なおころ本棚

【書評】『ビジネススクールで教えている会計思考77の常識』感想まとめ!

2018年6月に発売された『ビジネススクールで教えている会計思考77』。

企業分析者が網羅すべき常識についてまとめた本書。

読むべきポイントやおすすめな読者層をまとめてご紹介!

●本記事の結論:ビジネススクールで教えている会計思考77の常識は企業分析中級者におすすめ

●ビジネススクールで教えている会計思考77の常識のポイント

  • 日本企業のROEが低い理由
  • 企業『格付け』の意味や基準
  • 運転資本を圧縮する場合の死角

●ビジネススクールで教えている会計思考77の常識はこんな人におすすめ

  • 企業分析中級者

【書評】ビジネススクールで教えている会計思考77の常識のポイント

なおころ
なおころ
できれば多くの方に手にとって頂きたいので、ぼくが特に参考になったポイントだけご紹介!

●ビジネススクールで教えている会計思考77の常識のポイント

  • 日本企業のROEが低い13の理由
  • 企業『格付け』の意味や基準
  • 運転資本を圧縮する場合の死角

諸外国に比べて日本企業のROEが低い理由、実は13個もありました。ひとつだけ紹介すると『過度な低価格競争』。値段を低くすることによる利益損失は、販売数量やコストでのカバーは難しく収益力低下のガンとして機能している悪習です。

また、企業の安全性を評価する『格付け』についての記載も豊富。AAAからDまで広がる企業ランクの背景や基準となるポイントも詳しく解説があるのが魅力的でした。

そして気になったのが『運転資本を圧縮する場合の死角』。企業の資本効率性を評価する財務指標CCCについては『とにかく短くした方がいい!』と考えていたぼくの目から鱗が落ちる結果に。CCCをさらに踏み込んで分析できるようになるでしょう。

【財務指標】CCC(キャッシュコンバージョンサイクル)とは?定義や目安を分かりやすく解説!財務指標のひとつ「CCC(キャッシュコンバージョンサイクル)」を図を使って分かりやすくご紹介。売上債権、棚卸資産、支払債務回転期間すべてを使って算出する重要指標。この機会にしっかり理解しておきましょう!...

【書評】ビジネススクールで教えている会計思考77の常識はどんな人におすすめ?

●ビジネススクールで教えている会計思考77はこんな人におすすめ

  • 企業分析中級者

会計学に触れたこともない初心者だと読み進めるのが難しい一方で、上級者にとってはタイトル通り『常識』ばかりに感じられるでしょう。

ROEや自己資本比率など、一通り財務指標を勉強した企業分析中級者が手に取ると学びが多い一冊です!

【財務指標一覧】企業分析者が絶対に押さえておきたい数字まとめ企業分析でチェックしておきたい財務指標を一覧化。投資家、就活生には特におすすめです。...

【書評】ビジネススクールで教えている会計思考77の常識の評判

なおころ
なおころ
具体例も豊富で、思わず考えさせられる設問もちらほら。腕に覚えがある企業分析者がトレーニングがてら目を通すのもおすすめです。

【書評】ビジネススクールで教えている会計思考77の常識の感想まとめ

●本記事の結論:ビジネススクールで教えている会計思考77の常識は企業分析中級者におすすめ

●ビジネススクールで教えている会計思考77の常識のポイント

  • 日本企業のROEが低い理由
  • 企業『格付け』の意味や基準
  • 運転資本を圧縮する場合の死角

●ビジネススクールで教えている会計思考77の常識はこんな人におすすめ

  • 企業分析中級者

企業分析について初心者レベルは卒業したぞ!といった方はぜひどうぞ!

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

【財務指標一覧】企業分析者が絶対に押さえておきたい数字まとめ企業分析でチェックしておきたい財務指標を一覧化。投資家、就活生には特におすすめです。...
\1万円からはじめる憧れの不動産投資/

1万円から不動産投資に挑戦できるCREAL(クリアル)』は年間利回り約4%!投資した後の物件管理や細かい手続きは必要なし。ほったらかしでOKです

投資先はプロが厳選した関東圏の不動産。公式サイトではどんな物件に投資できるのか画像や動画で確認できます!(メールアドレスを登録した会員限定の情報も!)

物件価値が下がった場合もCREAL10〜20%を補填してくれるためリスクも限定的。「将来を考えてまずは少額から投資に挑戦してみたい」そんな方におすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA