ワンタップバイ

ワンタップバイ【誰でもIPO】1株から新規上場企業に投資しよう!

短期間で莫大な利益を出すことで有名なIPOに、ワンタップバイが参戦します!

IPOの基礎と合わせてワンタップバイの新サービスを分かりやすくご紹介。

なおころ
なおころ
ワンタップバイの概要や特徴も合わせてどうぞ!
あわせて読みたい
【ワンタップバイとは?】1000円から株主になれるスマホ証券の特徴まとめ『ワンタップバイ』のメリット・デメリットなど特徴をまとめてご紹介。1000円など少額からの資産運用を検討中の方はぜひご覧ください!...

【ワンタップバイ誰でもIPO】そもそもアイピーオーとは?

アイピーオーとは?アイピーオーとは?

IPO(アイピーオー)とは?

  • 定義:Initial Public Offering (新規公開株)
  • IPO投資とは:一般の投資家が株式市場で売買するより前に新規で上場する企業の株を買うこと
  • 証券会社が提供する抽選に当選した人だけが購入可能
  • IPO時の価格(公募価格)は比較的低く設定されるため、上場日に売却するだけで利益になりやすい

ざっくりまとめると、IPOとは未上場の会社が新規で株式を公開し、一般の投資家が株式市場で取引できるようになること。

そしてIPO投資とは、IPOする企業の株を他の投資家よりもいち早く、比較的安い値段で購入することができる手法。誤解を恐れずに言えば、非常に儲けやすい投資方法ですね!

なおころ
なおころ
一方、公募価格が低く設定されると言えども初期投資に10万円規模の資産が必要で、投資初心者には少し遠い存在でした。

【ワンタップバイ誰でもIPO】3つの特徴

ワンタップバイ誰でもIPOの3つの特徴

  1. 新規上場株式を1株から購入申し込みできる
  2. ワンタップバイのIPO投資は当選確率が高い
  3. 抽選に外れても資金がなくならない。当選後の自体も可能

新規上場株式を1株から購入申し込みできる

出典:ワンタップバイ 2018.11.2 ニュースリリース出典:ワンタップバイ 2018.11.2 ニュースリリース

ワンタップバイ誰でもIPO投資、最大の魅力は1株から購入申し込みができることでしょう!

例えばIPOした企業の株価が1株あたり1,000円であった場合、楽天証券など他の証券会社では100株がワンセットであるため10万円の資金が必要です。

一方のワンタップバイなら1株、つまり1,000円ほど資金があれば抽選に参加することが可能です。少額からIPOに挑戦できるのはワンタップバイだけ。最大のメリットですね。

なおころ
なおころ
ワンタップバイは日本株や米国株、積み立て投資など様々なサービスを展開していますが口座は共通。1つ開設しておけば全ての取引が楽しめます。もちろん口座の開設・維持は無料!

資産運用の第一歩として、投資家経験を積むのに最適です!

無料で口座を開設する >>

ワンタップバイのIPO投資は当選確率が高い

半分は憶測ですが、ワンタップバイによるIPO投資は当選確率が高いと考えています。

理由はシンプルに、まだまだワンタップバイで口座を開いている人が少ないから

松井証券マネックス証券など1900年代からサービスをスタートさせている大手に比べて、ワンタップバイの設立は2013年。まだまだ知名度は低く、口座保有者の数が少ないため競争相手が少なく、少額であっても当選確率は比較的高いことが予想されます。

なおころ
なおころ
実際に抽選に申し込みながら仮説の検証といきましょう!
あわせて読みたい
【ワンタップバイ】口座の開設手順と必要書類まとめワンタップバイを使えば誰でも気軽に投資を始められる時代になりました。任天堂、リクルート、マクドナルド。あなたも1,000円で有名企業の株主になってみませんか?...

抽選に外れても資金がなくならない。当選後の自体も可能

出典:ワンタップバイ 2018.11.2 ニュースリリース出典:ワンタップバイ 2018.11.2 ニュースリリース

ワンタップバイに限った話ではありませんが、IPOの抽選に外れたからといって資金がなくなるわけではありません。そのまま口座に残ります。ここが宝くじとの一番の違いですね。笑

また、一番右のキャプチャを見ていただければ分かるように『〜までに購入意思を決めてください』との文字。よってワンタップバイは当選後の辞退も可能であると考えられます。急遽お金を投資に回せなくなった場合なども安心ですね。

無料で口座を開設する >>

【ワンタップバイ誰でもIPO】デメリット

  • ワンタップバイ誰でもIPOのデメリット:新規の口座開設に1〜2週間時間がかかること

少額からIPO投資に挑戦できる、高確率で儲けられるとあっては一般人の需要も一気に高まることが予想されます。

ただ、ワンタップバイの口座開設には1〜2週間ほど時間がかかるのがデメリット。誰でもIPOのリリースは2018年11月下旬予定なので、IPO投資に挑戦してみたい方は、遅くとも11月10日までには申請しておきましょう。

【ワンタップバイ誰でもIPO】どんな銘柄を取り扱う?

完全に個人の予想範囲内ですが、みずほ証券で取り扱うIPO株をワンタップバイでも購入できるのではないかと考えています。

なぜみずほ証券かと言えば、ワンタップバイは特定の銀行口座だけを対象に入金手続きなしにそのまま投資にお金を回せる「おいたまま買付」サービスを展開しており、その対象に最初から含まれていたのがみずほ銀行なのです。

対象銘柄については11月下旬に向けて続報を待ちましょう!

なおころ
なおころ
情報が入り次第追記します。
あわせて読みたい
【誰でもIPO】ワンタップバイならソフトバンクを1株から申込! 【ワンタップバイでソフトバンクIPO🍏】 ☑️1株からIPO申し込み可能 &#x...

【ワンタップバイ誰でもIPO】まとめ

  • 新規上場株式を1株から購入申し込みできる
  • ワンタップバイのIPO投資は当選確率が高い
  • 新規の口座開設に1〜2週間時間がかかる

まだまだ知名度の低いワンタップバイ

儲ける可能性の高いIPO投資に挑戦されてみてはいかがでしょうか?

もちろんぼくも資本を投下する予定です。

無料で口座を開設する >>

関連記事:【評判】ワンタップバイ『誰でもIPO』のリアルな声をTwitterから収集

関連記事:【ワンタップバイとは?】1000円から株主になれるスマホ証券の特徴まとめ

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

あわせて読みたい
【評判】ワンタップバイ『誰でもIPO』のリアルな声をTwitterから収集2018年11月にリリースされるワンタップバイ『誰でもIPO』の評判や口コミをTwitterから集めてみました。IPO投資に挑戦するかどうかの判断材料にどうぞ!...
あわせて読みたい
【ワンタップバイとは?】1000円から株主になれるスマホ証券の特徴まとめ『ワンタップバイ』のメリット・デメリットなど特徴をまとめてご紹介。1000円など少額からの資産運用を検討中の方はぜひご覧ください!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA