おすすめツール

finvizの使い方を分かりやすく解説 | 米国株スクリーニングサイト

米国株を攻略する上でめちゃくちゃ有用なサイト「finviz」をさくっとご紹介!

投資家の皆さまこんにちは、なおころ(@Naokoro_)です。

米国株式の銘柄スクリーニング方法を模索した結果、finvizという素晴らしき無料サイトに辿り着きました!

英語が苦手な方もご安心ください。

finvizの使い方を分かりやすく紹介していきます!

なおころ
なおころ
finvizみたいな便利サイトが無料で転がってるからインターネットは恐ろしい…
【ワンタップバイ】米国株のチャートをまとめてご紹介!米国株の財務分析で大車輪の活躍を見せるfinvizをフル活用。 ワンタップバイで売買できる米国株30社のチャートをまとめてご紹介!...

finvizの使い方まとめ

まずはざっくりfinvizの使い方のプロセスをまとめます。順番に解説していきますよ!

finvizの使い方 米国株編

  1. finvizにアクセス
  2. メニューバーの「Screener」をクリック
  3. 「Descriptive」タグをクリック、Countryで「USA」を選択
  4. 「Fundamental」タグをグリック、財務指標を設定

finvizの使い方①finvizにアクセス

出典:finviz出典:finviz

まずはfinvizのサイトにアクセス。英語の文字列に目眩がするかもしれませんが、ぐっとこらえて次のステップに進みましょう!

なおころ
なおころ
英語を読む必要はありません。さっさと次に進みましょう!

finvizの使い方②Screenerをクリック

出典:finviz Screener出典:finviz Screener

画面上部にあるメニューバーの中から「Screener」タブをクリック。スクリーニング専用画面に遷移します。

なおころ
なおころ
いよいよスクリーニングが始まります!

finvizの使い方③ DescriptiveでUSAを選択

出典:finviz Descriptive出典:finviz Descriptive

Descriptive(株価や業界などを設定する画面)タグをクリックし、Countryで「USA」を選択しましょう。これで米国株を対象にスクリーニングをかけることができますよ!

ちなみにfinviz、米国株だけでなく日本株やその他世界中の株を対象にできますが、手を広げすぎて焦る自分が見えているので、まずは米国株だけに焦点を当てたいと思います。

なおころ
なおころ
慣れている方は中国株あたりを探ってみるのも面白いでしょう!

finvizの使い方④Fundamentalで財務指標を選択

出典:finviz Fundamental出典:finviz Fundamental

Fundamentalタグを選択すれば目の前には30弱の財務指標が目に飛び込んできます。ここから自分のお気に入りの財務指標を選択していけばスクリーニング完了。

ひとつ指標を設定するたびにスクリーニング結果が出力されるので、残り企業数を意識しつつスクリーニング条件をどんどん厳しくしていくのがおすすめです。

なおころ
なおころ
最後に、ぼくの設定例を紹介します!
出典:finviz 設定例出典:finviz 設定例

finviz財務指標の設定例

  1. PER:30倍以下
  2. PBR:10倍以下
  3. EPS今年度成長率:5%以上
  4. 過去5年間のEPS成長率:5%以上
  5. 売上高今年度成長率:5%以上
  6. ROE:20%以上
  7. 流動比率:100%以上
  8. 営業利益率:15%以上

スクリーニング結果は43件。中にはFacebook(FB)やEvernote(EVR)など知名度の高い企業が盛り込まれていますね。

ここまでくれば個別銘柄の財務分析をするだけ。

財務分析Excelシートを使って、有望銘柄を発掘していきます!

【財務指標一覧】企業分析者が絶対に押さえておきたい数字まとめ企業分析でチェックしておきたい財務指標を一覧化。投資家、就活生には特におすすめです。...

finvizの使い方おまけ:株価情報もゲット!

出典:finbiz 銘柄情報出典:finbiz 銘柄情報

例えばスクリーニング結果からFacebook(FB)を選択すると画像のような銘柄詳細ページにも着地できます。

財務指標だけでなく、株価の推移や移動平均線などの情報もばっちりゲットできるので、企業情報をざっくり知りたいときにも便利でしょう!

【比較】米国会社四季報と日本会社四季報の特徴と違いまとめ投資家のバイブルと名高い四季報。米国版と日本版の特徴と違いをざっくりまとめました。...

finvizの使い方まとめ

finvizの使い方 米国株編

  1. finvizにアクセス
  2. メニューバーの「Screener」をクリック
  3. 「Descriptive」タグをクリック、Countryで「USA」を選択
  4. 「Fundamental」タグをグリック、財務指標を設定

finvizのおかげで米国株のスクリーニングもスムーズに進められそうです。

日本株はFISCOアプリ、米国株はfinviz。2枚看板で株式投資を攻略しましょう!

 

関連記事:ワンタップバイおすすめ銘柄 米国株3選【2018年版】

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

ワンタップバイおすすめ銘柄 米国株3選【2018年版】ワンタップバイで買える米国銘柄30から財務分析に基づいたおすすめ銘柄3社をご紹介。アップルやスターバックスなど日本でも人気の企業が並びました。...
\1円からはじめる資産運用/

人生100年時代はお金にも働いてもらいましょう!「資産運用に挑戦したい。」「まずは少額からスタートしたい。」そんな方には2019年1月にスタートした新サービス『Funds(ファンズ)』がおすすめ。

1円から上場企業の不動産に投資できるだけでなく、出資した後はほったらかしでOK。長期で堅実な資産運用にぴったりです!

気になる方はFundsの公式サイト、もしくはブログ内の関連記事も合わせてどうぞ。なおころも20万円ほど投資中です。

Funds(ファンズ)の
公式サイトはこちら

Fundsの関連記事まとめ