日本株

成婚主義の婚活企業『IBJ(6071)』を財務分析


投資家の皆さまこんにちは、なおころ(@Naokoro_)です。

本日の財務分析対象は婚活サイト「ブライダルネット」が主力のIBJ(6071)です。

引用:IBJホームページ

本記事の結論としては、「優良企業だけど今は買わないほうがいいよ」となります。たまにはね。

【財務分析とは?】決算書を読み解いて企業の本質的価値を評価しよう!投資家、就活生は財務分析で差をつけろ!企業の本質的価値を評価する財務分析を分かりやすく解説しました。...

財務3表分析 | 堅調な成長が続くIBJ

キャリアデザインセンター(2410)や
ディップ(2379)、そして今回のIBJと財務分析を実施した結果、優良企業における財務3表の傾向が分かってきましたね。

●BS:流動比率100%以上を保ったまま拡大。固定負債が限りなく少ない。流動比率が100%を超えていることを合わせれば実質的に無借金経営の状態。

●PL:売上高は右肩上がり。営業利益率は平均10%超。IBJについては2017年度の急落が気になりますね。まぁ依然として15%と高利益率ではあります。

●CF:5年度連続で、営業CF > 0かつ投資CF < 0かつ営業CF>投資CFの絶対値。IBJは特に2017年度において営業CFと投資CFの差額が大きいようです。調べたところ2016年度は「連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出」が大きな投資項目であったようですね。翌年の2017年は少し投資を控えたのかな。ふむ。

とまあ、ここまでは完全に買いムードの漂うIBJ。
果たして財務指標を使った分析結果はどうでしょうか?

株式投資の教科書 〜企業分析からチャートの読み方までまるっとマスター!〜株式投資初心者が疑問に思うことをまるっとまとめ。投資をはじめて稼ぐまでの流れや企業・チャート分析の方法など必要知識をこの1冊でインプット!...

財務分析指標 | 割高感MAX

 

78点!惜しくも投資対象からは外れてしまいました。今回は各指標の点数を少し詳しくみてみましょう。

結果はこちら。

  • 安全性:22点
  • 成長性:25点
  • 収益性:22点
  • 割安性:9点

 

割安性…9点。9点か。。
中でも足を引っ張っているのは、ミックス係数お前か〜。

ちょっと深堀ってみるとPER、PBRどちらも高水準ですね。2018年5月7日本日の終値で分析すると

  • PER:38.9倍
  • PBR:12.7倍

 

グレアムが提唱するミックス係数22.5以下をPERだけで軽く上回る結果に…

安全性、成長性、収益性に関しては
文句のつけようもありませんが割高感は否めませんな。

財務分析Excelシートを販売します!投資家の皆さまこんばんは、なおころ(@Naokoro_)です。 秘中の秘である財務分析Excelシートの販売に踏み切りました。 ...

ROE分解 | 利益率要因がROEとほぼ連動

キャリアデザインセンター(2410)やディップ(2379)、と同じように売上高当期純利益率がROEとかなりリンクしているのが分かりますね。

財務3表ではBS、PLともに拡大していたにも関わらず総資産回転率が大きく変わっていないことから資産活用の効率性は大きく変化していないようです。

財務レバレッジという最後の切り札は温存できているのでまだまだ成長余地ありそうかと。

【財務指標】ROEとROAの違いを分かりやすく解説!投資家の皆さまこんにちは、なおころ(@Naokoro_)です。 財務指標の王様である ROEとROAについてさくっと解説。 ...

ROIC分解ツリー | 優良企業のツリーそのもの

だんだん分かってきましたね。
優良企業のROICは10%以上の営業利益率と約2回の投下資本回転率で20%超を実現。現段階ではこの組み合わせが一番多いように感じます。IBJもすごい。

2017年度は営業利益率が落ちていますが投下資本回転率がカバー。結果としてROICに目立った動きはありません。

確認しておきたいのは営業利益率減少の要因ですよね。
ROICツリーをたどると一目瞭然。2017年度の売上高原価率がかなり増加しています。

有価証券報告書によれば「主に新規事業原価によるもの」とあります。
ざっと調べたところ「直営結婚相談所の新規出店」あたりでしょうか。良い原価の増え方です。

10万円で買えるおすすめの銘柄3選はこれ!【2019版】10万円で購入できるおすすめ銘柄を3つほどご紹介!どの企業も業績や財務分析の結果が良好な有望株です。まずは企業名だけでもご覧ください、あなたの勤め先企業かも?...

IBJ(6071)まとめ

  • 右肩上がりのBS、PL
  • 割高感MAXの株価
  • 利益率要因にリンクしたROE
  • 超高水準をキープしたROIC

財務分析を重ねることで
優良企業の特徴がだんだんとクリアになってきました。

ただ、直近の課題は割安性とその他の指標が共にハイスコアを叩き出す企業を見つけ出すこと。難しいな~。

さて、結論としては、IBJは今は買わないほうがいいよ、となります。ぼくは400株ほど保有していますが笑

MACDのゴールデンクロスも超えてしまったので株価の大きな上昇はしばらく来ないんじゃないかな。投資余力は残しつつ、しばらくは他の銘柄に注目してみてはどうでしょうか。

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

【ワンタップバイ運用実績】10万円を元手にロボアドバイザーと資産運用バトル投資家とロボアドバイザー、果たしてどちらが優秀なのか?10万円を元手にした資産運用バトルの幕が上がります。...
\1円からはじめる資産運用/