日本株

【IR】サイバーエージェント(4751)の決算書を財務分析

安全性、成長性、収益性、割安性の4拍子がそろった有望株を見つけてしまいました!

投資家の皆さまこんにちは、なおころ(@Naokoro_)です。

今日も今日とて過去5年分の決算書を活用しての財務分析。

本日のお相手は『AbemaTV』や『グランブルーファンタジー』の運営会社「サイバーエージェント」!

それでは今日も、よろしくお願いします!

楽天証券に口座を開くだけで日経新聞と四季報が無料で読める件楽天証券で口座を開設するだけで日経新聞と四季報が無料で読めますよ!投資家のあなたもビジネスマンの皆さまも年間6万円の出費を削減しましょう!...

サイバーエージェントとは?

出典:サイバーエージェントHP出典:サイバーエージェントHP

就活生やスマホゲームに詳しい学生に大人気のサイバーエージェント。

まずはざっくり企業概要をご紹介!

サイバーエージェント企業概要

  • 創業:1998年
  • 上場:2000年
  • 上場市場:東証1部
  • 上位セグメント
    • インターネット広告:52%
    • ゲーム (グランブルファンタジーなど):38%
    • メディア (AbemaTVなど):5%

メインの事業は創業以来ずっと展開しているインターネット広告事業。

特にスマートフォン広告の販売に強く、国内トップシェアを記録!

【ワンタップバイ銘柄一覧】1,000円から買える日本株30と米国株30ワンタップバイの銘柄一覧をまとめてご紹介。任天堂、リクルート、フェイスブックにアップルなど1,000円から大手企業の株主になってみませんか?...

サイバーエージェント財務3表分析

サイバーエージェント財務3表分析サイバーエージェント財務3表分析

まずはウォームアップがてら

財務3表(BS:貸借対照表、PL:損益計算書、CF:キャッシュフロー計算書)を分析!

財務3表分析

BS:平均して流動比率は180%超。自己資本比率は60%超と安全性には全く問題ありません。資産総額は増加してもそれぞれの比率に大きな変化はないので安全な経営を目指していることが分かります!

PL:売上高は順調に推移している一方で、営業利益率の低下が気になります。後述のROIC分析で深掘りしましょう。

CF:5年連続で営業CFがプラスで着地。順調にキャッシュは入ってきているので安心しました。手元資金に余裕があるので大規模な投資が期待されます。

なおころ
なおころ
続いて、本格的な財務分析と参りましょう!
【株の売買プロセス】投資先企業を選んで取引を終えるまでの流れ株式投資における意思決定プロセスを全公開。まずは全体のイメージをつかみましょう!...

サイバーエージェント財務指標分析

サイバーエージェント財務3表分析①サイバーエージェント財務3表分析①

サイバーエージェントの財務分析、総合点は78!

惜しくも80点ルールを超えることはできませんでしたが久しく見ていない有望株!

安全性、成長性、収益性、割安性の4つの観点で分析してみましょう!

サイバーエージェント財務3表分析②サイバーエージェント財務3表分析②

財務指標分析

安全性:23点!BS分析で確認した通り、安全性は魅力的の一言。短期・中期・長期どのスパンで見てもを安全な財務状態です。

成長性:20点。当期純利益率の成長率をのぞいてフルスコア。先ほどPL分析で確認した営業利益率の低下が要因でしょう。

収益性:19点。どうやら売上高原価率が高そうですね。5年分の推移は後述のROIC分解ツリーでチェック!

割安性:16点。ミックス係数が戦犯となりました。直近の株価で考えるとPERが約200、PBRが約8とかなりの割高感。利益が落ち込んでいるのがPER(時価総額 ÷ 当期純利益)にも響いてきています。

株式投資の教科書 〜企業分析からチャートの読み方までまるっとマスター!〜株式投資初心者が疑問に思うことをまるっとまとめ。投資をはじめて稼ぐまでの流れや企業・チャート分析の方法など必要知識をこの1冊でインプット!...

サイバーエージェントROEデュポン分析

サイバーエージェントROEデュポン分析サイバーエージェントROEデュポン分析

2017年度決算を除けば10%以上をキープしていたROE。

ただ、4%台での着地はいただけません。投資対象としては少し魅力が欠けてきました。。

さらにROEを3つの要素に分解した場合、当期純利益率がROEに大きく寄与。

財務レバレッジを動かさない安全志向の経営なので利益率の改善が待たれます。

【財務指標】ROEとROAの違いを分かりやすく解説!投資家の皆さまこんにちは、なおころ(@Naokoro_)です。 財務指標の王様である ROEとROAについてさくっと解説。 ...

サイバーエージェントROIC分解ツリー

サイバーエージェントROIC分解ツリーサイバーエージェントROIC分解ツリー

一方のROICは20以上をマーク!下降気味とはいえ高水準でしょう。

営業利益率と投下資本回転率に分解したところ、営業利益率がROICに大きく貢献。

さらに分解していくと、問題が見つかりました。

どうやら直近の数字が振るわなかったのは売上高原価率の上昇が要因ですね。

決算書を読み解くと、売上原価において労務費が削減されている一方で、媒体費・外注費が大きく増加。システムや機材の大規模な投資が実施されたのでしょうか。

最近話題のAbemaTVへの投資とも考えられますね!

ROICは問題ない数字ですがROEの低迷は投資家の心理にマイナスイメージを植え付けるので早々の払拭を期待したいところ。

【米国株対応】財務分析ExcelシートVer.3の販売スタート!株式投資で年間利回り30%を実現した財務分析Excelシート、販売を再開しました! 財務分析Excelシート、Ver.3の販売を開...

サイバーエージェント財務分析まとめ

  • 財務指標分析、総合78点
  • 安全性、成長性、収益性、割安性4拍子そろった有望株
  • 売上高原価率の上昇に一抹の不安

事業もうまく分散されており、AbemaTVを筆頭に強いメディアも育成中。

大きな値崩れはなさそうな優良銘柄を見つけてしまったようです!

 

残念ながら1,000円から購入できるワンタップバイの対象銘柄には含まれていませんが、

新しく投資を始めるなら

口座開設するだけで日経新聞が無料で読める楽天証券がおすすめです!

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

【ワンタップバイ運用実績】10万円を元手にロボアドバイザーと資産運用バトル投資家とロボアドバイザー、果たしてどちらが優秀なのか?10万円を元手にした資産運用バトルの幕が上がります。...
\1円からはじめる資産運用/