財務指標

【財務指標】PEGレシオとは?定義や目安をわかりやすく解説

企業の中期的な成長性から株価の割安感を評価する財務指標『PEGレシオ』をさくっと解説。

PERPBRに比べると知名度は低いですが、隠れた割安株を発掘できる指標でもあります。この機会に定義や目安をマスターしてしまいましょう!

本記事の結論:PEGレシオとは

  • 中期的な成長性から株価の割安感を評価する指標
  • PRGレシオ = PER ÷ EPS成長率
  • 1倍以下なら割安、2倍以上なら割高
  • EPS成長率を大きくすることで改善
なおころ
なおころ
算出に必要なのは損益計算書(PL)と株価、発行済株式数の情報。また、楽天証券のアプリならPEGレシオの値がそのまま手に入ります!
あわせて読みたい
楽天証券に口座を開くだけで日経新聞と四季報が無料で読める件日経新聞と四季報を無料で読むために、さくっと楽天証券の口座を開設しましょう!...

【財務指標】PEGレシオの定義

PEGレシオの定義PEGレシオの定義

PEGレシオとは

  • 中期的な成長性から株価の割安感を評価する指標
  • PRGレシオ = PER ÷ EPS成長率
  • 必要書類:損益計算書(PL) + 株価 + 発行済株式数

PEGレシオとは要するに『PERでは割高判定だが、成長率を加味すると割安』かどうかを評価する指標ですね。PERとEPSさえ理解できていれば割り算するだけ。かんたんですよ。

なおころ
なおころ
次節でさくっと復習しておきましょう!
あわせて読みたい
【財務指標】PER(株価収益率)とは?定義や目安をわかりやすく解説財務指標『PER(株価収益率)』を分かりやすく解説します!定義や目安をさくっと理解しましょう!...

PEGレシオの計算材料:PERとEPS

PERとEPS

  • PER(株価収益率)=時価総額 ÷ 当期純利益:割安と割高の分岐点は15〜20倍
  • EPS(1株あたり利益)=当期純利益 ÷ 発行済株式数

PERは時価総額が当期純利益の何倍になっているか、また株価がEPSの何倍になっているかを評価する指標。そしてEPSは当期純利益を発行済株式数で割った1株あたりの利益額です。詳細はPER解説記事にゆずりましょう。

実際の計算例では過去3年分のEPSを抽出。CAGRを計算して分母に据えるのが一般的でしょう。

計算が難しいようであれば去年と今年の2つだけでも実用に耐えます。

例えば前期のEPSが100円。今期が115円だとすると成長率は15%、といったイメージですね。

あわせて読みたい
CAGR(年平均成長率)とは?定義や使い方を分かりやすく解説CAGR(年平均成長率)の定義や意味を分かりやすく解説します!...

【財務指標】PEGレシオの目安

  • 1倍を下回ると割安
  • 2倍を上回ると割高

PERは15〜20倍が割安と割高の分岐点となるため、

EPSも7.5%〜15%ほどの成長率があればPEGレシオの観点からも割安と言えるでしょう。

また、PERが30、40倍と割高でも、EPS成長率が20%以上あれば割安感が出てきます。これでPERは割高だが、成長速度から見れば割安となるお宝銘柄も見つかるでしょう。

なおころ
なおころ
実際にはEPSは特別利益、損失の影響を受けるため本質的な事業の成長率を測るには向いてない部分も。分母を営業利益成長率にして考えるのもおすすめです。
あわせて読みたい
【財務指標】企業の成長性分析で見るべき5つのポイント!成長性の財務指標情報をまとめ。CAGRやROICなど分かりやすく解説します!...

【財務指標】PEGレシオを低くする方法

  1. PERを小さくする
  2. EPS成長率を大きくする

方法は2つ。まずはPERを小さくすること。

PERは時価総額(株価×発行済株式数)を当期純利益で割った値でしたね。当期純利益を大きくすることで相対的にPERを小さくできるでしょう。ただ、当期純利益の増加は企業全体の評価の底上げにもなります。もちろん、株価の上昇要因にもなるためPEGレシオ改善への影響は限定的です。

もうひとつはEPS成長率を高くすること。

EPSは当期純利益を発行済株式数で割って算出。もちろん株式の消却などで発行済株式数を減らす手法も考えられますが、毎年のように実施できる訳ではありません。やはり継続的に毎期の利益を増やしていくことこそがPEGレシオの改善につながるでしょう。

なおころ
なおころ
EPSの成長速度が株価の上昇速度を上回った時のみ、高い成長性の割に割安なお宝銘柄となるのです。
あわせて読みたい
【バフェットコード連携】財務分析ExcelシートVer.4リリース!投資家の皆さまこんにちは、なおころ(@Naokoro_)です。 ご好評いただいております財務分析Excelシート、第4弾をリリース...

【財務指標】PEGレシオまとめ

PEGレシオとは

  • 中期的な成長性から株価の割安感を評価する指標
  • PRGレシオ = PER ÷ EPS成長率
  • 1倍以下なら割安、2倍以上なら割高
  • EPS成長率を大きくすることで改善

PERには劣りますが、成長性を加味して割安性を評価する人気の高い指標。

1倍を目安に、気になる企業のPEGレシオを計算してみましょう。

 

財務分析を活用して投資に挑戦してみたい方には『株式投資の教科書』がおすすめ。

他の財務指標の解説やチャートの分析方法など株式投資に必要な知識を詰め込んでいます。合わせてどうぞ!

関連記事;株式投資の教科書 〜企業分析からチャートの読み方までまるっとマスター!〜

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

あわせて読みたい
【財務指標】株価の割安性分析で見るべき5つのポイント!株価の割安性を評価する財務指標情報をまとめ。PERやPCFRなど分かりやすく解説します!...
あわせて読みたい
【財務指標一覧】企業分析者が絶対に押さえておきたい数字まとめ企業分析でチェックしておきたい財務指標を一覧化。投資家、就活生には特におすすめです。...