IPO

【IPO】ベルトラの初値は514円!公募価格を上回るも予断を許さず

暴落の続く日本市場の中で鈍く光る超新星となれるか。

海外旅行予約サイトを運営するベルトラ、

2018年12月25日のクリスマスに新規上場です。

本記事の結論:ベルトラ(7048)の初値

  • ベルトラの公募価格は384円
  • ベルトラの気配値は450円
  • ベルトラの初値は514円
  • 初値をつけた後は安値を更新する展開
【IPO】ベルトラの初値予想まとめ!長期の財務安全性に不安あり2018年クリスマスに上場するのは旅行ツアーサイト運営会社のVELTRA(ベルトラ)。事業内容や業績などから初値を予想してみましょう!...

【ベルトラIPOの初値】公募価格は384円

なおころ
なおころ
最低購入額が4万円弱と手の出しやすい価格。需要過多のため、落選した投資も多かった様子です。

【ベルトラIPOの初値】気配値は450円

なおころ
なおころ
公募価格割れも心配されましたが、市場が開く9時に近づくにつれ気配値が上昇。最終的には450円での攻防が激化しました。

【ベルトラIPOの初値】514円で騰落率は+34%!

なおころ
なおころ
1週前にはソフトバンクIPOが公募割れと雰囲気の悪い日本市場でしたが、公募価格を上回る結果に一安心です。
【IPO】ソフトバンクの初値は1,463円で公募割れ!投資家の阿鼻叫喚がこだまする結果に国内過去最大となる大型IPOに踏み切ったソフトバンク、通信障害やファーウェイショックなど悪材料が噴出する中、果たして初値は?...

【ベルトラIPOの初値】直後に400円代へ下落

なおころ
なおころ
やはり日経平均が2万円割れと地合いの悪さに引っ張られてか、安値を更新する展開が続きます。初値で売却できた皆さま、おめでとうございます!
IPO投資初心者が押さえておきたいポイントをまとめて解説IPOの流れやおすすめ証券会社の選び方など気になるポイントをまとめてご紹介。『儲かる』とうわさのIPO投資、実際にお金を動かす前に疑問点を解消しておきましょう!...

【ベルトラIPOの初値】まとめ

ベルトラ(7048)の初値

  • ベルトラの公募価格は384円
  • ベルトラの気配値は450円
  • ベルトラの初値は514円
  • 初値をつけた後は安値を更新する展開

まだまだ株式市場の危うい動きは継続中。

CREAL(クリアル)をはじめとした堅実な不動産投資や

その他のほったらかし投資も選択肢に入れつつ資産を効率的に運用しましょう。

関連記事:【CREAL(クリアル)】1万円から不動産投資をはじめよう!

関連記事:ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!消耗せずに資産を増やそう

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

CREAL(クリアル)で1万円から不動産投資をはじめよう!不動産クラウドファンディング『CREAL(クリアル)』とは?概要や評判、デメリットなどをまとめてご紹介!...
【2019年版】ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...
\1万円からはじめる憧れの不動産投資/

1万円から不動産投資に挑戦できるCREAL(クリアル)』は年間利回り約4%!投資した後の物件管理や細かい手続きは必要なし。ほったらかしでOKです

投資先はプロが厳選した関東圏の不動産。公式サイトではどんな物件に投資できるのか画像や動画で確認できます!(メールアドレスを登録した会員限定の情報も!)

物件価値が下がった場合もCREAL10〜20%を補填してくれるためリスクも限定的。「将来を考えてまずは少額から投資に挑戦してみたい」そんな方におすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA