日本株

【財務分析】3Dプリンターを操る設計者集団 | アビスト(6087)の決算書を分析

東証一部から超優良銘柄を発掘しました!

その名もアビスト(6087)。

3Dプリンターを巧みに使いこなす技術者集団です。

投資家の皆さまこんにちは。なおころ(@Naokoro_)です。

久方ぶりの財務分析、BtoBの有望株をご紹介!

結論としては「少し割高だけど買い!」に着地しますよ。ではさっそく!

【ワンタップバイ運用実績】10万円を元手にロボアドバイザーと資産運用バトル投資家とロボアドバイザー、果たしてどちらが優秀なのか?10万円を元手にした資産運用バトルの幕が上がります。...

アビスト(6087)とは?

アビストHPアビストHPより引用

設計技術者集団の名前の通り

事業範囲はかなり広め。

アビスト事業内容

・工業設計技術サービス事業 (機械設計開発、3Dプリント造形サービス等)

・不動産賃貸事業

・水素水製造販売事業

3Dプリンターを事業に組み込んでいる企業を財務分析するのは初めてですね。

ちなみに上場したのは2013年。新進気鋭の設計者集団、財務分析してみましょう!

なおころ
なおころ
知名度は低めですが3Dプリンター事業が魅力的!
【財務分析のやり方】企業分析者が覚えておきたい分析ステップ株式投資初心者がイメージできるレベルでぼくの財務分析フローをまとめてみました。...

財務3表分析 | アビスト(6087)

まずは財務3表(BS:貸借対照表、PL:損益計算書、CF:キャッシュフロー計算書)分析。さくっとまとめてみましょう!

財務3表分析

●BS:5年で総資産が2倍以上に急拡大していますね。しかも流動資産は一貫して100%超。むしろ、流動資産だけで流動負債と固定負債の合計分を上回っていますね。安全性には全く問題ありません!

●PL:売上高、営業利益率が順調に右肩上がり。直近の利益率18%はかなり高め。後述の収益性分析で詳しく確認しましょう。

●CF:一貫して営業CF > 0 かつ投資CF < 0 かつ営業CF > 投資CFのマイナス分という理想的なキャッシュ状態です。投資したキャッシュが順調に営業CFに結びついていますね。

と、この段階でアビストがかなり有望株であることが大判明していますが、気を抜かず財務指標分析に移りましょう!

なおころ
なおころ
投資家としては、企業の安全性が高いと一安心。
株式投資の教科書 〜企業分析からチャートの読み方までまるっとマスター!〜株式投資初心者が疑問に思うことをまるっとまとめ。投資をはじめて稼ぐまでの流れや企業・チャート分析の方法など必要知識をこの1冊でインプット!...

財務指標分析 | アビスト(6087)

財務指標分析、総合点は87!見事にぼくの投資候補に食い込んできました!
(財務指標分析で80点以上の企業のみ投資候補に入れるマイルールを設定しています。)

続いて安全性、成長性、収益性、割安性の4つの観点で分析してみましょう!

財務指標分析

●安全性:25点満点に1点届かず。惜しかったのは自己資本比率。それでも5年平均で70%超なので投資対象としては問題ありません。逆にWACCなどを加味した場合、もう少し負債を増やした方がいいくらいです。

●成長性:25点満点のフルスコア!文句のつけようもありません!

●収益性:足を引っ張っているのは売上原価率。調べて見たところ95%以上は労務費(人件費)が占めていました。それでも利益率は右肩上がりなので効率化は進んでいるのでしょう。後述のROIC分析でも要確認。

●割安性:90点に届かなかった主な原因は割安性。特にミックス係数とFCF理論株価との乖離割合の値が悪い。つまい、PER、PBRまたFCF(フリーキャッシュフロー)から見ると割高の銘柄と言えます。年々増える設備投資額がキャッシュを削っていますね。

割高な株価が気になりはしますが、その他の指標はかなりの高得点。87点と高得点に浮かれず後述の分析もしっかりしておきましょう。

【米国株対応】財務分析ExcelシートVer.3の販売スタート!株式投資で年間利回り30%を実現した財務分析Excelシート、販売を再開しました! 財務分析Excelシート、Ver.3の販売を開...

ROEデュポン分析 | アビスト(6087)

アビストのROEをデュポン分析。
2013年と比べると2017年は7%減ですが、目を引くのは財務レバレッジの低下。

徐々に借金に頼らない経営にシフトしていることが伺えます。

また、一方で売上高当期純利益率が純増しているのが好印象ですね。

3Dプリンターの盛況に伴って、さらにROEの向上が見込めます!

【財務指標】ROEとROAの違いを分かりやすく解説!投資家の皆さまこんにちは、なおころ(@Naokoro_)です。 財務指標の王様である ROEとROAについてさくっと解説。 ...

ROE6分解 HOBモデル | アビスト(6087)

ROEをもう少し細かく分析。
目を引くのは管理効率性(営業利益 ÷ 売上総利益)の推移。販管費が減少していることが予想されます。

また、HOBとFEMの2つの観点から見れば、ROEはHOBに近い形をしていますね。

これは企業のコア収益力(事業での儲ける力)が強いことの裏付けであり、逆に言えば財務レバレッジという最後の切り札を温存してなお今の業績をキープしていると言えます。すごい。

なおころ
なおころ
ROEだけを考えるなら負債を増やして財務レバレッジを上げればいいだけ。今はレバレッジを使うまでもないのでしょう!
【財務指標】ROEの6分解『HOBモデル』を解説してみた件ROEを6分解するHOBモデル。デュポン分析のその先の世界へ進みましょう!...

ROIC分解ツリー | アビスト(6087)

アビスト ROICアビストの財務分析のラストを飾るのはROIC分解ツリー。

気になるのは原価率と販管費率。共に小幅での動きが続いていますが、原価率は2016年に底を打ち販管費率は2015年を頭打ちに減少傾向。

人件費が原価に含まれているのでなかなか削減は難しいでしょう。

販管費の方でのやりくりが期待されます!

なおころ
なおころ
それにしても営業利益率18%はかなり高い…!!
【ワンタップバイとは?】1000円から株主になれるスマホ証券の特徴まとめ『ワンタップバイ』のメリット・デメリットなど特徴をまとめてご紹介。1000円など少額からの資産運用を検討中の方はぜひご覧ください!...

アビスト(6087)まとめ

アビスト財務分析まとめ

  • 財務指標分析、総合87点
  • HOB頼りでROEが20%超
  • 原価よりも販管費の削減を期待

ぼくの財務分析史上で87点はおそらく最高点!いい銘柄が見つかりました。

アビストの株価は先週末には100円程度落ちています。

何事もなければ、満を辞して週明けの月曜日に買いを入れたいと思います。

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

【ワンタップバイ運用実績】10万円を元手にロボアドバイザーと資産運用バトル投資家とロボアドバイザー、果たしてどちらが優秀なのか?10万円を元手にした資産運用バトルの幕が上がります。...
\1円からはじめる資産運用/