財務指標

【財務指標】回転率と回転期間の違いを分かりやすく解説!

会計・財務を勉強中のみなさまこんにちは、なおころ(@Naokoro_)です。

分かりそうでわからない、企業の効率性分析で頻出の『回転率』と『回転期間』の違いをざっくりまとめました。

両概念の違いさえ分かれば、よく耳にする売上債権回転率や支払債務回転期間も怖くありません。

本記事を読みつつ、さくっとマスターしてしまいましょう!

なおころ
なおころ
自己資本比率ROEなど、効率性以外の指標も合わせてどうぞ!
あわせて読みたい
【財務指標一覧】企業分析者が絶対に押さえておきたい数字まとめ企業分析でチェックしておきたい財務指標を一覧化。投資家、就活生には特におすすめです。...

【財務指標】回転率と回転期間は資産効率性を評価する

  • 回転率・回転期間は事業活動(資金調達➡︎投資➡︎収益➡︎資金回収)の速度を評価

どちらも資産をどれだけ有効活用できているかを評価する概念です。

例えば『資産をどれだけうまく売上高に変換できているか?』や『どれだけスムーズに売上を現金に変換できるか?』などを計測。

事業活動のいずれかのプロセスの効率性を評価する指標群であることを念頭に、回転率と回転期間の違いに切り込みましょう!

【財務指標】回転率と回転期間の違いは?

回転率と回転期間の違いは?回転率と回転期間の違いは?
  • どちらも企業の資本効率性を評価する概念
  • 回転率:資産などが1年間に回転する回数
  • 回転期間:資産などが1回転するのに要する期間
  • 2つの概念は逆数の関係(結論は同じ)
  • 業界内の競合優位性(パワーバランス)を推察できる

結論から始めると、2つの概念は逆数の関係であり、述べていることに違いはありません。

回転率は資産などが1年間にどれだけ回転するか。

回転期間は資産などが1回転するのに要する期間。

結局のところ主張したいのは『資産をどれだけ有効活用しているかどうか』です。

なおころ
なおころ
次節ではそれぞれの概念について具体例をピックアップ。ゆっくり理解していきましょう!

回転率とは資産などが1年間に回転する回数

回転率とは資産などが1年間に回転する回数回転率とは資産などが1年間に回転する回数
なおころ
なおころ
売上債権回転率を例に考えます!
  • 売上債権回転率 = 売上高 ÷ (売掛金 + 受取手形残高)

念のため、用語を確認しておきましょう。

売上債権とは、実際に商品やサービスを売却したが、 まだ手元に現金が届いていない未収入金のこと。将来的に現金になる予定分の売上高とも言えるでしょう。

なおころ
なおころ
売掛金と受取手形の詳細は本旨から逸れるので省略しますが、まとめて売上債権、将来的に現金化予定の未収入金と捉えてください!

ここで売上債権回転率が意味するところは、年間の売上高は売上債権(資産)の何倍に相当するか

例えば回転率が10倍(売上高100万円、売上債権10万円)なら、年間の売上高の90%はそのまま現金化し、10%だけ未収入金になるイメージです。

要するに、回転率が高くなるほど売上から現金になるスピードが早くなりますよ。

なおころ
なおころ
手元に現金が入ってくるスピードが早いと財務の安全性も増し、事業への再投資も容易になります。
あわせて読みたい
【財務指標】企業の安全性分析で見るべき7つのポイント!流動比率や自己資本比率など、安全性の財務指標情報まとめ。定義や目安をさくっと理解しましょう!...

回転期間とは資産などが1回転するのに要する期間

回転期間とは資産などが1回転するのに要する期間回転期間とは資産などが1回転するのに要する期間
なおころ
なおころ
売上債権回転期間を具体例としてピックアップ!
  • 売上債権回転期間 = (売掛金 + 受取手形残高) ÷ 売上高

回転率と見比べれば分かるように、分母分子の変数をひっくり返しただけです。

売上債権回転期間の意味するところは、売上債権の残高は何年分の売上高に相当するのか。

例えば回転期間が0.5年の場合(売上高200万円、売上債権100万円)、年間の売上の半分が現金になり、半分は現金化できていない状況になります。

もちろん現金化のスピードは速い方が好ましいため、回転期間は短い方が有利です!

【財務指標】回転率と回転期間で競合優位性を評価

回転率の高さ、または回転期間の短さから競合優位性を評価することもできます。

例えば売上債権回転率・回転期間を例に挙げると、回転率が高い(回転期間が短い)企業は売上の現金化スピードがはやい。つまり、取引相手と比べると売上債権が少ない企業であることが分かります、

これは業界内の取引における優位性を如実に表していると言えるでしょう。

つまり、業界内で強いポジションを取っている企業側は『早く現金にしてほしい』と要求できるでしょうし、弱いポジションの企業はそれらの要求になかなか逆らうことができません。

よって、業界内の企業間で回転率、回転期間を比較することで、競合優位性が垣間見えてくるのです。

なおころ
なおころ
総資産回転率を筆頭に、効率性の指標は業界ごとに数字が大きく異なるため、回転率や回転期間は同業界の企業間で比較するのがおすすめです。
あわせて読みたい
【財務指標】総資産回転率とは?定義や目安を分かりやすく解説!財務指標のひとつ「総資産回転率」を図を使って分かりやすくご紹介。定義や改善方法など、この機会にしっかり理解しておきましょう!...

【財務指標】回転率と回転期間の違いまとめ

  • どちらも企業の資本効率性を評価する概念
  • 回転率:資産などが1年間に回転する回数
  • 回転期間:資産などが1回転するのに要する期間
  • 2つの概念は逆数の関係(結論は同じ)
  • 業界内の競合優位性(パワーバランス)を推察できる

回転率、回転期間が分かると業界間の違いを意識できるようになります。

さまざまな企業を計算対象にすることで数字の違いを楽しみましょう!

 

財務分析を活用して投資に挑戦してみたい方には『株式投資の教科書』がおすすめ。

他の財務指標の解説やチャートの分析方法など株式投資に必要な知識を詰め込んでいます。合わせてどうぞ!

関連記事;株式投資の教科書 – 株式投資で稼ぐためのノウハウをこれ一冊で –

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

あわせて読みたい
【財務指標】企業の効率性分析で見るべき5つのポイント!企業の効率性を評価する財務指標情報をまとめ。総資産回転率やCCC(キャッシュコンバージョンサイクル)などの指標を分かりやすく解説します!...
あわせて読みたい
【財務指標一覧】企業分析者が絶対に押さえておきたい数字まとめ企業分析でチェックしておきたい財務指標を一覧化。投資家、就活生には特におすすめです。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA