財務分析とは

【企業の決算はいつ発表?】決算書の種類と提出期限から発表スケジュールを考えよう!

株価に甚大な影響を与える決算発表。

その重要性は周知の事実ではありますが、

決算発表スケジュールが分かりにくい』のが悩みのタネ。

 

本記事で紹介する決算発表に関するルールを学び、

自分でも決算のタイミングを予想できるようになりましょう!

【財務諸表まとめ】BS・PL・CFの読み方を分かりやすく解説 読めると企業を見る目が変わる財務諸表。 お好きな書類からどうぞ! ☑️貸借対照表(BS)Ǵ...

上場企業が発表する決算書の種類

上場企業が提出する決算書は2種類

  1. 四半期報告書
  2. 有価証券報告書

金融商品取引法によって上場会社が提出を義務付けられている書類は2つ。

事業年度の第1〜第3四半期の内容を報告する『四半期報告書』。

そして、年間の事業内容を報告する『有価証券報告書』です。

なおころ
なおころ
有価証券報告書は1年間のまとめ資料。ぼくの財務分析でもフル活用しています!
【株式銘柄の選び方】財務分析とマイルールを活用した有望株の見つけ方株式投資、後悔しない銘柄選びのためにマイルールをつくりましょう。ぼくは財務分析の結果だけを判断材料に売買する企業を決めています。...

四半期報告書の提出期限

  • 四半期報告書の提出期限は四半期末から45日以内

第1〜第3四半期がそれぞれ終了してから45日以内の提出が求められます。

例えば3月末決算の場合、第1四半期は4〜6月。

第1四半期報告書は8月中旬までに提出しなければなりません!

【株式投資のはじめ方】おすすめの証券会社から銘柄の選び方まで全体像を分かりやすく解説 株式投資を始めてから 株を買うまでの4ステップ🍏 ① 証券会社を選ぶ(口座を開設する) ② 投資先の企業を...

有価証券報告書の提出期限

  • 有価証券報告書の提出期限は期末から3ヶ月以内

事業年度が終了してから3ヶ月以内の提出が求められます!

例えば3月末決算の場合、有価証券報告書は6月末までの提出が義務付けられています。

なおころ
なおころ
日本は3月末決算の企業が多いため、多くの有価証券報告書は6月末に出そろいます!当然、株式市場への影響も大きいですよ。
【株式投資の分析手法一覧】財務分析はファンダメンタルズ分析の右腕株式投資で利益を出したいなら企業や市場の分析が欠かせません。効果的な手法を一覧化してご紹介!...

決算発表スケジュールの具体例

出典;EDINET キーエンス決算資料出典;EDINET キーエンス決算資料

日本ものづくり企業の代表格『キーエンス』を例に決算スケジュールを考えましょう!

キーエンス(3月末決算企業)の場合

  • 第1四半期(4〜6月)報告書:8月中旬まで
  • 第2四半期(7〜9月)報告書:11月中旬まで
  • 第3四半期(10〜12月)報告書:2月中旬まで
  • 有価証券報告書(通年):6月末まで

つまり、各企業の決算月(キーエンスなら3月)さえ分かれば決算スケジュールは予測できます!

決算月は四季報やバフェット・コードでさくっと調べられますよ!気になる企業は調べてみてはいかがでしょうか?

【ワンタップバイ銘柄】日本一給料が高い会社「キーエンス」を財務分析卓越した安全性、成長性、収益性と 割高な株価が共存する 注目銘柄を発掘しました! ワンタップバイ採用銘柄『キーエンス』...
バフェットコード | 投資家・就活生が活用すべき企業分析ツール企業の財務状況をさくっと分析してくれる『バフェット・コード 』をご紹介。投資家、就活生は特にフル活用しましょう!...

決算発表スケジュールまとめ

  • 決算書は企業の決算月を基準に提出期限が設定されている
  • 四半期報告書は各四半期終了後45日以内に提出
  • 有価証券報告書は事業年度終了後3ヶ月以内に提出
  • 企業の決算月さえ分かれば決算のタイミングは予測可能

企業の決算月も掲載している会社四季報は

楽天証券に口座を開設するだけで最新版が読み放題。

投資に活用されたい方は合わせてどうぞ!

>> 楽天証券公式サイトへ

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

楽天証券に口座を開くだけで日経新聞と四季報が無料で読める件楽天証券で口座を開設するだけで日経新聞と四季報が無料で読めますよ!投資家のあなたもビジネスマンの皆さまも年間6万円の出費を削減しましょう!...
【ワンタップバイ運用実績】10万円を元手にロボアドバイザーと資産運用バトル投資家とロボアドバイザー、果たしてどちらが優秀なのか?10万円を元手にした資産運用バトルの幕が上がります。...
\1円からはじめる資産運用/

人生100年時代はお金にも働いてもらいましょう!「資産運用に挑戦したい。」「まずは少額からスタートしたい。」そんな方には2019年1月にスタートした新サービス『Funds(ファンズ)』がおすすめ。

1円から上場企業の不動産に投資できるだけでなく、出資した後はほったらかしでOK。長期で堅実な資産運用にぴったりです!

気になる方はFundsの公式サイト、もしくはブログ内の関連記事も合わせてどうぞ。なおころも20万円ほど投資中です。

Funds(ファンズ)の
公式サイトはこちら

Fundsの関連記事まとめ