Funds

Fundsの次回ファンドは満額成立まで何秒?統計学で徹底分析!

クリック合戦が定常化、「なかなか投資できない」と大人気の『Funds(ファンズ)』。過去には1分以内に2,000万円強の案件が満額成立するなど驚異的なスピードを実現しました。

投資が普及するのは喜ばしい限りですが、特に初心者にとっては各ファンドが何秒〜何分で募集完了してしまうのか気になるところ。

そこで本記事では、統計学的なアプローチを元に、投資家の意思決定に最も大きく影響を与えている変数を分析することで次回以降の案件がおよそ何秒で満額成立するのか予測を試みます!

本記事の結論:Fundsの次回ファンドは満額成立するまで何秒?

Funds(ファンズ)の
公式サイトはこちら

Funds(ファンズ)は1円からでOK!誰でもコツコツ資産運用1円からの資産運用を可能にする『Funds(ファンズ)』の特徴や気になる運営会社についての情報をまとめてご紹介!...

Fundsの過去ファンドが満額成立するまでの所用時間一覧

なおころ
なおころ
まずは傾向を掴まなければ話になりません。Fundsのすべての過去案件について満額成立までの時間を確認しましょう!
No物件名募集金額満額成立まで誤差
1アイフルビジネス
ローンファンド#1
5,000万円15分7秒サンプル数
不足により
分析未実施
2大田区XEBECファンド#1 2,620万円54秒
3LENDYオンライン
レンディングファンド#1
 700万円31秒
4台東区XEBECファンド#12,135万円35秒
5台東区XEBECファンド#22,135万円36秒
No物件名募集金額満額成立まで誤差
6東京スカイツリー
リバーサイドファンド#1
1億円1分39秒サンプル数
不足により
分析未実施
7世田谷区MIJASファンド#17,920万円37秒293秒
8イントランスバケーションズ
京町家ファンド#1
3,000万円33秒41秒
9リースバック事業
「あんばい」ファンド#1
1億円2019年6月6日
募集スタート!

 

なおころ
なおころ
各ファンドの利回りや運用期間の詳細はFundsのおすすめファンドはどれ?すべての過去案件を比較!をどうぞ。
Funds(ファンズ)のおすすめファンドはどれ?すべての過去案件を比較!Fund(ファンズ)のおすすめファンドはどれ?期待利回りや運用期間など、Fundsならではの傾向を把握し、新規で発表される案件の魅力度を自分でも分析できるようになりましょう!...

Fundsの各ファンドが満額成立するまでの時間を分析

Fundsの各ファンドが満額成立するまでの時間を分析

  1. 単回帰分析:募集金額・予定利回り・予定運用期間をそれぞれ別に分析
  2. 重回帰分析:3つの変数を同時に分析

分析の手始めに、募集金額(いくらお金を集めるのか)、予定利回り(年間でどれくらいのリターンが望めるのか、そして予定運用期間(運用する期間はどれくらいか)の3つが満額成立までの所要時間に影響していると仮定して話を進めましょう!

Fundsの各ファンドが満額成立するまでの時間:単回帰分析

Fundsのファンドが満額成立までの時間:単回帰分析Fundsのファンドが満額成立までの時間:単回帰分析

Fundsの各ファンドについて単回帰分析 (サンプル数=6)

  1. 募集金額(万円):募集金額が多いほど満額成立まで時間がかかる
  2. 予定利回り(%):利回りが高いほど早く満額成立する
  3. 予定運用期間(ヶ月):期間が長いほど満額成立まで時間がかかる

まずは単回帰分析。こちらでは「各ファンドが満額成立するまでの所用時間に1つの変数しか影響していない」と強い仮定を置いた上で分析します。

現段階で対象にした変数は3つ。募集金額と予定利回り、そして予定運用期間です。結果としてはかなり予想に近い値が並びました。傾向としては以下の通りです。

 

  • 募集金額が多いほど満額成立まで時間がかかる
  • 予定利回りが高いほど早く満額成立する
  • 予定運用期間が長いほど満額成立まで時間がかかる

 

以上から、投資家達にとっては「利回りが高く運用期間が短い案件」、相対的にローリスクハイリターン案件にお金が集中しやすい傾向にあることがわかりました!

一見、当然の結果に見えますが、Funds(ファンズ)においても「賢明な投資家達がお金を出している」ことを確認できたとも言えるでしょう。

なおころ
なおころ
次章では募集金額・予定利回り・予定運用期間の中で、どの変数が最も重要視されているのか探ります!
Funds(ファンズ)の運用実績!投資した案件の損益を全公開1円から資産運用をスタートできると評判のFunds(ファンズ)。実際に投資をすることで、『本当にお金は増えるのか?』そして『どれくらいお金が増えるのか』が気になるところ。本記事では、ぼく自身の運用実績を随時更新していきます。投資の判断材料にどうぞ!...

Fundsの各ファンドが満額成立するまでの時間:重回帰分析

Fundsのファンドが満額成立までの時間:重回帰分析 変数が増えると2次元のグラフでは描写不可のため分析結果の数字で解説Fundsのファンドが満額成立までの時間:重回帰分析 変数が増えると2次元のグラフでは描写不可のため分析結果の数字で解説

Fundsの各ファンドについて重回帰分析 (サンプル数=6)

  • 満額成立までの時間(秒) = 2221秒
    – 0.06 × 募集金額(万円)
    – 332 × 予定利回り(%)
    – 38 × 予定運用期間 (ヶ月)

重回帰分析は「2つの案件を比較した際に、他の変数(例えば募集金額)が同じ値であった場合、対象の変数(例えば予定利回り)がどれくらい結果(満額成立までの時間)に影響を与えているか」を把握するための手法です。こちらはなかなか面白い結果が出ました。

3つの変数の前に出てくる値、これこそが各変数が「満額成立までの時間」に与える影響の大きさです。

例えば予定利回りはマイナス332と飛び抜けて大きいですね!仮に利回りが1%高くなると満額成立までの時間が5分32秒短縮されることがわかります。

一方、募集金額と予定運用期間については単回帰分析とは逆の結果が出ました。

募集金額についてはサンプル不足が影響しているかもしれませんが、予定運用期間については「予定運用期間が長い方を好む投資家が多い」といった可能性も捨て切れません。

できれば長期間ほったらかしで運用してほしいといったニーズも考えられなくはないからです。

なおころ
なおころ
利回りについては統計的にも有意性が確認できました!やはり予定利回りを最重要視する投資家が多いのでしょう。
【2019年版】ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!消耗せずに資産を増やそう株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...

Fundsの次回案件は満額成立するまで何秒か予想してみよう!

Funds世田谷区案件の予想はマイナス256秒!

Funds世田谷区案件の予想はマイナス256秒!Funds世田谷区案件の予想はマイナス256秒!
ファンド名世田谷区MIJASファンド#1
重回帰式
(サンプル数6)
満額成立までの時間(秒)
= 2221秒 -0.06 × 募集金額 -332 × 予定利回り -38 × 予定運用期間
募集開始2019年4月3日(水) 18時
募集金額7,920万円
予定利回り5.0%
予定運用期間9ヶ月
満額成立までの
時間予想
マイナス256秒
満額成立までの
必要時間
37秒
誤差293秒

上記で算出した式に当てはめると、世田谷区MIJASファンド#1は「1秒もかからず満額成立する」といった無茶な推論が出てきました。笑

これには2つの理由があるでしょう。1つはやはりサンプル数が不足していること。Fundsの過去案件をすべて扱っているものの、その数は「6」と統計的には物足りなさがあります。

もう1つは世田谷区MIJASファンド#1が非常に優れたファンドであること。5%の予定利回りは2ヶ月ぶりのハイリターンです。仮に予定利回りが4.0%の場合は満額成立まで75秒を要する結果になるため、投資家の意思決定に対して利回りがいかに大きく作用するかを再確認できました。

なおころ
なおころ
本件はぼくも投資を狙います。Fundsへの登録がまだの方はお早めにどうぞ!
Funds世田谷区MIJASファンド#1の投資先は2019年4月竣工の新築物件!Funds(ファンズ)が新規ファンドを発表!期待利回りは5%、運用期間も9ヶ月と好材料がずらり。8,000万円弱と中規模ではありますがクリック合戦は避けられません。参戦される方は入念な準備をお願いいたします!...

Funds京町家ファンドの予想は74秒!

Funds京町家ファンドの予想はマイナス74秒!Funds京町家ファンドの予想はマイナス74秒!
ファンド名世田谷区MIJASファンド#1
重回帰式
(サンプル数7)
満額成立までの時間(秒)
= 2059秒 -0.03 × 募集金額 -293 × 予定利回り -48 × 予定運用期間
募集開始2019年5月9日(木) 18時
募集金額3,000万円
予定利回り4.5%
予定運用期間12ヶ月
満額成立までの
時間予想
74秒
満額成立までの
必要時間
33秒
誤差41秒

サンプル数を1つ増やしてもう一度重回帰分析を実施。次回案件である京町家ファンドの満額成立までの時間を予想してみました。

結果は74秒とそれらしい数字が出力されましたね。しかし、前回の世田谷区MIJASファンド#1は募集額が7,920万円でありながら37秒で成立したことを踏まえると、本件も1分かからず終了してしまう可能性が濃厚です。

こればかりはサンプル数を増やしつつ精度を上げていきましょう。次回の京町家ファンドは5/9募集開始。投資家登録が完了していない方はお早めにどうぞ!

Funds(ファンズ)に
無料登録しておく

Funds初の古民家物件!イントランスバケーションズ京町家ファンド#1の投資対象としての魅力を分析!Funds(ファンズ)が2019年GW明けに新規ファンドの募集を発表!投資先は初となる古民家物件です。利回りや運用期間などを材料に投資対象としての魅力度を分析してみましょう!...

Fundsあんばいファンドの予想は306秒!

Funds(ファンズ)リースバック事業「あんばい」ファンド#1Funds(ファンズ)リースバック事業「あんばい」ファンド#1
ファンド名リースバック事業「あんばい」ファンド#1
重回帰式
(サンプル数8)
満額成立までの時間(秒)
= 2076秒 -0.03 × 募集金額 -294 × 予定利回り -49 × 予定運用期間
募集開始2019年6月6日(木) 18時
募集金額1億円
予定利回り3.5%
予定運用期間9ヶ月
満額成立までの
時間予想
306秒
満額成立までの
必要時間
誤差

サンプル数をさらに追加。2019年6月6日募集開始のリースバック事業「あんばい」ファンドに関する予想をしてみましょう。

運用期間は9ヶ月で平均的。予定利回りは3.5%と少し低め。算出された満額成立時間は306秒です!募集1億円に対して約5分といい数字が出てきましたね。

前回の京町家ファンドが33秒で終了したことを踏まえると初心者でも投資チャンスは十分アリ。

18時ぴったりから開催される「クリック合戦」に参戦される方は、1分前にはPC前で準備しておきましょう!健闘を祈ります。

無料でFundsに登録する >>

Funds(ファンズ)リースバック事業「あんばい」は投資すべき?ポイントを分かりやすく解説! Fundsから6月案件がやってきました🎉 ☑️募集期間:2019/6/6 18:00〜...

Fundsの次回ファンドは満額成立するまで何秒?まとめ

Fundsの次回ファンドが満額成立するまで何秒?まとめFundsの次回ファンドが満額成立するまで何秒?まとめ

Fundsの次回ファンドが満額成立するまで何秒?まとめ

現段階で言えるのは「投資家は予定利回りをかなり重要視している」こと、そして「サンプル数が少ないため追加調査が必要である」の2点ですね。その他、担保のあり/なしを変数に加えるなど分析手法自体のレベルアップも考えられます!

サンプル数が10、20、100と増えていくにつれて満額成立までの時間をピタリと当てたいですね。Fundsの豊富な開示情報のおかげでまだまだ分析できそうです。

Funds(ファンズ)の
ファンド一覧はこちら

 

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

【2019年版】ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!消耗せずに資産を増やそう株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...
\1円からはじめる資産運用/

人生100年時代はお金にも働いてもらいましょう!「資産運用に挑戦したい。」「まずは少額からスタートしたい。」そんな方には2019年1月にスタートした新サービス『Funds(ファンズ)』がおすすめ。

1円から上場企業の不動産に投資できるだけでなく、出資した後はほったらかしでOK。長期で堅実な資産運用にぴったりです!

気になる方はFundsの公式サイト、もしくはブログ内の関連記事も合わせてどうぞ。なおころも20万円ほど投資中です。

Funds(ファンズ)の
公式サイトはこちら

Fundsの関連記事まとめ