ワンタップバイ

CFDとは?定義と3つの特徴を分かりやすく解説してみた件

投資家の皆さまこんにちは、なおころ(@Naokoro_)です。

最近よく耳にする「CFD」についてまとめ定義や特徴をさくっとまとめ。

ハイリスクハイリターンの手法として押さえておきたい用語ですね。

なおころ
なおころ
1,000円から有名企業に投資できるワンタップバイもついにCFDに参戦!
ワンタップバイがCFDに参入!取扱銘柄や手数料をわかりやすく解説ワンタップバイがCFDに参入!よりハイリターンを狙う投資家に向けた新サービスの取扱銘柄、手数料、取引時間帯などについて口コミと合わせて分かりやすく解説します。...

CFD(差金決済取引)とは?

CFD(差金決済取引)とは?

  • Contract For Differenceの略。
  • 実際に株式(有価証券)を購入せず売買注文時の差額のみで損益が生じる取引

一方で、楽天証券などで普通に株式を購入する際の取引は「現物取引」と呼ばれます。

実際に存在する有価証券を、実際に売買するので「現物取引」ですね。

なおころ
なおころ
CFDは実際に株式を購入するわけではなく注文を出すだけ。購入注文時と売却注文時の差額によって利益や損失が発生します!
楽天証券に口座を開くだけで日経新聞と四季報が無料で読める件楽天証券で口座を開設するだけで日経新聞と四季報が無料で読めますよ!投資家のあなたもビジネスマンの皆さまも年間6万円の出費を削減しましょう!...

CFDの3つの特徴

現物取引と比較したCFDの特徴は以下の通り。

現物取引CFD
レバレッジ×
空売り×
ロスカット×

CFDの特徴①レバレッジをかけられる

出典:インベスターZ10巻出典:インベスターZ10巻

レバレッジとは日本語で「てこ」。

つまり、少ない金額を元手に多額の投資ができるイメージです!

日本の規制上、CFDレバレッジは最大10倍まで。

つまり、1万円の元手で10万円まで取引することができますね!

CFDの特徴②空売りできる

出典:インベスターZ2巻出典:インベスターZ2巻

現物取引の場合、

株を買う→値上がりするのを待つ→売る

といった流れが通常ですが、

CFDでは売り(空売り)注文から始めることができます。

 

先ほどの現物取引とは逆で

(証券会社から)株を借りる→売却する

→株価が下がる→同じ株を買い戻す→借りていた株を返す

といった取引の流れとなります。

 

少しイメージするのが難しいと思うので

具体例と一緒に考えてみましょう!

空売りのイメージ

  1. 証券会社からFacebookの株を1株借りる(150ドル)
  2. 借りた株を150ドルで市場で売却する。投資家利益+150ドル
  3. アメリカ市場が暴落する。
  4. Facebookの株価が100ドルまで下がる。
  5. 市場でFacebookの株を買う。投資家利益 +50ドル (150-100)
  6. 買い戻した株を証券会社に返す 投資家利益 +50ドル

もろもろの手数料や税金を考慮しなければ

空売りをした投資家は下げ相場であっても50ドルの利益を確保することができました。

 

上記の例のように、市況が悪い時は売りから入るといいですね。

もちろん、最初に売却した時点よりも株価が上がってしまった場合は損をすることになるのでご注意を!

Instgramを傘下に収めるFacebookを財務分析してみた件米国株分析、本日の対象はソーシャルネットワーク時代の象徴とも言えるFacebook社。 Instagramを傘下に収めるFaceb...

CFDの特徴③ロスカットがある

出典:インベスターZ10巻出典:インベスターZ10巻

ロスカットとは証券会社によって強制的に損切りを実行されてしまうこと。

 

証券会社としてもリスクをとって運用しているので

長々と損を出している投資家を野放しにはできません。

 

損失が大きくなった場合は

強制的に損を確定させ、市場から投資家を退場させる仕組みです。

なおころ
なおころ
※ロスカットの条件となる損失割合は証券会社ごとに異なるので注意してください。

CFD(差金決済取引)まとめ

  • CFDとは:株式(有価証券)を購入せず売買注文時の差額のみで損益が生じる取引
  • CFDの3つの特徴:
    • レバレッジをかけられる
    • 空売りできる
    • ロスカットがある

ワンタップバイでもいよいよCFDサービスが実装されました!

腕に自信のある方は挑戦してみてはいかがでしょうか?

>> ワンタップバイCFD解説記事へ

 

一方、もっと少額から資産運用に慣れたい方は

1,000円からの投資がおすすめです!

>> ワンタップバイ公式サイトへ

 

関連記事:【ワンタップバイとは?】1000円から株主になれるスマホ証券の特徴まとめ

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

【ワンタップバイとは?】1000円から株主になれるスマホ証券の特徴まとめ『ワンタップバイ』のメリット・デメリットなど特徴をまとめてご紹介。1000円など少額からの資産運用を検討中の方はぜひご覧ください!...
\1万円からはじめる憧れの不動産投資/

1万円から不動産投資に挑戦できるCREAL(クリアル)』は年間利回り約4%!投資した後の物件管理や細かい手続きは必要なし。ほったらかしでOKです

投資先はプロが厳選した関東圏の不動産。公式サイトではどんな物件に投資できるのか画像や動画で確認できます!(メールアドレスを登録した会員限定の情報も!)

物件価値が下がった場合もCREAL10〜20%を補填してくれるためリスクも限定的。「将来を考えてまずは少額から投資に挑戦してみたい」そんな方におすすめです。

その他のほったらかし投資はこちら↓

【2019年版】ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA