートする体制が構築されているに違いありません。

なおころ
なおころ
他セグメントは存在せず、ソフトウェア開発事業一本での上場。BtoB取引による絶え間ない需要が予想されますね。保守点検業務も合わせて考えると売上高は底堅いでしょう!
【IPOのメリット】企業・投資家別に利点を分かりやすくご紹介企業・投資家の視点別にIPOのメリットをまとめてご紹介! 本記事の結論:IPOのメリット 企業:資金調達と知名度の向...

【IPO初値予想】東海ソフトの業績・安全性

東海ソフトの業績・安全性東海ソフトの業績・安全性
東海ソフト(4430)の業績や安全性(2018):14 / 20
流動比率236.0%★★★★★
自己資本比率46.8%★★★☆☆
営業利益率5.4%★★★☆☆
当期純利益率3.8%★★★☆☆
営業CF – 投資CF
なおころ
なおころ
とりわけ短期的な支払い能力を示す流動比率が高く、財務の安全性は文句のつけようもありません。事業の収益力を示す利益率もまずまずでキャッシュもうまく回っている様子。初値にも期待できるでしょう!
【財務指標】流動比率とは?定義や目安を分かりやすく解説!企業の安全性を評価する財務指標『流動比率』の意味や目安を分かりやすく解説します!...

【IPO】東海ソフトの初値予想!上場情報編

東海ソフトのIPOスケジュール

東海ソフト(4430)のIPOスケジュール
仮条件決定2019年2月6日(水)
BB期間2019年2月8日(金)〜2月15日(金)
当選発表2019年2月18日(月)
当選申込2019年2月19日(火)〜2月22日(金)
上場予定2019年2月27日(水)
なおころ
なおころ
2019年初IPOの識学から遅れることわずか5日。東海ソフトの上場予定日は2月27日です!
【IPO】識学(しきがく)の初値予想まとめ!創業から4年で新規上場待ちに待った2019年初の株式IPO!決戦の火ぶたを切るのは組織コンサルティングが主力の株式会社識学(しきがく)です。企業の業績や想定価格などを材料にIPO初値を予想してみましょう!...

東海ソフトIPOの公募株数や想定価格

東海ソフト(4430)の公募株数や想定価格
公募株数580,000株
売出株数110,000株
当選株数690,000枚
想定価格1,290円
仮条件1,410円〜1,500円
公募価格1,500円
なおころ
なおころ
売買単位は100株なので、当選するのは6,900組。当選難易度は少し高めです。
IPOの発表から企業が上場するまでのプロセスを分かりやすく解説IPOのプロセスを個人投資家が押さえておくべき用語と合わせてご紹介!IPO投資に挑戦する前に、まずは全体像を捉えましょう。...

【IPO】東海ソフトの初値予想!評判・口コミ編

なおころ
なおころ
創業48年の老舗企業、初値の上昇に期待する声も多いですね!
【IPO株の買い方は2ステップ】幹事証券の口座から申し込むだけ!IPO株を買うためには、幹事証券の口座から申し込みをするだけでOK!当選確率を上げるため複数口座からの申し込みが鉄板です。...

【IPO】東海ソフトのあなたの初値予想は?


なおころ
なおころ
2019年2月では唯一となる東証2部へのIPO!わかりやすい材料が好感を生むでしょう。
【IPO投資】人気の理由は儲かる確率の高さにあり!過去4年の勝率は75%以上!IPOが投資家に好まれる理由は?儲かる確率はどれくらい?そもそもIPO投資ってなんでそんなに儲かるの?...

【IPO】東海ソフトの初値予想まとめ

東海ソフトIPOの初値予想まとめ

  • 企業の事業編:底堅い需要が期待されるソフトウェア開発が主力
  • 企業の業績編:財務の安全性も高く、収益力もまずまず
  • 評判・口コミ編:初値上昇を予想する声も多数
  • 個人的な初値予想:想定価格の2.0倍の2,580円(1月26日時点)

需要の絶えないソフトウェア事業に加えて財務の安全性も十分。個人的な東海ソフトIPOの初値予想は想定価格の2.0倍、2,580円!

初値の審判が下る東証2部への上場は2月27日です。期待して待ちましょう!

なおころ
なおころ
ネットからは主幹事である野村證券をはじめ、SBI証券や岡三証券からも応募が可能です。特に岡三証券は入金タイミングが当選後となっており、資金力を気にせず申込できますよ。ぼくも参戦予定です!

関連記事:IPOで当選確率を上げる方法

【IPO】2019年2月のおすすめ銘柄とスケジュールまとめ!2019年2月は合計5社がIPOで新規上場!個人的なイチ押しは圧倒的な財務安全性と事業収益力を誇る株式会社スマレジです。その他の企業も合わせて銘柄情報やスケジュールをまとめてご紹介!...

 

IPOでなかなか当選できず、資産が余っている方はオーナーズブックを活用した堅実な不動産投資など、ほったらかし投資も合わせてどうぞ!

関連記事:【オーナーズブック】ソーシャルレンディングで1万円から不動産投資!

関連記事:ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!消耗せずに資産を増やそう

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

【オーナーズブック(OwnersBook)】ソーシャルレンディングで1万円から不動産投資!不動産特化のソーシャルレンディング『オーナーズブック』とは?特徴やデメリットをまとめて解説します!...
【2019年版】ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...
\1万円からはじめる憧れの不動産投資/

1万円から不動産投資に挑戦できるCREAL(クリアル)』は年間利回り約4%!投資した後の物件管理や細かい手続きは必要なし。ほったらかしでOKです

投資先はプロが厳選した関東圏の不動産。公式サイトではどんな物件に投資できるのか画像や動画で確認できます!(メールアドレスを登録した会員限定の情報も!)

物件価値が下がった場合もCREAL10〜20%を補填してくれるためリスクも限定的。「将来を考えてまずは少額から投資に挑戦してみたい」そんな方におすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA