オーナーズブック

【オーナーズブック】貸付型とエクイティ型の違いを分かりやすく解説

不動産クラウドファンディングにおける2つの案件タイプ。

貸付型』と『エクイティ型』。

それぞれの案件にはどのような違いがあり、どちらの方がリスクやリターンが大きいのでしょうか?気になったので調査しました。

オーナーズブック(OwnersBook)の案件タイプ

  • 貸付型とエクイティ型の2種類
  • 貸付型:投資家から集めた資金を企業に対して不動産を担保に融資
  • エクイティ型;不動産を購入して家賃収入などを得る権利を取得
  • エクイティ型がよりハイリスクハイリターン
なおころ
なおころ
クラウドファンディングの種類を先に理解しておくと理解が深まります。
【ソシャレン】クラウドファンディングの種類を分かりやすく解説!最近話題の『クラウドファンディング』と『ソーシャルレンディング』とは?定義や違いをまるっとまとめました。...

【オーナーズブック】2種類の案件 | 貸付型とエクイティ型

オーナーズブック(OwnersBook)の2つの案件タイプ

  1. 貸付型:投資家から集めた資金を企業に対して不動産を担保に融資
  2. エクイティ型;不動産を購入して家賃収入などを得る権利を取得

オーナーズブックの貸付型案件

出典:オーナーズブック(OwnersBook)公式サイト 貸付型案件出典:オーナーズブック(OwnersBook)公式サイト 貸付型案件

オーナーズブック(OwnersBook)の貸付型案件

オーナーズブック(OwnersBook)のほとんどの案件は貸付型。投資家から集めたお金を不動産を担保に融資することで利息を狙う投資商品です。

投資前に注意すべきなのは『貸したお金がしっかり返って来るのか?』。オーナーズブック(OwnersBook)に関して言えば、執筆時点で貸し倒れ件数はゼロ。貸出先企業をしっかり精査していることが分かります。

オーナーズブックの
公式サイトはこちら

【オーナーズブック】シニアローンとメザニンローンの違いとは?不動産に出資する際の重要ポイント。シニアローンとメザニンローンの違いを分かりやすく解説します。...

オーナーズブックのエクイティ型案件

出典:オーナーズブック(OwnersBook)公式サイト エクイティ型案件出典:オーナーズブック(OwnersBook)公式サイト エクイティ型案件

オーナーズブック(OwnersBook)のエクイティ型案件

  • 集めたお金を使って不動産信託受益権(賃料収入などを配当として受け取る権利)を取得
  • 不動産自体を売買するのではなく、不動産から生まれる「信託受益権」を取得とも言える
  • 投資家は賃料収入や信託受益権の売却益を配当として受け取る

オーナーズブック(OwnersBook)が2018年から取扱いをスタートしたエクイティ型案件。

投資家への配当の原資は賃料収入や信託受益権。つまり、期待リターンは物件の稼働率(誰も入居していない期間が短いほど高い)や不動産価格に大きく影響を受けることになります。

当然、利息で安定的なリターンが期待できる貸付型よりもリスクが高く、同時にリターンも大きいのが特徴的です。

オーナーズブック(OwnersBook)公式サイトの案件一覧を眺めたところ、90%以上の案件が貸付型。エクイティ型の普及はこれからの課題と言えるでしょう。

オーナーズブックの
公式サイトはこちら

なおころ
なおころ
物件情報を確認したところ、エクイティ型案件は貸付型よりも1〜2%ほど利回りが高め。リスクとリターンは比例しますね。

【オーナーズブック】貸付型とエクイティ型の違い

貸付型エクイティ型
集めたお金の使い方不動産を担保にとっての融資不動産信託受益権の取得
投資家のリターン融資に対する利息と元本物件の賃料収入や権利の売却益
一言で言えば不動産を担保にお金を貸すための出資不動産を購入するための出資
リスクとリターン

不動産価格や市況に影響を受けやすいエクイティ型はリスクが高くリターンも高い。

貸付型で経験値を積んだ投資家が次に探す『少し利回りの高い投資先』と言えるでしょう。

一方、はじめての不動産投資なら貸付型の方がリスクが低くておすすめです。

オーナーズブックの
案件情報をチェック

【オーナーズブック】貸付型とエクイティ型の違いまとめ

オーナーズブック(OwnersBook)の案件タイプ

  • 貸付型とエクイティ型の2種類
  • 貸付型:投資家から集めた資金を企業に対して不動産を担保に融資
  • エクイティ型;不動産を購入して家賃収入などを得る権利を取得
  • エクイティ型がよりハイリスクハイリターン

オーナーズブック(OwnersBook)での投資が初めての方は貸付型からはじめるのがおすすめです。

オーナーズブックの
公式サイトはこちら

 

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

\1万円からはじめる憧れの不動産投資/

1万円から不動産投資に挑戦できるCREAL(クリアル)』は年間利回り約4%!投資した後の物件管理や細かい手続きは必要なし。ほったらかしでOKです

投資先はプロが厳選した関東圏の不動産。公式サイトではどんな物件に投資できるのか画像や動画で確認できます!(メールアドレスを登録した会員限定の情報も!)

物件価値が下がった場合もCREAL10〜20%を補填してくれるためリスクも限定的。「将来を考えてまずは少額から投資に挑戦してみたい」そんな方におすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA