財務指標

【財務指標】企業の収益性分析で見るべき5つのポイント!

成長性分析が終われば企業の収益性評価と参りましょう。

費用の割合や負債額、企業価値といった

多角的な観点で分析するための

おすすめ財務指標をまとめてご紹介!

なおころ
なおころ
財務分析をする際は、企業の成長性分析で将来的な伸びしろを確認するのも重要です。
【財務指標】企業の成長性分析で見るべき5つのポイント!成長性の財務指標情報をまとめ。CAGRやROICなど分かりやすく解説します!...

【財務指標】収益性の指標一覧

【財務指標】収益性の指標一覧【財務指標】収益性の指標一覧

以上5つ、ぼくが重視している収益性を評価する財務指標!

例によって財務3表(BS・PL・CF)すべてをカバーしています。

それではさくさく解説していきますよ。

【財務諸表まとめ】BS・PL・CFの読み方を分かりやすく解説 読めると企業を見る目が変わる財務諸表。 お好きな書類からどうぞ! ☑️貸借対照表(BS)Ǵ...

【財務指標】収益性①売上高原価率

売上高原価率とは

  • 売上高原価率 = 売上原価 ÷ 売上高
  • 商品販売における必要最低限のコストが売上高に占める割合
  • 必要書類:損益計算書(PL)のみ

企業最大の費用項目である売上原価の割合を評価する指標。

収益性をさくっと分析するときにぴったりですね!

【財務指標】売上高原価率とは?定義や目安を分かりやすく解説財務指標がひとつ『売上高原価率』を分かりやすく解説します!定義や目安をさくっと理解しましょう!...

【財務指標】収益性②売上高販管費率

売上高販管費率とは

  • 売上高販管費率 = 販管費 ÷ 売上高
  • 商品の販売活動や管理費用が売上に占める割合
  • 必要書類:損益計算書(PL)のみ

広告宣伝費や管理部門の人件費など販管費の大きさを評価する指標。

売上原価に比べると削減しやすい項目であるため企業努力が現れやすい数字ですね。

【財務指標】売上高販管費率とは?定義や目安を分かりやすく解説財務指標がひとつ『売上高販管費率』を分かりやすく解説します!定義や目安をさくっと理解しましょう!...

【財務指標】収益性③ROE

ROEとは

財務分析の王道指標『ROE』。

自己資本をどれだけ効率的に活用して

利益を生み出しているかを評価します。

興味のある方は、ROEを一段階深掘りした

デュポン分析についての記事も合わせてどうぞ!

なおころ
なおころ
利益率・回転率・財務レバレッジ要因に分解し、ROEがなぜ変動しているのか推理できるようになりますよ!
【財務指標】ROE(自己資本利益率)とは?定義や目安を解説!財務指標がひとつ『ROE』を分かりやすく解説します!定義や目安をさくっと理解しましょう!...

【財務指標】収益性④EVAスプレッド

EVAスプレッドとは

収益性指標のボスは『EVAスプレッド』でしょう。

経営陣の手腕が問われる注目の数字。

ROICWACC。難易度の高い指標の理解も合わせて必要ですが、財務分析をする上ではぜひとも理解しておきたい指標ですね!

【財務指標】WACC(加重平均資本コスト)とは?計算例と合わせて定義を解説!財務分析をする上で避けては通れない『WACC』を分かりやすく解説します!...
【財務指標】EVAスプレッドとは?定義や目安を分かりやすく解説!財務指標がひとつ『EVAスプレッド』を分かりやすく解説します!定義や目安をさくっと理解しましょう!...

【財務指標】収益性⑤営業キャッシュマージン比率

営業キャッシュマージン比率とは

ビジネスの現金変換能力として呼び声高い営業キャッシュマージン比率。

手元に入ってくる現金量は財務の安全性や将来的な投資余力に影響します。

さくっと分析できる割には重要な指標ですね。

【財務指標】営業キャッシュマージン比率とは?定義や目安を解説!財務指標がひとつ『営業キャッシュマージン比率』を分かりやすく解説します!定義や目安をさくっと理解しましょう!...

【財務指標】収益性まとめ

以上5つ、ぼくが重視している収益性の財務指標でした!

多角的に企業の稼ぐ力を調査する際にご活用くださいませ。

 

財務分析を活用して投資に挑戦してみたい方には『株式投資の教科書』がおすすめ。

他の財務指標の解説や初歩的なチャート分析方法など株式投資に必要な知識を詰め込んでいます。合わせてどうぞ!

関連記事;株式投資の教科書 〜企業分析からチャートの読み方までまるっとマスター!〜

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

【財務指標一覧】企業分析者が絶対に押さえておきたい数字まとめ企業分析でチェックしておきたい財務指標を一覧化。投資家、就活生には特におすすめです。...
\1万円からはじめる憧れの不動産投資/

1万円から不動産投資に挑戦できるCREAL(クリアル)』は年間利回り約4%!投資した後の物件管理や細かい手続きは必要なし。ほったらかしでOKです

投資先はプロが厳選した関東圏の不動産。公式サイトではどんな物件に投資できるのか画像や動画で確認できます!(メールアドレスを登録した会員限定の情報も!)

物件価値が下がった場合もCREAL10〜20%を補填してくれるためリスクも限定的。「将来を考えてまずは少額から投資に挑戦してみたい」そんな方におすすめです。

その他のほったらかし投資はこちら↓

【2019年版】ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA