CREAL

【CREAL(クリアル)】優良物件を見極める4つのポイント!

CREALの優良物件を見極める4つのポイント

  1. 想定利回りはどれくらい?
  2. 想定運用期間はどれくらい?
  3. 劣後出資の割合はどれくらい?
  4. 募集金額はどれくらい?

CREALで不動産投資を試みる投資家が、必ずチェックすべき物件情報をまとめてご紹介。

投資のリスクやリターンは、自分でコントロール出来るようになりましょう!

CREAL(クリアル)
無料登録はこちら

CREAL(クリアル)で1万円から不動産投資をはじめよう!不動産クラウドファンディング『CREAL(クリアル)』とは?概要や評判、デメリットなどをまとめてご紹介!...

CREAL優良物件を見極めるポイント4選

CREALの優良物件を見極める4つのポイント

  1. 想定利回りはどれくらい?
  2. 想定運用期間はどれくらい?
  3. 劣後出資の割合はどれくらい?
  4. 募集金額はどれくらい?

CREAL優良物件を見極めるポイント1. 利回り

出典:CREAL(クリアル)公式サイト 想定利回り出典:CREAL(クリアル)公式サイト 想定利回り

CREALの優良物件を選ぶポイント1:想定利回りはどれくらい?

まず気になるのが想定利回り。いわゆる『どれぐらいお金が増えるのか』を示した数字です。CREALの産物件は利回り4%〜4.5%の案件が多い様子。100万円が1年後に104万円まで増えるイメージです。

大手銀行の金利は一律で0.001%で考えると、4%は実に4,000倍のリターン!銀行に余剰資金を置いておくだけで莫大な機会損失が発生している仕組みです。

CREAL(クリアル)の
公式サイトはこちら

CREAL(クリアル)の評判・口コミは?投資家目線のメリット・デメリットまとめ不動産クラウドファンディング『CREAL(クリアル)』の評判や口コミは?Twitterからリアルな声を集めました。...

CREAL優良物件を見極めるポイント2. 運用期間

出典:CREAL(クリアル)公式サイト 想定運用期間出典:CREAL(クリアル)公式サイト 想定運用期間

CREALの優良物件を選ぶポイント2:想定運用期間はどれくらい?

利回りの次に注意したいのが『想定される運用期間』。言い換えれば『資金の拘束期間』ですね。

不動産クラウドファンディングに投資したお金は、原則的に運用が終了するまでは引き出すことができません。

運用期間が長くなるにつれて、自然災害などによる不動産価格の既存リスクや資金拘束期間が長くなるので注意が必要ですね。初心者の方は数ヶ月〜1年など、運用期間の比較的短い案件からの投資がおすすめです。

CREAL(クリアル)
物件一覧はこちら

【CREAL(クリアル)】手数料は?募集金額未達の場合は?よくある質問をまとめて解説!1万円から不動産投資に挑戦できる『CREAL(クリアル)』。手数料はかかる?口座開設に必要な書類は?よくある質問と回答をまとめてご紹介!...

CREAL優良物件を見極めるポイント3. 劣後出資の割合

出典:CREAL(クリアル)公式サイト 劣後出資の割合出典:CREAL(クリアル)公式サイト 劣後出資の割合

CREALの優良物件を選ぶポイント3:劣後出資の割合はどれくらい?

CREALの魅力の1つは優先/劣後出資の適用です!

マンションなどの不動産に投資する際は、CREALを運営するブリッジ・シー・キャピタルも劣後出資として一部のお金を負担(出資)します。仮に不動産価格が減少するなどの事態が発生したとしても、先に損失を被るのは劣後出資であるCREAL側。

そしてCREALが負担する資金を超えた分だけの損失が、優先出資者である我々投資家に降りかかるといった仕組みです。つまり、劣後出資の割合が大きいほど、投資家の資産が守られていると言えるでしょう。

なおころ
なおころ
基本的には劣後出資の割合は10%程度に設定されています。かつてのリーマンショック時にも不動産価格の減少率は10%であったことを考慮すると、十分すぎるほどのカバーですね!
CREAL(クリアル)は安全?運営会社ブリッジ・シー・キャピタルを財務分析1万円から不動産に投資できるCREAL(クリアル)の運営会社を財務分析!安全性や収益力を見極めます。...

CREAL優良物件を見極めるポイント4. 募集金額

出典:CREAL(クリアル)公式サイト 募集金額出典:CREAL(クリアル)公式サイト 募集金額

CREALの優良物件を選ぶポイント4:募集金額はどれくらい?

利回りも十分、運用期間も許容範囲。劣後出資の割合もまずまずとなれば、最後に注意したいのは各物件の募集金額。

その他の条件が一定であれば、もちろん募集金額が少ないほど競争率が高くなります。投資家達の需要は変わらず、少ない募集枠を奪い合うことになりますからね。

特に募集金額が2,000万円を割ってくると人気殺到でクリック合戦は必至。数分以内で募集完了といったことも決して珍しくはありません。

初心者の方は募集金額が大きい物件を狙う、もしくはオーナーズブックFunds(ファンズ)など同様のサービスも併用しつつ経験値を積みましょう!慣れてくるとクリック合戦も怖くはありません。

【オーナーズブック(OwnersBook)】ソーシャルレンディングで1万円から不動産投資!不動産特化のソーシャルレンディング『オーナーズブック』とは?特徴やデメリットをまとめて解説します!...
Funds(ファンズ)は1円からでOK!誰でもコツコツ資産運用1円からの資産運用を可能にする『Funds(ファンズ)』の特徴や気になる運営会社についての情報をまとめてご紹介!...

CREAL優良物件を見極めるポイントまとめ

CREALの優良物件を見極める4つのポイント

  1. 想定利回りはどれくらい?
  2. 想定運用期間はどれくらい?
  3. 劣後出資の割合はどれくらい?
  4. 募集金額はどれくらい?

利回り・運用期間・劣後出資の割合・募集金額は、物件を見極める上ではどれも決して見落とせないポイント。

すべてCREALの公式サイトに掲載されています。投資前にはぜひご確認を!

CREAL(クリアル)
ファンド一覧はこちら

 

資産運用初心者におすすめ!ほったらかし投資12選

「投資に挑戦してみたいけど…」

「出来ればほったらかしにしたい」

「出来れば小額から始めたい」

そんな初心者にぴったりの投資を厳選!

ほったらかし投資12選

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA