株初心者

コツコツドカン!信用取引の3つの特徴をわかりやすく解説するよ!

投資家の皆さまこんにちは、なおころ(@Naokoro_)です。

「仮想通貨暴落したみたいだね、株もだだ下がりらしいよ〜」

「いや〜やっぱり手を出さないのが一番だね」

「うんうん明日もお仕事がんばろっと」

・・・

いやいやいやいや!

株式でも仮想通貨でも!下げ相場で勝てばいいじゃないですか!

日経平均からビットコインまでだだ下がりの今日、下げ相場の救世主、信用取引について一緒に学んでいきましょう。ぼくもそろそろ始めますよ!

【資産形成の方法】コントロールすべき4つの変数とは?「資産運用せよ!」とは耳タコですが、資産を形成する目的とその公式を一度整理してみませんか?...

信用取引って何なのさ?

まずは信用取引の定義を確認。バイブルから抜粋します。

信用取引とは、証券会社が顧客に信用を供与(顧客に対する金銭又は有価証券の貸し付け又は立て替え)して行う株式等の売買取引のことをいいます。
参照:信用取引実践バイブル

 

ちょっと噛み砕いて説明すると、ある程度実績や資産のある投資家を、証券会社が信用することで投資家の所持している資金以上の取引を認めることです。

逆に言えば、信用のない投資家は信用取引をさせてもらえません。

具体的な数字で言えば、まずは最低でも30万円ほど委託保証金を差し出すことが法令で定められています。簡単には始められませんね。

それでもなお信用取引を好む投資家は絶えません。これから紹介する信用取引の特徴を読んでいただければ、その魔力に気づくこと請け合いです。

10万円で買えるおすすめの銘柄3選はこれ!【2019版】10万円で購入できるおすすめ銘柄を3つほどご紹介!どの企業も業績や財務分析の結果が良好な有望株です。まずは企業名だけでもご覧ください、あなたの勤め先企業かも?...

信用取引の3つの魔力

審査基準も厳しく信用するに値する投資家だけがたどり着ける信用取引。

われわれ投資家を魅了する3つの特徴に迫りましょう!

信用取引の3つの魔力

  1. 資金の3倍の取引が可能
  2. 株式の信用売りが可能
  3. 6ヶ月の返済期限

①資金の3倍の取引が可能

あなたが100万円を株式投資に充てるとします。

信用取引を使わなければ(現物取引と呼びます)、もちろん100万円分の株しか購入することができません。

が、信用取引を使用すれば約300万円分まで株を買い付けることができます。

ハイリスクであることは否めませんがハイリターンの可能性も。

ほとんどの投資家がこの魔力に惹かれて信用取引を始めるのではないでしょうか。

【EDINETの使い方】財務分析初心者が習得すべき企業決算書の見つけ方EDINETの使い方について画像付きで分かりやすく解説します!...

②株式の信用売りが可能

現物取引との一番大きな違い、信用取引は株の信用売りが可能で下げ相場でも利益を出すことができます。詳しく説明していきますね。

 

みなさんの頭の中にある株式投資のイメージは、「安いときに買って、高いときに売れば儲けることができる」だと思います。

 

しかし、信用売りは全く逆のプロセスで利益をあげる取引です。つまり「高いときに(証券会社から株式を借りてきて)売って、安いときに買い戻す(買い戻した後に証券会社に返却する)」ことで儲けることができるのです。

 

最初はイメージが掴みにくいと思いますが

今回の日経平均の暴落を例にすると分かりやすいかもしれません。

信用売りのイメージ

  1. 証券会社からスタートトゥデイ(3092)の株を100株借りる(取得単価32万円
  2. 借りた株を32万円で市場で売却する。投資家利益+32万円
  3. 日経平均が暴落する。ぐあああ。
  4. スタートトゥデイ(3092)の株価が3000円まで下がる。
  5. 市場でスタートトゥデイ(3092)を買う。投資家利益 2万円 (32-30)
  6. 買い戻した株を証券会社に返す 投資家利益 +2万円

もろもろの手数料や税金を考慮しなければ

信用取引を使用した投資家は下げ相場で2万円もの利益をあげることができました。

もし今回の暴落前にこのような取引をしておけば…と考えると信用取引の魅力が伝わるのではないかと思います。いやー悔しい。

ZOZO製品拡充でスーツ業界の覇権を握る?スタートトゥディ(3092)を財務分析ZOZOプライベートブランドの拡張に沸くスタートトゥディ(3092)を財務分析。圧倒的な安全性、成長性、収益性と割高感が共存するモンスター企業。投資対象に組み込むべきか、当落線上の有望株です。...

③6ヶ月の返済期限

もちろん証券会社も、信用取引相手の投資家に永遠に株を貸し付けているわけにもいきません。

信用取引の返済制限は6ヶ月と決まっており、6ヶ月を超えての継続はできないように定められています。

買い時売り時を逃さないよう注意を払わなければなりませんね。バイアンドホールドを好む投資家には苦しい制約と言えるでしょう。

バフェットコード | 投資家・就活生が活用すべき企業分析ツール企業の財務状況をさくっと分析してくれる『バフェット・コード 』をご紹介。投資家、就活生は特にフル活用しましょう!...

信用取引のまとめ

さくっと信用取引の特徴まとめ。

信用取引の3つの魔力

  1. 資金の3倍の取引が可能
  2. 株式の信用売りが可能
  3. 6ヶ月の返済期限

投資の格言コツコツドカン。

ドカンを目の当たりにしたぼくたちは2つの選択を迫られています。

リスクを取ることをやめるか、もう一度コツコツ始めるか。

後者を選択する読者の皆様、今後ともお付き合いくださいませ。

 

出典:インベスターZ(14巻)出典:インベスターZ(14巻)

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

CFDとは?定義と3つの特徴を分かりやすく解説してみた件CFDの定義と3つの特徴を分かりやすく解説。ハイリスクハイリターンの投資手法も選択肢の1つとしてどうぞ!...
ワンタップバイがCFDに参入!取扱銘柄や手数料をわかりやすく解説ワンタップバイがCFDに参入!よりハイリターンを狙う投資家に向けた新サービスの取扱銘柄、手数料、取引時間帯などについて口コミと合わせて分かりやすく解説します。...
\1円からはじめる資産運用/

人生100年時代はお金にも働いてもらいましょう!「資産運用に挑戦したい。」「まずは少額からスタートしたい。」そんな方には2019年1月にスタートした新サービス『Funds(ファンズ)』がおすすめ。

1円から上場企業の不動産に投資できるだけでなく、出資した後はほったらかしでOK。長期で堅実な資産運用にぴったりです!

気になる方はFundsの公式サイト、もしくはブログ内の関連記事も合わせてどうぞ。なおころも20万円ほど投資中です。

Funds(ファンズ)の
公式サイトはこちら

Fundsの関連記事まとめ