投資成績

2017 – 2018上半期投資成績まとめ | 取引銘柄と損益を大公開

米国株に本腰を据える前に、日本株の投資成績を振り返ります。


投資家の皆さまこんばんは、なおころ(@Naokoro_)です。

株式投資に手を出してはや1年と4ヵ月。今までの全取引記録をまとめておこうと思います。

初年度となる2017年の利回りは30%。2018年上半期は25%。果たして下半期は…??

2017年3-8月 投資成績

2017年3-8月 投資成績2017年3-8月 投資成績

全記録を振り返る前に、唯一ブログに掲載していなかった2017年3-8月の投資成績詳細を置いておきます。

投資を始めたばかりのぼくは、なかなか利益が重ねられず焦っていたのを思い出しました。初めて大きな利益を手にしたのは4月に売買を完了したインタースペース(2122)

「株式投資って面白い」と心から実感したのはこの頃です。

アクセストレード運営会社『インタースペース(2122)』を財務分析投資家の皆さまこんばんは、なおころ(@Naokoro_)です。 本日の財務分析対象はアフィリエイトサービス「アクセストレード」の運...

2017 – 2018年上半期 投資成績

それではここからは全投資記録を対象にした振り返りです。

損益と売買銘柄数の推移
そして売買銘柄を一挙公開!

株式投資損益と売買銘柄数の推移

株式投資による損益と売買銘柄数の推移株式投資による損益と売買銘柄数の推移

2017年は3ヶ月ほど赤字の月がありましたが2018年は今のところ好調をキープ!上半期累計で+173,800円 (半年利回り25%)

自分の投資理論にもかなり自信がつきました。あとは財務分析が米国株でも通用するのか。検証するにはもってこいのフィールドです。

なおころ
なおころ
続いて、売買銘柄を一挙大公開です!

売買銘柄一覧

2017-2018上半期 売買銘柄一覧①2017-2018上半期 売買銘柄一覧①
2017-2018上半期 売買銘柄一覧②2017-2018上半期 売買銘柄一覧②

売買銘柄名を見ていただければ分かりますが、同じ銘柄を繰り返し取引しています。

当然といえば当然の結果、つまり財務分析で80点を超えた銘柄は常に株価の上下を監視しておき、割安と判断できる価格まで下がった段階で買いを入れるているのです。

要するに、財務分析で有望銘柄が見つかれば峠は越えた状態。あとは株価の推移を見つめるだけです。

また、財務分析をすればするほど手持ちの有望銘柄数が増え、取引の柔軟性が増します。これだから財務分析はやめられません!

2017 – 2018年上半期 投資成績まとめ

  • 2017年累計損益:+89,000円 (年間利回り30%)
  • 2018年上半期累計損益 +173,800円 (半年利回り25%)
  • 株式投資で儲ける秘訣は「財務分析で有望株をみつくろい、安い時に買う」をひたすらに繰り返す

これだけ好調な成績をキープするのはやはり難しく、2018年7月は揺り戻し。マイナスで終わりそうです。損切りと米国株市場への転入タイミングを見極めねば…!!

 

さてさて、One Tap BUYを使った米国株への軸足転向、果たして吉と出るか凶と出るか?次回の成績報告をお楽しみに。

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

【株式銘柄の選び方】財務分析とマイルールを活用した有望株の見つけ方株式投資、後悔しない銘柄選びのためにマイルールをつくりましょう。ぼくは財務分析の結果だけを判断材料に売買する企業を決めています。...
\1円からはじめる資産運用/