財務分析とは

【財務諸表まとめ】BS・PL・CFの読み方を分かりやすく解説

財務分析の根幹をなす財務諸表。

その読み解き方をさくっとまとめます。

なおころ
なおころ
実際の財務諸表はEDINETに集約されています!読み方を学んだ後は、気になる企業の書類をチェック!
【EDINETの使い方】財務分析初心者が習得すべき企業決算書の見つけ方EDINETの使い方について画像付きで分かりやすく解説します!...

なぜ財務諸表を読み解くのか?

株式分析の体系図株式分析の体系図

財務諸表を読み解く理由、結論から言えば『有望な企業を見極めるため』です。

財務諸表を含めた決算書は企業の通知表そのもの。

数字を読み解くこと、いわゆる財務分析によって

倒産しそうな企業や稼げていない企業を

見極められるようになります!そんな企業は避けて通りましょう!

なおころ
なおころ
ぼくは投資先企業の選定に活用しています!おかげさまで初年度は手元のお金を30%増やすことに成功!就職先選びにも使えますね!
【資産運用の実績一覧】取引銘柄・保有期間・損益を全公開!株式投資の運用実績 2017年 3月-12月 +89,000円 (年間利回り30%) ...

財務3表(BS・PL・CF)

財務3表(BA・PL・CF)財務3表(BA・PL・CF)

財務書評の中でも特に重要なのが財務3表

それぞれ貸借対照表(BS)、損益計算書(PL)、キャッシュフロー計算書(CF)です。

有望な企業を見極めることを目的に財務分析を実施する場合、財務3表さえ読めればオールオッケー!

貸借対照表:資金の調達先と資産状況がわかる

財務3表が1つ、貸借対照表を読めば

どこからお金を調達したのか、

そしてそのお金が現在どうなっているのか(現金のまま?商品になった?など)が分かります!

借金の割合もわかりますよ。企業の財務安全性を知りたいときに読むべき書類ですね!

【貸借対照表(バランスシート)とは?】資金の調達先と資金状況が丸わかり! 貸借対照表(バランスシート)まとめ 企業の資金調達先と資産状況をまとめた書類 企業の財務安全性を評価できる ...
【貸借対照表(BS)の項目】会社が倒産するのは流動負債を返済できなかった時 【貸借対照表(BS)さくっとまとめ💡】 ☑️財務諸表の1つ ☑&#...

損益計算書:売上・費用・利益がわかる

企業の売上、費用、利益を管理しているのが損益計算書

いわゆる『稼ぐ力』を測るにはもってこいの書類です。

利益率の計算も簡単にできますよ。収益力を調査したいときにどうぞ!

【損益計算書(PL)とは?】企業の稼ぐ力を知りたいときに読むべき書類 損益計算書(PL)まとめ 企業の売上、費用、利益をまとめた書類 企業の収益性(稼ぐ力)を評価できる ...
損益計算書の『5つの利益』を分かりやすく解説 | ポイントは営業利益と当期純利益 【損益計算書の5つの利益💡】 ❶ 売上総利益 = 売上高 - 売上原価 ❷ 営業利益 = 売上総利益 - 販...

キャッシュフロー計算書:現金の出入りがわかる

現金の出入りを管理するのがキャッシュフロー計算書。

1年間で借金をどれくらい返済したのか?

また、どれくらいのお金を投資に回したのか?などが一目でわかります。

現金の残高もわかるので、

将来的な投資余力も確認できますね。

【キャッシュフロー計算書(CF)とは?】現金の出入りを一括管理する書類 【キャッシュフロー計算書(Cash Flow Statement)とは?】 ☑️財務諸表の1つ ...
【キャッシュフロー計算書の8つのパターン】経営状況をざっくり診断しよう! 【キャッシュフロー計算書(CF)さくっとまとめ💡】 ☑️財務諸表の1つ ...

財務諸表まとめ

  • 財務諸表は有望な企業を見極めるために読む書類群
  • 読むべき書類は3点
    1. 貸借対照表
    2. 損益計算書
    3. キャッシュフロー計算書

ビジネスマンや特に投資家にとって

財務諸表を読むスキルは

パフォーマンスの向上に直結します。

この機会にさくっと読み方をマスターしてしまいましょう!

関連記事:財務諸表の読み方を分かりやすく解説 | まずは全体像を理解しよう!

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

財務諸表の読み方を分かりやすく解説 | まずは全体像を理解しよう! 財務諸表の読み方まとめ 財務諸表は財務分析をするための資料 財務諸表は財務3表(BS・PL・CF)+αで構成され...
【ワンタップバイ運用実績】10万円を元手にロボアドバイザーと資産運用バトル投資家とロボアドバイザー、果たしてどちらが優秀なのか?10万円を元手にした資産運用バトルの幕が上がります。...
\1万円からはじめる憧れの不動産投資/

1万円から不動産投資に挑戦できるCREAL(クリアル)』は年間利回り約4%!投資した後の物件管理や細かい手続きは必要なし。ほったらかしでOKです

投資先はプロが厳選した関東圏の不動産。公式サイトではどんな物件に投資できるのか画像や動画で確認できます!(メールアドレスを登録した会員限定の情報も!)

物件価値が下がった場合もCREAL10〜20%を補填してくれるためリスクも限定的。「将来を考えてまずは少額から投資に挑戦してみたい」そんな方におすすめです。

その他のほったらかし投資はこちら↓

【2019年版】ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA