日本株

【日産自動車の株価は割安?】アメリカ、ヨーロッパでの販売が不調。


投資家の皆さまこんにちは、なおころ(@Naokoro_)です。

トヨタホンダに次ぐ自動車大手の『日産自動車』を企業分析。

本記事では、日産自動車の株価が割安なのかを判断すべく

国別の売上推移を確認後、多角的に財務の分析と参りましょう!

なおころ
なおころ
日産自動車もワンタップバイ採用銘柄。1,000円から株を買えますよ!
【ワンタップバイとは?】1000円から株主になれるスマホ証券の特徴まとめ『ワンタップバイ』のメリット・デメリットなど特徴をまとめてご紹介。1000円など少額からの資産運用を検討中の方はぜひご覧ください!...

【日産自動車の株価は割安?】国別売上推移

販売先の国別に、売上高の推移を確認してみましょう!

出典:日産自動車2018年第1四半期決算資料出典:日産自動車2018年第1四半期決算資料

日産自動車のセグメント別売上推移

  • 国内を除き需要は高まる
  • 実際の販売台数はアメリカ、ヨーロッパで大きく減少。中国で増加

市場が成熟した日本、アメリカ、ヨーロッパでの急伸は難しいでしょう。

中国での活躍に期待です。

なおころ
なおころ
次章では日産自動車の財務状況を分析してみましょう!
【財務分析とは?】決算書を読み解いて企業の本質的価値を評価しよう!投資家、就活生は財務分析で差をつけろ!企業の本質的価値を評価する財務分析を分かりやすく解説しました。...

【日産自動車の株価は割安?】財務分析

【日産自動車の株価は割安?】財務3表分析

それでは3年分の決算書を使って

日産自動車の財務分析と参りましょう!

まずは財務3表(BS・PL・CF)からスタート!

日産自動車の財務3表分析日産自動車の財務3表分析

財務3表分析

BS:総資産額は徐々に増加。流動比率も170%超と手元の安全性には問題ありません。一方、自己資本比率が20%代と固定負債の大きさに一抹の不安を覚えます。

PL:売上高は乱高下。海外での販売増が望まれます。利益率は決して低くはありませんが、合わせて原料費の抑制を進めたいところ。

CF:3年連続で営業CF>0で好印象。しかしいずれも投資CFが上回る形に。毎年の設備投資額が大きい企業ですね。キャッシュを圧迫しているのが分かります。

財務諸表の読み方を分かりやすく解説 | まずは全体像を理解しよう! 財務諸表の読み方まとめ 財務諸表は財務分析をするための資料 財務諸表は財務3表(BS・PL・CF)+αで構成され...

【日産自動車の株価は割安?】財務指標分析

続いて、20個の財務指標を元に

日産自動車を100点満点で採点してみましょう!

日産自動車の財務指標分析日産自動車の財務指標分析

日産自動車の総合点は59!

80点ルール突破とはいきませんでした。

安全性、成長性、収益性、割安性と4つの視点で分析を続けましょう。

財務指標分析

安全性:17点。BS分析で確認した通り流動比率ICRなど手元の安全性は高い一方で自己資本比率など中期的な財務に不安が残ります。

成長性:13点。やはり売上高の停滞が足を引っ張る形に。毎年の設備投資額の大きさも頷けます。

収益性:13点。開発費、原料費がかさみ、売上高原価率は80%超。稼ぐ力の持続的な改善が必要です。

割安性:16点!鬼門の割安性で平均点をマーク!PSRPCFRミックス係数でフルスコアとかなり割安感が漂います!

株式投資の教科書 〜企業分析からチャートの読み方までまるっとマスター!〜株式投資初心者が疑問に思うことをまるっとまとめ。投資をはじめて稼ぐまでの流れや企業・チャート分析の方法など必要知識をこの1冊でインプット!...

【日産自動車の株価は割安?】まとめ

  • アメリカ、ヨーロッパでの売上が不調
  • 中国で巻き返しできるか
  • 財務の中期的な安全性に一抹の不安あり
  • 株価は割安感あり

ワンタップバイ採用銘柄の日産自動車

1,000円から投資できるとは言え、

株価には割高感が漂います。投資される場合はご注意を。

関連記事:【ワンタップバイ銘柄一覧】1,000円から買える日本株30と米国株30

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

【ワンタップバイ銘柄一覧】1,000円から買える日本株30と米国株30ワンタップバイの銘柄一覧をまとめてご紹介。任天堂、リクルート、フェイスブックにアップルなど1,000円から大手企業の株主になってみませんか?...
\1円からはじめる資産運用/

人生100年時代はお金にも働いてもらいましょう!「資産運用に挑戦したい。」「まずは少額からスタートしたい。」そんな方には2019年1月にスタートした新サービス『Funds(ファンズ)』がおすすめ。

1円から上場企業の不動産に投資できるだけでなく、出資した後はほったらかしでOK。長期で堅実な資産運用にぴったりです!

気になる方はFundsの公式サイト、もしくはブログ内の関連記事も合わせてどうぞ。なおころも20万円ほど投資中です。

Funds(ファンズ)の
公式サイトはこちら

Fundsの関連記事まとめ