オーナーズブック

【オーナーズブックのデメリット】投資家が注意すべき5つのポイント

不動産投資ソーシャルレンディングで大人気の『オーナーズブック』。

本記事ではそのデメリットに切り込みます!

本記事の結論:オーナーズブック(OwnersBook)のデメリット

  1. 元本保証がない:今まで元本割れはゼロ
  2. 途中解約できない:余剰資金での投資を
  3. 情報開示が限定的:別サービスのCREAL(クリアル)を活用
  4. 新規物件は募集当日に情報解禁:事前に投資家登録を
  5. すぐに募集完了してしまう解決法をチェック。もしくは他サービスを併用
【オーナーズブック(OwnersBook)】ソーシャルレンディングで1万円から不動産投資!不動産特化のソーシャルレンディング『オーナーズブック』とは?特徴やデメリットをまとめて解説します!...

オーナーズブック(OwnersBook)のデメリット一覧

オーナーズブック(OwnersBook)のデメリット

  1. 元本保証がない:今まで元本割れはゼロ
  2. 途中解約できない:余剰資金での投資を
  3. 情報開示が限定的:別サービスのCREAL(クリアル)を活用
  4. 新規物件は募集当日に情報解禁:事前に投資家登録を
  5. 物件はすぐに売り切れてしまう:解決法をチェック

オーナーズブックのデメリット①元本保証がない

出典:オーナーズブック(OwnersBook)公式サイト出典:オーナーズブック(OwnersBook)公式サイト
出典:オーナーズブック(OwnersBook)公式サイト出典:オーナーズブック(OwnersBook)公式サイト

オーナーズブックは不動産投資商品なので、もちろん元本保証はありません。

ただ、2014年にスタートしたサービスでありながら、2018年11月時点まで一度も元本割れをしておらず、投資家に安定的なリターンを生み出しているのが魅力的ですね。

オーナーズブックの
公式サイトはこちら

【オーナーズブック】よくある質問まとめ!手数料は?元本割れした事例は?不動産投資で1番人気といっても過言ではない『オーナーズブック』。気になる手数料や元本割れに関する質問と回答をまとめてご紹介!...

オーナーズブックのデメリット②途中解約ができない

出典:オーナーズブック(OwnersBook)公式サイト出典:オーナーズブック(OwnersBook)公式サイト

ソーシャルレンディング投資のよくある話です。

途中での解約は原則的に不可。生活資金を使っての運用は避け、余剰資金を活用しましょう!

オーナーズブックのデメリット③情報開示が限定的

出典:オーナーズブック(OwnersBook)公式サイト出典:オーナーズブック(OwnersBook)公式サイト

オーナーズブック(OwnersBook)においては、住所や賃貸借条件など、投資物件の詳細情報は開示されておりません。

この辺りは案件ごとに番地レベルで住所が明記されている不動産投資型クラウファンディング『CREAL(クリアル)』に軍配が上がりますね。

CREAL(クリアル)で1万円から不動産投資をはじめよう!不動産クラウドファンディング『CREAL(クリアル)』とは?概要や評判、デメリットなどをまとめてご紹介!...

オーナーズブックのデメリット④新規物件は募集当日に情報解禁:事前に投資家登録を

オーナーズブック(OwnersBook)の新着案件は募集当日の朝にメールで情報が届きます。

いつ新着案件が現れるか分からないため、長期でコツコツ運用したい方は早めに投資家登録を済ませておきましょう。

オーナーズブック
無料登録はこちら

なおころ
なおころ
登録申請から1週間弱で物件への投資が可能な状態になります。もちろん登録費・維持費はかかりません。

オーナーズブックのデメリット⑤すぐに募集完了してしまう

出典:オーナーズブック(OwnersBook)公式サイト出典:オーナーズブック(OwnersBook)公式サイト

とにかく投資家の間で大人気のオーナーズブック(OwnersBook)

募集当日は1億円の案件が10分以内に募集総額に達してしまうことも決して珍しくはありません。

オーナーズブックの人気物件でお金を増やしたい方は早めに投資家登録を完了させ、いつでもお金を動かせる状態にしておきましょう!

オーナーズブックの
公式サイトはこちら

なおころ
なおころ
オーナーズブックで投資できない人が読むべき解決法をまとめた記事も合わせてどうぞ!
【オーナーズブック】投資できない人が読むべき解決法5選人気殺到で『投資できなかった』人が続出のオーナーズブック。なかなか投資できない理由と解決法をまとめてご紹介!...
なおころ
なおころ
それでも投資できない方は、1円1万円など少額から都内不動産に投資できるFunds(ファンズ)CREAL(クリアル)など他サービスの併用がおすすめです。
Funds(ファンズ)は1円からでOK!誰でもコツコツ資産運用1円からの資産運用を可能にする『Funds(ファンズ)』の特徴や気になる運営会社についての情報をまとめてご紹介!...
CREAL(クリアル)で1万円から不動産投資をはじめよう!不動産クラウドファンディング『CREAL(クリアル)』とは?概要や評判、デメリットなどをまとめてご紹介!...

オーナーズブック(OwnersBook)のデメリットまとめ

オーナーズブック(OwnersBook)のデメリットまとめオーナーズブック(OwnersBook)のデメリットまとめ

オーナーズブック(OwnersBook)のデメリット

  1. 元本保証がない:今まで元本割れはゼロ
  2. 途中解約できない:余剰資金での投資を
  3. 情報開示が限定的:別サービスのCREAL(クリアル)を活用
  4. 新規物件は募集当日に情報解禁:事前に投資家登録を
  5. すぐに募集完了してしまう解決法をチェック。もしくは他サービスを併用

不動産特化型ソーシャルレンディングのオーナーズブック(OwnersBook)

デメリットも散見されますが、現段階では『余剰資金で投資』を徹底すれば、リスクも限定的でしょう。コツコツ長期で資産を運用してみたい方はどうぞ!

オーナーズブックの
公式サイトはこちら

 

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

【2019年版】ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...
\1万円からはじめる憧れの不動産投資/

1万円から不動産投資に挑戦できるCREAL(クリアル)』は年間利回り約4%!投資した後の物件管理や細かい手続きは必要なし。ほったらかしでOKです

投資先はプロが厳選した関東圏の不動産。公式サイトではどんな物件に投資できるのか画像や動画で確認できます!(メールアドレスを登録した会員限定の情報も!)

物件価値が下がった場合もCREAL10〜20%を補填してくれるためリスクも限定的。「将来を考えてまずは少額から投資に挑戦してみたい」そんな方におすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA