LINEスマート投資

LINEスマート投資テーマ『ようこそ日本へ』は投資対象?構成銘柄を財務分析

本記事の結論:テーマ『ようこそ日本へ』はまずまずの投資対象である

  • 構成銘柄10社の平均点は65点
  • 財務の安全性・事業の成長力・収益性が高い
  • 株価の割高感が少し強い


1万円から投資できるミニテーマに抜擢された投資テーマ『ようこそ日本へ』。構成銘柄10社を財務分析、投資すべきテーマかどうか調査してみましょう!

FOLIO(LINEスマート投資)
公式サイトはこちら

なおころ
なおころ
LINEスマート投資はFOLIOからの登録がおすすめ。詳しくはLINEスマート投資のはじめ方をどうぞ!
【LINEスマート投資のはじめ方】口座開設ステップを画像付で解説LINEスマート投資のはじめ方を画像付きで分かりやすく解説。所要時間は5分程度、さくっと手続きを完了させましょう!...

LINEスマート投資のテーマ『ようこそ日本へ』とは

出典:FOLIO公式サイト ようこそ日本へ出典:FOLIO公式サイト ようこそ日本へ

LINEスマート投資のテーマ『ようこそ日本へ』とは

  • 外国人旅行者の消費に着目したテーマ
  • 2020年には東京オリンピック効果も合わせて消費額8兆円を見込む
  • 訪日外国人旅行者に関連した10銘柄で構成

『爆買い』のキーワードで一気に注目度を上げた外国人旅行者の圧倒的消費パワー。その消費額や外国人旅行者の数は右肩上がり、2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでは上昇の一途が予想されます。

なおころ
なおころ
観光先進国としてブランドを構築中の日本政府、こちらからの手厚いバックアップも期待できますね。

本テーマ『ようこそ日本へ』は日本の観光産業を支える外国人旅行者に関連した10社で構成されています。次章では、構成銘柄をまとめてご紹介!

LINE(ライン)スマート投資の評判は?リアルな口コミやメリットをTwitterから収集LINEの新サービス『スマート投資』の評判は?Twitterからリアルな口コミを集めてみました。...

LINEスマート投資のテーマ『ようこそ日本へ』銘柄一覧

テーマ『ようこそ日本へ』銘柄一覧 (財務分析結果)

  1. 京成電鉄(-)
  2. オリエンタルランド(64)
  3. 小林製薬(73)
  4. J.フロントリテイリング(52)
  5. ビッグカメラ(59)
  6. パン・パシフィック・インターナ(60)
  7. 参天製薬(-)
  8. ピジョン(77)
  9. 阪急阪神ホールディングス(-)
  10. ポーラ・オルビスホールディングス(73)

※決算形式が異なるため対象外

財務分析Excelシートを使って各企業を100点満点で採点したところ、10社の平均値は65点!他のテーマと比較すると平均値をやや下回る位置ですね。

次節以降では構成銘柄10社の中から上位3社(ピジョン・小林製薬・ポーラ)の分析内容を詳しく見ていきましょう。

【バフェットコード連携】財務分析ExcelシートVer.4リリース!投資家の皆さまこんにちは、なおころ(@Naokoro_)です。 ご好評いただいております財務分析Excelシート、第4弾をリリース...

LINEスマート投資テーマ『ようこそ日本へ』1. ピジョン

ピジョンの財務分析ピジョンの財務分析

あせもや肌荒れを防ぐスキンケア商品「薬用ローション」が訪日外国人に大人気。インバウンド事業が絶好調の『ピジョン』がランキングトップの77点をマークしました。

財務の安全性・成長性・収益性には文句のつけようもありません。一方、市場ではすでに高く評価されているため株価は割高感が強い結果に。

通常の証券会社を通して購入する際、最低購入金額は40万円超。LINEスマート投資(FOLIO)なら他の銘柄と合わせて10万円前後から売買できるのでお得ですね。

【LINEスマート投資のはじめ方】口座開設ステップを画像付で解説LINEスマート投資のはじめ方を画像付きで分かりやすく解説。所要時間は5分程度、さくっと手続きを完了させましょう!...

LINEスマート投資テーマ『ようこそ日本へ』2. 小林製薬

小林製薬の財務分析小林製薬の財務分析

見事第2位にランクインを果たしたのは、製薬大手の『小林製薬』。かつて中国の大手ポータルサイトで「熱さまシート」が神薬として紹介され爆買い現象につながりました。

1位のピジョンには若干劣るものの、全体的に高水準な経営状況。しかし、株価の割高感は見過ごせません。まだ市場が目をつけていない割安銘柄を発掘したい方はLINEスマート投資(FOLIO)のおすすめテーマ一覧記事も合わせてどうぞ!

【LINEスマート投資】おすすめテーマはどれ?構成銘柄を財務分析80以上の『テーマ』に投資できるLINEスマート投資。企業分析結果から、投資すべきテーマを探りましょう!...

LINEスマート投資テーマ『ようこそ日本へ』3. ポーラ・オルビスホールディングス

ポーラ・オルビスホールディングスの財務分析ポーラ・オルビスホールディングスの財務分析

言わずと知れた化粧品大手の『ポーラ・オルビスホールディングス』が同点2位にランクイン!シワ改善のアイテムが人気を博し、中国における認知度も上昇中です。

やはり、上記2社と同じ傾向。財務の安全性・成長性・収益性が高く、株価の割高感が強い。企業の本質的な稼ぐ力を示すROICも3年平均で2桁をキープするなど絶好調。キャッシュも潤沢にありますので更なる攻めの設備投資をお願いいたします。

【財務指標】ROICとは?定義や目安を分かりやすく解説!財務指標がひとつ『ROIC』を分かりやすく解説します!定義や目安をさくっと理解しましょう!...

投資テーマ『ようこそ日本へ』構成銘柄の平均点

総合点65点
安全性18点
成長性18点
収益性17点
割安性12点
CCC81日

総合点は65点!なおころ一押しのテーマ『もしバフェットが日本株を買ったら』には及びませんが、まずまず投資対象と言えるでしょう。

全体的に財務の安全性・事業の成長力・収益性の高い銘柄がずらり。株価の割高感が多少強いですが、配当狙いで東京オリンピックまでの保有ならなかなか美味しいかもしれません。

なおころ
なおころ
記事内に気になる財務指標があった方はまとめ記事も合わせてどうぞ↓
【財務指標一覧】企業分析者が絶対に押さえておきたい数字まとめ企業分析でチェックしておきたい財務指標を一覧化。投資家、就活生には特におすすめです。...

LINEスマート投資のテーマ『ようこそ日本へ』まとめ

本記事の結論:テーマ『ようこそ日本へ』はまずまずの投資対象である

  • 構成銘柄10社の平均点は65点
  • 財務の安全性・事業の成長力・収益性が高い
  • 株価の割高感が少し強い

分析結果はまずまず良好です。テーマ『ようこそ日本へ』はミニテーマにも採用されているため、2019年6月5日までは1万円からの投資が可能。

『まずは少額で』といった初心者の方はこの機会にどうぞ!

\提携サービスFOLIOからの登録がお手軽!/

FOLIO(フォリオ)の
公式サイトはこちら

 

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

\1万円からはじめる憧れの不動産投資/

1万円から不動産投資に挑戦できるCREAL(クリアル)』は年間利回り約4%!投資した後の物件管理や細かい手続きは必要なし。ほったらかしでOKです

投資先はプロが厳選した関東圏の不動産。公式サイトではどんな物件に投資できるのか画像や動画で確認できます!(メールアドレスを登録した会員限定の情報も!)

物件価値が下がった場合もCREAL10〜20%を補填してくれるためリスクも限定的。「将来を考えてまずは少額から投資に挑戦してみたい」そんな方におすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA