財務指標

【財務指標】PBR(株価純資産倍率)とは?定義や目安をわかりやすく解説

企業の純資産から株価の割安感を評価する財務指標『PBR』をさくっと解説。

PERと並んで知名度の高いPBR、この機会にマスターして財務分析に活用しましょう!

なおころ
なおころ
バフェットコードを使えばすぐに計算できますよ!
バフェットコード | 投資家・就活生が活用すべき企業分析ツール企業の財務状況をさくっと分析してくれる『バフェット・コード 』をご紹介。投資家、就活生は特にフル活用しましょう!...

【財務指標】PBR(株価純資産倍率)の定義

【財務指標】PBR(株価純資産倍率)の定義【財務指標】PBR(株価純資産倍率)の定義

PBRとは

なおころ
なおころ
計算に必要な情報はバフェットコードに全てまとまっているため、実際に計算する際はご活用ください!

PBRとは要するに『同じ純資産の企業が2つ並んだときにどっちが割安か』を評価する指標ですね。株価の割安性を純資産と言うものさしを使って評価しているだけ。かんたんです。

また、時価総額 = 株価 × 発行済株式数であるため、

純資産が同額の場合、発行済株式数と株価を比較することで割安感を評価できますよ。

なおころ
なおころ
次章ではPBRを算出する、もうひとつの定義をご紹介!
バフェットコードのCSVダウンロード機能を活用して効率的な企業分析を!バフェットコードから企業の業績をCSVでダウンロード。誰でも1分以内に財務分析ができるExcelを無料で配布中!...

【財務指標】PBR(株価純資産倍率)とBPS

PERはBPSという概念を使って計算することも可能です。

BPSとは

  • 日本語では1株あたり純資産
  • BPS = 純資産 ÷ 発行済株式数
  • PBR = 時価総額 ÷ 純資産
  • PBR = 株価 ÷ BPS

BPSとはある時点の純資産を企業の発行済株式数で割った『1株あたり純資産』。

PBRの式に当てはめて、時価総額と純資産をそれぞれ発行済株式数で割ると

PBR = 株価 ÷ BPS』が出てきますね。

つまり、PBRとは『今の株価が、1株あたり純資産の何倍か?』を示している指標でもあります。

純資産とBPS、どちらで計算しても結果は同じ。ピンときた方法で算出すればOKです!

なおころ
なおころ
理解しやすいのはBPSを使った計算。実際に算出しやすいのは純資産を使った計算かな。

【財務指標】PBR(株価純資産倍率)の目安

  • PBRの目安は1倍

業界に左右されずPBRの目安は1倍を超えるかどうか。

PBR=1倍ということは、

企業の持つ1株あたり純資産と現在の株価がイコールである状態。

 

言い換えると、PBRが1倍を下回るとは

企業の時価総額が純資産以下でしか評価されていない、

つまり、理論上では『そんな会社はすぐに営業停止をして解散した方がいいよ』と言われているようなもの。

よって『PBR1倍以下』は

それだけでかなりの割安感が漂います。

なおころ
なおころ
とはいえPBRが1倍を下回る企業もちらほら。PSRなど他の指標と合わせて多角的に評価しましょう!
【財務指標】PSR(株価売上高倍率)とは?定義や目安を分かりやすく解説財務指標『PSR(株価売上高倍率)』を分かりやすく解説します!定義や目安、計算例をまとめてご紹介。...

【財務指標】PBR(株価純資産倍率)を低くする方法

  1. 分子の時価総額を減らす
  2. 分母の純資産を増やす

PBRが低ければ低いほど株価は割安感を増していきます。

一番に考えるべきは純資産の増加。

増資など余剰資金を使う方法も考えられますが、

継続的な改善を狙うなら

売上高の増加と費用削減の両車輪で

手元に残る利益を増やす施策が必要でしょう。

 

一方で分子の時価総額を小さくする考え方。

時価総額 = 株価 × 発行済株式数なので、

有効なのは発行済株式数の削減でしょう。

ただ、余剰資金を使っての自己株式の消却(企業が自社の株を買うこと)は純資産も減少してしまうため効果は限定的です。

なおころ
なおころ
株価は企業が完全にコントロールできる変数ではないため対象外ですね。
【バフェットコード連携】財務分析ExcelシートVer.4リリース!投資家の皆さまこんにちは、なおころ(@Naokoro_)です。 ご好評いただいております財務分析Excelシート、第4弾をリリース...

【財務指標】PBR(株価純資産倍率)まとめ

PBRとは

  • 日本語では株価純資産倍率
  • PBR = 時価総額 ÷ 純資産
  • 目安は1倍
  • 純資産の増加によるPBRの低下が望ましい

PERと並んで割安性を評価する王道指標。

1倍を目安に、気になる企業のPBRを計算してみましょう。

 

財務分析を活用して投資に挑戦してみたい方には『株式投資の教科書』がおすすめ。

他の財務指標の解説やチャートの分析方法など株式投資に必要な知識を詰め込んでいます。合わせてどうぞ!

関連記事;株式投資の教科書 〜企業分析からチャートの読み方までまるっとマスター!〜

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

【財務指標】株価の割安性分析で見るべき5つのポイント!株価の割安性を評価する財務指標情報をまとめ。PERやPCFRなど分かりやすく解説します!...
【財務指標一覧】企業分析者が絶対に押さえておきたい数字まとめ企業分析でチェックしておきたい財務指標を一覧化。投資家、就活生には特におすすめです。...
\1円からはじめる資産運用/