SBIソーシャルレンディング

【SBIソーシャルレンディングとは?】特徴やリスクをまとめて解説

最近何かと耳にする『SBIソーシャルレンディング』の仕組みや特徴、リスクなどを分かりやすくまとめてみました。

『ソーシャルレンディングって何?』

『ちょっと資産運用してみたい』

と言った方に向けた5分ばかりで読了できる記事です。気になる項目だけどうぞ!

本記事の結論:SBIソーシャルレンディングとは?

  • お金を借りたいニーズとお金を運用したいニーズを結びつける金融マーケット
  • 1万円から投資、年利3.2〜10%予定、ほったらかしでOK
  • 延滞リスクとデフォルトリスクに注意
  • 2018年6月に会員数2万人突破!
  • 銀行に余剰資金が眠る投資初心者におすすめ

SBIソーシャルレンディング
無料登録はこちら

SBIソーシャルレンディングとは?

出典:SBIソーシャルレンディング公式サイト出典:SBIソーシャルレンディング公式サイト

SBIソーシャルレンディングとは?

  • お金を借りたいニーズとお金を運用したいニーズを結びつける金融マーケット

ソーシャルレンディングとは、お金を必要としている企業に対してお金に余裕がある投資家がお金を出資するサービスですね。

同様のサービスとして、銀行が仲介役となって『融資』が行われているのは周知の事実ですが、預金者は自分たちのお金がどのように活用されているか知る術はありません。

一方のソーシャルレンディングはSBIが仲介役。投資家と借り手となる企業を一本道で繋いでくれるため、お金の流れが視える化されています。

SBIソーシャルレンディング
無料登録はこちら

SBIソーシャルレンディングの仕組み

出典:SBIソーシャルレンディング公式サイト出典:SBIソーシャルレンディング公式サイト
出典:SBIソーシャルレンディング公式サイト出典:SBIソーシャルレンディング公式サイト

SBIソーシャルレンディングの仕組み

  1. 投資家の募集
  2. 借り手の募集
  3. 借り手からの返済
  4. 投資家への分配・償還

SBIソーシャルレンディングの仕組みはとってもシンプル。投資家と借り手、つまりお金を運用したい人と調達したい人とを募集、貸付。その後は借り手から利息の支払いや元本の返済、投資家へ利益が分配される形です。

投資先の情報がわりとクリアであることを除けば、銀行の融資システムと仕組みは同じですね。めんどうくさい仲介役をSBIさんがすべて担当してくれるのは助かります。

なおころ
なおころ
次章ではSBIソーシャルレンディングの特徴をまとめてご紹介!

SBIソーシャルレンディングの3つの特徴

出典:SBIソーシャルレンディング公式サイト出典:SBIソーシャルレンディング公式サイト

SBIソーシャルレンディングの3つの特徴

  1. 1万円から投資できる
  2. 年利3.2〜10%の分配金を予定
  3. 管理の手間なし、ほったらかしでOK

SBIソーシャルレンディングの特徴①1万円から投資できる

出典:SBIソーシャルレンディング公式サイト出典:SBIソーシャルレンディング公式サイト
出典:SBIソーシャルレンディング公式サイト 不動産担保ローン事業者ファンド出典:SBIソーシャルレンディング公式サイト  不動産担保ローン事業者ファンド

SBIソーシャルレンディング公式サイト掲載案件

  • 1口1万円もしくは5万円から

SBIソーシャルレンディング公式サイトを確認したところ、最低1万円、もしくは5万円から投資できる案件がずらり。少額からでも投資に挑戦できるのは魅力的ですね。

SBIソーシャルレンディング
公式サイトはこちら

SBIソーシャルレンディングの特徴②年利3.2〜10%の分配金を予定

出典:SBIソーシャルレンディング公式サイト出典:SBIソーシャルレンディング公式サイト

投資家への予定年間利回り

  • 2018年10月時点の平均予定年利は7.78%

平均すると投資した金額が約108%になって返ってくる計算。高利回りの物件が増えてきたことが要因でしょう。

プラス8%ともなると株式投資の期待利回りと遜色がなくなりますね。自分で銘柄や売買タイミングを精査する必要のある株式投資家のマネーがお手軽な不動産投資に流れ込んでくる可能性も低くありません。

SBIソーシャルレンディング
取扱案件をチェック

SBIソーシャルレンディングの特徴③管理の手間なし、ほったらかしでOK

管理の手間なし、ほったらかしでOK

  • 株式やFXのように価格変動なし
  • 細かいリバランスも不要

常に価格が揺れ動き、調整が必要な株式やFXとは異なり、SBIソーシャルレンディングなら出資するだけ。あとはほったらかしでOKです。

投資・資産運用に時間をかけたくない、他にやりたいことがある方や忙しいビジネスマン・主婦の方々にもぴったりです。

なおころ
なおころ
果報を寝て待つことができますね。

SBIソーシャルレンディングはいくらから始められる?

出典:SBIソーシャルレンディング公式サイト出典:SBIソーシャルレンディング公式サイト

SBIソーシャルレンディングはいくらから始められる?

  • 案件によって異なる
  • 最低投資額は1口1万円から

案件によって異なりますが、最低投資金額は1口1万円から。中には5万円の案件も目につきますね。実際にSBIソーシャルレンディング公式サイトにて取り扱い物件を眺めてみるのがおすすめです。

SBIソーシャルレンディング
取扱案件をチェック

なおころ
なおころ
最低投資金額が高くなると期待利回りが高くなる傾向にありますね。

SBIソーシャルレンディングの手数料は?

なおころ
なおころ
最低投資金額のイメージはつきましたか?次は手数料についてご紹介。
出典:SBIソーシャルレンディング公式サイト出典:SBIソーシャルレンディング公式サイト

SBIソーシャルレンディングの手数料

  • 投資家登録や出資申込:無料
  • SBIソーシャルレンディングへの出資金の送金:振込手数料がかかる→2019年1月より無料
  • 分配金の送金(出金):無料
  • 退会時:無料

投資家登録や出資の申込に関しては手数料はゼロ。ただ、実際に出資するとなった時はSBIソーシャルレンディングへ送金する際に送金手数料が発生する設計です。

ただ、2019年1月からは住信SBIネット銀行からの送金手数料が無料化!これは嬉しいですね。

往診SBIネット銀行の
口座開設はこちら >>

なおころ
なおころ
手数料がなくなると投資パフォーマンスの向上も期待できます。

SBIソーシャルレンディングの2つのリスク

なおころ
なおころ
実績十分のSBIグループが運営とあっても過信は禁物。投資リスクについても理解しておきましょう。

SBIソーシャルレンディングの2つのリスク

  1. 延滞リスク
  2. デフォルトリスク
出典:SBIソーシャルレンディング公式サイト出典:SBIソーシャルレンディング公式サイト

SBIソーシャルレンディングのリスク①延滞リスク

延滞リスク

  • 借り手の企業から、期日を過ぎても利息や元本の支払いが実行されないこと
  • SBIソーシャルレンディングの運用中元本に対する延滞中の貸付元本は約1%

あってはならないのが期日を過ぎても借り手企業から支払いが滞ってしまうケース。

執筆時点では、SBIソーシャルレンディングが貸し付けたお金の中で1%は予定日を過ぎても支払われていない様子。1%と額面上は小さい数字ですが、自分が投資したお金が期日通り返ってこない可能性があることは覚えておきましょう。

SBIソーシャルレンディングのリスク②デフォルトリスク

デフォルト(貸し倒れ)リスク

延滞リスク以上に怖いのは貸付先企業が倒産してしまうデフォルト(貸し倒れ)リスク。

実績十分のSBIソーシャルレンディングとは言え、過去にデフォルトは発生しており、累計額は運用中元本の約0.5%。決して高い数字とは言えませんが、デフォルトに至った事例は見逃せません。ちょっと不安ですね。

なおころ
なおころ
同じソーシャルレンディングでもオーナーズブックなら過去にデフォルトは発生していません。最低投資金額も同様の1万円。より安全な運用をしたい方は合わせてどうぞ!
【オーナーズブック(OwnersBook)】ソーシャルレンディングで1万円から不動産投資!不動産特化のソーシャルレンディング『オーナーズブック』とは?特徴やデメリットをまとめて解説します!...

SBIソーシャルレンディングの評判・口コミ

SBIソーシャルレンディングの評判一覧

  • 高利回り案件が続出
  • 配当金利は銀行金利の1,000倍以上
  • 予定より早く運用が終わることも
  • 手数料の無料化が嬉しい!
  • 遅延やデフォルトも隠さず公開
なおころ
なおころ
年間利回り9〜10%予定の案件が続出。ソーシャルレンディングの普及に合わせてどんどんマネーが流れ込んできそうですね。

SBIソーシャルレンディング
公式サイトはこちら

【評判】SBIソーシャルレンディングに高利回り案件が続出何かと噂の『SBIソーシャルレンディング』の評判は?Twitterからリアルな意見を収集しました。...

SBIソーシャルレンディングの口座開設手順

出典:SBIソーシャルレンディング公式サイト出典:SBIソーシャルレンディング公式サイト

SBIソーシャルレンディングの口座開設ステップ

  1. SBIソーシャルレンディング公式サイトへアクセス
  2. メールでログインIDの取得
  3. 本人確認書類の提出
  4. 本人確認キーの受け取り&入力
  5. 出資申込
  6. 専用口座へ入金

マイナンバーと本人確認書類(運転免許証など)が手元にあれば5分で申請完了です。

本人確認キーが記載されたハガキが郵送されるまでに発生する多少のタイムラグを、投資物件をみつくろう時間に当てると効率的ですね。

SBIソーシャルレンディング
公式サイトはこちら

なおころ
なおころ
出資申込の前にお金を入金することはできません。投資対象をしっかり選んでからお金を動かしましょう!

SBIソーシャルレンディングへの登録者数は2万人以上

出典:SBIソーシャルレンディング公式サイト出典:SBIソーシャルレンディング公式サイト

SBIソーシャルレンディングへの登録者数

  • 右肩上がりで登録者数が増加
  • 2018年6月に2万人を突破!

SBIソーシャルレンディングへの登録者数は右肩上がり。2017年7月に1万人を突破したかと思えば1年足らずで2万人の大台へ。

『少額から』『ほったらかしでOK』のソーシャルレンディングが時代のニーズにマッチしてきたに違いありません。

SBIソーシャルレンディング
公式サイトはこちら

SBIソーシャルレンディングはどんな人におすすめ?

SBIソーシャルレンディングはこんな人におすすめ

  • 投資・資産運用初心者
  • 仕事や家事で資産運用に多くの時間を費やせない方
  • 銀行に余剰資金が眠っている人

1万円から投資できるため、お金を動かした経験のない方もちょっと安心ですね。もちろん、自分が投資した額以上の損失が発生することはありません。

また、物件へ投資をした後は完全放置でOK。分配金を待つだけです。金利0.001%の銀行に余分なお金を預けている方は少しでも資産運用に回してみてはいかがでしょうか。

SBIソーシャルレンディング
無料登録はこちら

SBIソーシャルレンディングとは?特徴を解説まとめ

SBIソーシャルレンディングとは?特徴を解説まとめSBIソーシャルレンディングとは?特徴を解説まとめ

SBIソーシャルレンディングとは

  • お金を借りたいニーズとお金を運用したいニーズを結びつける金融マーケット
  • 1万円から投資、年利3.2〜10%予定、ほったらかしでOK
  • 延滞リスクとデフォルトリスクに注意
  • 2018年6月に会員数2万人突破!
  • 銀行に余剰資金が眠る投資初心者におすすめ

資産運用による将来的な不労所得生活の実現にチャレンジしてみたい方はどうぞ!

SBIソーシャルレンディング
無料登録はこちら

 

関連記事:ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!消耗せずに資産を増やそう

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

【2019年版】ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...
\1万円からはじめる憧れの不動産投資/

1万円から不動産投資に挑戦できるCREAL(クリアル)』は年間利回り約4%!投資した後の物件管理や細かい手続きは必要なし。ほったらかしでOKです

投資先はプロが厳選した関東圏の不動産。公式サイトではどんな物件に投資できるのか画像や動画で確認できます!(メールアドレスを登録した会員限定の情報も!)

物件価値が下がった場合もCREAL10〜20%を補填してくれるためリスクも限定的。「将来を考えてまずは少額から投資に挑戦してみたい」そんな方におすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA