日本株

【ワンタップバイ銘柄】日本一給料が高い会社「キーエンス」を財務分析

卓越した安全性、成長性、収益性と

割高な株価が共存する

注目銘柄を発掘しました!


投資家の皆さまこんにちは、なおころ(@Naokoro_)です。

今日も今日とて過去5年分の決算書を活用しての財務分析。

本日のお相手は漫画「インベスターZ」にも登場した「キーエンス」。

知る人ぞ知るBtoBの巨匠です!

楽天証券に口座を開くだけで日経新聞と四季報が無料で読める件楽天証券で口座を開設するだけで日経新聞と四季報が無料で読めますよ!投資家のあなたもビジネスマンの皆さまも年間6万円の出費を削減しましょう!...

キーエンスとは?

出典:キーエンスHP出典:キーエンスHP

まずはキーエンスの企業概要をさくとまとめ!

企業概要

  • 創業:1974年
  • 上場:1987年
  • 上場市場:東証1部
  • 平均年収:1,861万円(上場企業トップ!)
  • 上位セグメント
    • 電子応用機器の製造・販売:100%
      (画像センサ・3Dプリンタ・マイクロスコープなど)
なおころ
なおころ
さらに詳しい情報は動画をどうぞ!

【ワンタップバイ】口座の開設手順と必要書類まとめワンタップバイを使えば誰でも気軽に投資を始められる時代になりました。任天堂、リクルート、マクドナルド。あなたも1,000円で有名企業の株主になってみませんか?...

キーエンス財務3表分析

キーエンス財務3表分析キーエンス財務3表分析

財務3表分析

BS:まさかの流動比率1000%超と90%以上の自己資本比率をマーク。おそらく今まで分析した中で最高の安全性を誇っていますね!

PL:売上高は順調に右肩上がり!営業利益率が驚異の50%超!!ちなみに製造業平均の営業利益率は4%程度。恐ろしい数字を叩き出していることがわかります。

CF営業CFが順調に伸びていますね!2018年度は投資CFが営業CFを上回りましたが、手元資金が厚く安全性が高いので全く問題ないでしょう!

【株の売買プロセス】投資先企業を選んで取引を終えるまでの流れ株式投資における意思決定プロセスを全公開。まずは全体のイメージをつかみましょう!...

キーエンス財務指標分析

キーエンス財務指標分析①キーエンス財務指標分析①

さて、本格的な財務分析をスタート!

キーエンスの総合点はまずまずの74!

80点ルールを超えることはできませんでしたが

ちょっと気になる企業なので安全性、成長性、収益性、割安性4つの視点で分析を続けましょう!

キーエンス財務指標分析②キーエンス財務指標分析②

財務指標分析

安全性:25点フルスコア!BS分析で確認した通り屈指の安全性を誇るキーエンス。倒産するイメージがまるでありません!

成長性:24点、惜しくもフルスコアはならず。しかし満点を逃したROICも5年連続で10%以上と好調そのもの。まだまだ成長著しいですね。

収益性:22点。EVAスプレッド(ROIC – WACC)が足を引っ張る結果に。それでも原価率・販管費率が低く、卓越した収益性が垣間見えます。

割安性:3点。鬼門は割安性でしたね。22.5以下が割安とされるミックス係数も180以上をマーク(PER:35、PBR:5)。株価の割高感だけは払拭できそうにありません。

なおころ
なおころ
つづいて、ROEの分析に進みましょう!
株式投資の教科書 〜企業分析からチャートの読み方までまるっとマスター!〜株式投資初心者が疑問に思うことをまるっとまとめ。投資をはじめて稼ぐまでの流れや企業・チャート分析の方法など必要知識をこの1冊でインプット!...

キーエンスROEデュポン分析

キーエンスROEデュポン分析キーエンスROEデュポン分析

ROEは平均して約13%。

他の企業と比べるとちょっと高めかな、といった印象ですが

売上高当期純利益率に並ぶ数字が恐ろしい。

40%なんて見たことがありません。

 

BS分析あたりから予想はできていましたが、

3つの要素に分解した場合、財務レバレッジはほとんど活用なし。

当期純利益率がROEを動かしていることが分かります。

 

安全性が高すぎる面もあるので、

ちょっとリスクをとれると

投資家が更にうなる数字が並ぶでしょう。

【財務指標】ROEとROAの違いを分かりやすく解説!投資家の皆さまこんにちは、なおころ(@Naokoro_)です。 財務指標の王様である ROEとROAについてさくっと解説。 ...

キーエンスROIC分解ツリー

キーエンスROIC分解ツリーキーエンスROIC分解ツリー

ROICも平均して13%程度。

誤解を恐れず言えばROE = ROIC × 財務レバレッジなので

財務レバレッジが効いていない現況では

ROEとROICの値が限りなく近くなるのも納得できます。

原価率・販管費率も目立った上昇がなく安定して推移していますね。

【米国株対応】財務分析ExcelシートVer.3の販売スタート!株式投資で年間利回り30%を実現した財務分析Excelシート、販売を再開しました! 財務分析Excelシート、Ver.3の販売を開...

キーエンス財務分析まとめ

  • 財務指標分析、総合74点
  • 卓越した安全性、成長性、収益性を誇る
  • 株価は圧倒的な割高感が漂う

ワンタップバイで1,000円から買える採用銘柄のキーエンス。

リクルート良品計画に次ぐ

有望株を見つけてしまいました!

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

【ワンタップバイとは?】1000円から株主になれるスマホ証券の特徴まとめ『ワンタップバイ』のメリット・デメリットなど特徴をまとめてご紹介。1000円など少額からの資産運用を検討中の方はぜひご覧ください!...
【ワンタップバイ運用実績】10万円を元手にロボアドバイザーと資産運用バトル投資家とロボアドバイザー、果たしてどちらが優秀なのか?10万円を元手にした資産運用バトルの幕が上がります。...
\1円からはじめる資産運用/