財務分析とは

【貸借対照表(BS)の項目】会社が倒産するのは流動負債を返済できなかった時

財務諸表が1つ貸借対照表をさらに詳しく解説します。

企業の財務分析に興味がある皆様は目を通しておいた方がいいであろう3分ばかりで読了できる記事です。

なおころ
なおころ
貸借対照表をガッツリ基礎から学びたい人は財務諸表の読み方を先に読むのがおすすめです!
財務諸表の読み方を分かりやすく解説 | まずは全体像を理解しよう! 財務諸表の読み方まとめ 財務諸表は財務分析をするための資料 財務諸表は財務3表(BS・PL・CF)+αで構成され...

貸借対照表(BS)の復習

貸借対照表とは貸借対照表とは

まずは復習です!

貸借対照表(BS)まとめ

  • 企業の資金調達先と資産状況をまとめた書類
  • 資産・負債・純資産の3つに区分される
  • 企業の財務安全性を評価できる

そして資産 = 負債 + 純資産が必ず成り立つことも確認しましたね。

次章では3区分の各項目を少し詳しく見ていきましょう!

【貸借対照表(バランスシート)とは?】資金の調達先と資金状況が丸わかり! 貸借対照表(バランスシート)まとめ 企業の資金調達先と資産状況をまとめた書類 企業の財務安全性を評価できる ...

貸借対照表(BS)の項目

貸借対照表の項目貸借対照表の項目

貸借対照表のポイント

  • 流動」と「固定」の概念がある
  • 流動」は1年以内に換金できる資産、もしくは1年以内に返済義務のある負債
  • 1年以内に動きのない資産や負債は「固定資産(負債)」に組み込まれる

流動と固定の概念さえ分かれば貸借対照表の中身はほとんど想像できるでしょう。

資産と負債の場合、流動資産(負債)と固定資産(負債)の4つに区分されます。

例えば「流動負債のさらに詳しい項目は?」と考えると「短期の借入金(借金)」が浮かぶでしょうし、

「流動資産の項目は?」と考えると「現金」、小売業なら「商品」などが含まれるでしょう。

「流動」と「固定」の概念さえ理解していれば企業の貸借対照表もかなり読みやすいですね。

なおころ
なおころ
もちろん、実際の貸借対照表を読んでみるのも面白いですよ!上場企業の決算書はすべてEDINETに集約されています。お手すきの際にどうぞ!
【EDINETの使い方】財務分析初心者が習得すべき企業決算書の見つけ方EDINETの使い方について画像付きで分かりやすく解説します!...

会社が倒産するのは流動負債を返済できなかった時

会社が倒産するのは貸借対照表に記載された「流動負債」が返済できなかったときです。

更に言えば、1年以内に換金できる資産の額も貸借対照表で確認できましたよね?

そう「流動資産」です。

 

つまり、企業の流動資産と流動負債の額を見比べることで、企業の財務安全性の一側面を捉えることが可能。

倒産の可能性をさくっと推し量ることができるでしょう!

なおころ
なおころ
財務分析時にも、流動資産流動負債の大きさはしっかりチェックしています。
株式投資の教科書 〜企業分析からチャートの読み方までまるっとマスター!〜株式投資初心者が疑問に思うことをまるっとまとめ。投資をはじめて稼ぐまでの流れや企業・チャート分析の方法など必要知識をこの1冊でインプット!...

貸借対照表(BS)の項目まとめ

  • 「流動」と「固定」の概念がある
  • 1年以内に換金(返済)できる資産(負債)は流動資産(負債)
  • 会社は流動負債を返済できなかったときに倒産する

貸借対照表の項目まで理解できれば

あとは財務指標やその目安を学ぶのみ。

財務分析マスターへの道も

いよいよ折り返し地点です。

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

【損益計算書(PL)とは?】企業の稼ぐ力を知りたいときに読むべき書類 損益計算書(PL)まとめ 企業の売上、費用、利益をまとめた書類 企業の収益性(稼ぐ力)を評価できる ...
\1万円からはじめる憧れの不動産投資/

1万円から不動産投資に挑戦できるCREAL(クリアル)』は年間利回り約4%!投資した後の物件管理や細かい手続きは必要なし。ほったらかしでOKです

投資先はプロが厳選した関東圏の不動産。公式サイトではどんな物件に投資できるのか画像や動画で確認できます!(メールアドレスを登録した会員限定の情報も!)

物件価値が下がった場合もCREAL10〜20%を補填してくれるためリスクも限定的。「将来を考えてまずは少額から投資に挑戦してみたい」そんな方におすすめです。

その他のほったらかし投資はこちら↓

【2019年版】ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA