Funds

Funds(ファンズ)初の抽選方式採用ファンド「あんばい#2」の投資スケジュールを解説


なおころも投資中のFunds(ファンズ)から2019年7月の新規案件「リースバック事業あんばいファンド#2」が発表されました!本ファンドはFundsの第10号案件、ついに2桁突入です!

基本的なスキーム(ファンドの仕組み)や利回りなどは前回のあんばいファンド#1と大差ありませんが、申込システムに初めて抽選方式を採用したとあって注目が集まっています。

ただ、初めてとなる抽選方式を加えた申込はどのようなスケジュールで行われるのか?また本ファンドの投資対象としての魅力度はどの程度なのか?

気になるポイントをまとめてご紹介!

リースバック事業「あんばい」
ファンド#2のサマリー
おすすめ度(3.0)
資金使徒リースバック事業の物件取得
予定利回り(年)3.0%
運用期間11ヶ月
募集金額2億4,400万円
(うち1億円を抽選方式で募集)
抽選方式2019/07/04〜07/09
先着方式2019/07/12 19:00〜

Funds(ファンズ)の
ファンド一覧をチェック

なおころ
なおころ
ファンドを運営するのは東証1部上場、信頼性の高い株式会社インテリックス。ファンドに担保や保証は付いていませんが、頓挫してしまえば株価へのマイナス影響は避けられません。
よめころ
よめころ
インテリックス社は2018年5月時点で約52億円の現金を保有するなど、もしもの時の支払い能力は抜群です!
Fundsファンド運営企業インテリックス社の事業や財務状況を投資前にチェック! 5月24日付で株式会社Intellex Fundingと業務提携契約を締結し、株式会社インテリックス(東証一部上場)が手掛けるリース...

Funds(ファンズ)初の抽選方式採用ファンド「あんばい#2」の資金使途

出典:Funds(ファンズ)公式サイト 「あんばい」ファンド#2出典:Funds(ファンズ)公式サイト 「あんばい」ファンド#2

Funds(ファンズ)「あんばい」ファンド#2の資金使途

  • 資金使途:リースバック事業の不動産取得

Fundsを活用して調達した2.4億円は、株式会社インテリックスのリースバック事業「あんばい」の不動産取得に使用されます。

リースバックとは、老後のための資金などが必要な方向けに、インテリックス社がご自宅である不動産を買い取り、売り主はその不動産の借り主として、そのまま住み続けることができるサービスです。「あんばい」の詳しい仕組みについては、「あんばい」公式サイト内、特徴ページをご確認ください。-Funds公式サイト

リースバック事業を簡単にまとめると以下の通り。

リースバック事業「あんばい」まとめ

  • 戸建てなど不動産をインテリックスが一括買取
  • 売主は家賃を払うことで住み続けることが可能
  • 売主が退去後は物件をイノベーションして売却へ

インテリックス社の推進事業である安住売却、略して「あんばい」。

老後の生活資金を確保すべく不動産を売却したい、でもできれば住み慣れた家には住み続けたい」そんなニーズを捉えたサービスです。

売主が退去後、または契約期間終了後はインテリックス社の主力、リノベーション事業で物件に価値を付与。市場で販売し売却益を狙います。

なおころ
なおころ
中古不動産が再生されることで空き家問題の解消にもつながりそうですね!

実際のリノベーション物件の内装についてはFunds(ファンズ)の公式サイトが詳しいです。具体的なイメージが掴みたい方はご覧ください!

ポロン
ポロン
中古物件をリノベして売却する発想は不動産クラウドファンディングのFANTAS(ファンタス)に近いね。
なおころ
なおころ
ときどき募集される空き家再生ファンドは利回り8%の案件も。欠かさずチェックしています!
FANTAS fundingは空き家再生が主力の不動産投資クラウドファンディング社会問題となりつつある空き家問題の処方箋として期待の高まるFANTAS。2018年10月にスタートした不動産クラウドファンディングの特徴や登録方法をまとめてご紹介!...

Funds(ファンズ)初の抽選方式採用ファンド「あんばい#2」の投資材料

出典:Funds(ファンズ)公式サイト 「あんばい」ファンド#2出典:Funds(ファンズ)公式サイト 「あんばい」ファンド#2
リースバック事業「あんばい」ファンド#2
ファンド組成企業株式会社Intellex Funding
貸付先100%親会社の
株式会社インテリックス
ファンドテーマ不動産型
ファンドタイプ貸付
資金使徒不動産の取得
予定利回り(年)3.0%
運用期間11ヶ月
募集金額2億4,400万円
担保・保証なし
配当時期満期一括
最低投資金額1円
ファンド組成企業の
財務安全性
★★★★☆ (4/5)
本件特有のリスク不動産市況の悪化、地震などの自然災害、火災や事故などによる大幅な不動産評価額の減少を受けての元本額の欠損リスク
備考2万戸を超えるイノベーション実績あり
おすすめ度

ファンドの仕組みは第9号案件のあんばい#1と変わりません。一方で#1と比較すると予定利回りが0.5%低く、想定運用期間も2ヶ月ほど長いなど、投資対象としての魅力はわずかに劣ります。

ただ、後述する抽選方式の採用と過去最大2.4億円の募集金額が投資までのハードルをグッと引き下げていますね。

クリック競争(先着方式)に慣れ親しんだ熟練の投資家だけではなく、初心者にも十分な投資チャンスを提供したいFundsの心意気が感じられます。

Funds(ファンズ)の
ファンド一覧をチェック

なおころ
なおころ
ファンド情報の横断的な比較はFunds(ファンズ)のおすすめファンドはどれ?すべての過去案件を比較!をご覧ください。
Funds(ファンズ)のおすすめファンドはどれ?すべての過去案件を比較!Fund(ファンズ)のおすすめファンドはどれ?期待利回りや運用期間など、Fundsならではの傾向を把握し、新規で発表される案件の魅力度を自分でも分析できるようになりましょう!...

Funds(ファンズ)初の抽選方式採用ファンド「あんばい#2」の投資スケジュールと注意点

出典:Funds(ファンズ)公式サイト 「あんばい」ファンド#2出典:Funds(ファンズ)公式サイト 「あんばい」ファンド#2
リースバック事業「あんばい」
ファンド#2の投資スケジュール
申込方法申込期間募集金額
抽選方式2019/7/4 〜
2019/7/9 10:00
1億円
先着方式2019/7/12 19:00 〜
2019/7/22 12:00
1億4,400万円

本ファンドはFunds初となる抽選方式を採用!すっかり恒例となっていたクリック競争(先着方式)より一足先に公平な投資チャンスが与えられます。

その他、抽選方式の注意点を確認しておきましょう↓

Funds抽選方式に関する注意点まとめ

  • 投資申込金額はひとりあたり最大100万円
  • 申込後の金額の変更はできない
  • 抽選結果は7/9の12時にメールで通知
  • 抽選当選時の入金は7/12の15時まで
  • 抽選で落選した、抽選に申し込んでいない場合も先着方式(クリック競争)に参戦できる

今回は抽選方式と先着方式のハイブリッド型。抽選が先行して行われるため、投資チャンスが2回ある形です。

抽選で落選した場合もその後のクリック競争に参戦できるため、「投資したい」と検討中の方は抽選方式から参加しておく方が絶対にお得ですね。

業務や家事で先着方式への参加が難しい方は特に見過ごせません。この機会にぜひどうぞ!

Funds(ファンズ)の
公式サイトをチェック

なおころ
なおころ
最後に、初となる抽選方式を採用した本ファンドに対する投資家たちの声をご紹介!

Funds(ファンズ)初の抽選方式採用ファンドに対する投資家たちの声

なおころ
なおころ
抽選方式を歓迎する意見が圧倒的です。ひとりあたりの投資額は最大100万円の制限で抽選倍率が狙った数字にコントロール出来るかが気になりますね。
ポロン
ポロン
あまりに抽選倍率が高いと次回の投資上限額が変化するかも?

Funds(ファンズ)初の抽選方式採用ファンド「あんばい#2」の投資スケジュール解説まとめ

Funds(ファンズ)リースバック事業「あんばい」は投資すべき?ポイントを分かりやすく解説まとめFunds(ファンズ)リースバック事業「あんばい」は投資すべき?ポイントを分かりやすく解説まとめ
リースバック事業「あんばい」
ファンド#2のサマリー
おすすめ度(3.0)
資金使徒リースバック事業の物件取得
予定利回り(年)3.0%
運用期間11ヶ月
募集金額2億4,400万円
(うち1億円を抽選方式で募集)
抽選方式2019/07/04〜07/09
先着方式2019/07/12 19:00〜

抽選方式の採用と2億円を超える募集金額。間違いなくFunds史上最も「投資しやすい」ファンドです。

仕事や家事で思うようにクリック競争に参戦できない、そんな方はこの上ないチャンスですね。資産形成の第一歩にどうぞ!

Fundsで投資に登録する

 

\1万円からはじめる憧れの不動産投資/

1万円から不動産投資に挑戦できるCREAL(クリアル)』は年間利回り約4%!投資した後の物件管理や細かい手続きは必要なし。ほったらかしでOKです

投資先はプロが厳選した関東圏の不動産。公式サイトではどんな物件に投資できるのか画像や動画で確認できます!(メールアドレスを登録した会員限定の情報も!)

物件価値が下がった場合もCREAL10〜20%を補填してくれるためリスクも限定的。「将来を考えてまずは少額から投資に挑戦してみたい」そんな方におすすめです。


CREALの関連記事まとめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA