株初心者

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析どっちを使えばいいの?

投資家の皆さまこんにちは、なおころ(@Naokoro_)です。

本日は株式投資におけるテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の解説を。

結局どっちの分析を重視すればいいの?とは永遠のテーマですね。

今日こそはその問答に終止符を打ちたいと思います。

本記事の結論

  • テクニカルとファンダメンタルズ、どっちも重要
すべての投資家達へ。株式投資の攻略法を伝授する。投資家の皆さまこんばんは、なおころ(@Naokoro_)です。 高知市への移住に合わせ、ブログテーマをJINに差し替え心機一転。 ...

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の概要

株式分析における手法は大きくテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の2つに分けられます。

それぞれの分析手法について簡単に整理してみました。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の違いテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の違い

それぞれの分析手法について軽くまとめてみましょうか!

株式投資の教科書 〜企業分析からチャートの読み方までまるっとマスター!〜株式投資初心者が疑問に思うことをまるっとまとめ。投資をはじめて稼ぐまでの流れや企業・チャート分析の方法など必要知識をこの1冊でインプット!...

テクニカル分析で市場の過熱感を計測

テクニカル分析は主にチャートを活用した分析手法です。

知りたいのは株価変動の結果、いわゆる未来の株価ですね。

なおころ
なおころ
初心者の方々が「投資家」と聞いて最初にイメージするのはきっとテクニカル分析の方でしょう。

そして、ぼくたちがテクニカル分析のチャートにおいて計測しようと試みているものは、ずばり市場の過熱感です。

今日の市場は買われすぎか?それとも売られすぎか?市場全体で見れば売られすぎだが、購入候補の個別銘柄は果たして売られすぎか?

などなど、テクニカル分析の結果は短期的な売買の判断材料となります。今日明日の売買行動に直接結びつくので短期のトレードを好む投資家、または初心者にはとっつきやすい分析手法でしょう。

https://availability89.com/stock-market/technical/mamacd/

ファンダメンタルズ分析で企業の本質的価値を計測

一方のファンダメンタルズ分析は企業の本質的価値を算定する分析手法。

ファンダメンタルズ分析の主目的は株価変動の原因を究明すること。なぜ株価が変動したのか?その原因を突き止める瞬間がファンダメンタルズ分析家の究極的な喜びとなります。

なおころ
なおころ
具体的にどんな方法で企業の本質的価値を算出するのか?これこそが、ぼくのブログのメインテーマでもある財務分析です!

四季報や有価証券報告書の数字から会計指標や企業価値を計算することで、企業の「ファンダメンタルズ価値」を導き出しているのです。

企業が公表する数字を用いて分析するため客観性や正確性に優れる一方で短期の売買には組み込みにくいといった欠点もあります。例えば四季報はその名の通り四半期(3ヶ月)に一度しか更新されません。必然的に長期的な投資を好む投資家が愛用する手法となります。

なおころ
なおころ
また、どの会計指標を重視するか等は完全に各投資家の自由。お気に入りの指標を見つけると分析が楽しくなりますよ!

もっと詳しく知りたい方は株式投資の教科書をご覧下さい!

株式投資の教科書 〜企業分析からチャートの読み方までまるっとマスター!〜株式投資初心者が疑問に思うことをまるっとまとめ。投資をはじめて稼ぐまでの流れや企業・チャート分析の方法など必要知識をこの1冊でインプット!...

結局両方の分析手法が使える投資家が強い

本記事の結論

  • テクニカルとファンダメンタルズ、どっちも重要

結論を書いてしまいましたが、ぶっちゃけテクニカル分析、ファンダメンタルズ分析が両方使える投資家が最強です。

ファンダメンタルズ分析で優良企業を選出してテクニカル分析で売買のタイミングを掴む、これだけで勝率が上がります。

仮に負けが続く場合、どちらかまたは両方の分析内容がよくないことを示唆しているので改善の余地があるでしょう。

再現性さえあればPDCAをぐるぐる回せるはずなので自分だけの分析手法を確立しておくと長期的に勝率が上がってくるに違いありません!

株式投資で25万円ほど儲けたので売買銘柄を大公開!株式投資は思ったより怖くありません。しっかり勉強さえすれば着実に利益を重ねることができます。...

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析まとめ

  • テクニカル分析:株価変動の結果をチャートを用いて分析すること
  • ファンダメンタルズ分析:株価変動の原因を四季報などを用いて分析すること
  • 両方の分析を使いこなせる投資家が長期的に高い勝率を実現できる

ちなみにぼくは会計学を学んでいた過去があるため、ファンダメンタルズ分析の方に力を入れすぎている状態です。勉強中のテクニカル分析は株式投資の教科書に追記予定。合わせてどうぞ!

関連記事:株式投資の教科書 〜企業分析からチャートの読み方までまるっとマスター!〜

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

株式投資の教科書 〜企業分析からチャートの読み方までまるっとマスター!〜株式投資初心者が疑問に思うことをまるっとまとめ。投資をはじめて稼ぐまでの流れや企業・チャート分析の方法など必要知識をこの1冊でインプット!...
\1円からはじめる資産運用/

人生100年時代はお金にも働いてもらいましょう!「資産運用に挑戦したい。」「まずは少額からスタートしたい。」そんな方には2019年1月にスタートした新サービス『Funds(ファンズ)』がおすすめ。

1円から上場企業の不動産に投資できるだけでなく、出資した後はほったらかしでOK。長期で堅実な資産運用にぴったりです!

気になる方はFundsの公式サイト、もしくはブログ内の関連記事も合わせてどうぞ。なおころも20万円ほど投資中です。

Funds(ファンズ)の
公式サイトはこちら

Fundsの関連記事まとめ