財務指標

【財務指標】PER(株価収益率)とは?定義や目安をわかりやすく解説

企業の当期純利益から株価の割安感を評価する財務指標『PER』をさくっと解説。

割安性指標の王道と名高いPER、この機会にマスターしてしまいましょう!

なおころ
なおころ
バフェットコードを使えばすぐに計算できますよ!
バフェットコード | 投資家・就活生が活用すべき企業分析ツール企業の財務状況をさくっと分析してくれる『バフェット・コード 』をご紹介。投資家、就活生は特にフル活用しましょう!...

【財務指標】PER(株価収益率)の定義

【財務指標】PER(株価収益率)の定義【財務指標】PER(株価収益率)の定義

PERとは

  • 日本語では株価収益率
  • PER = 時価総額 ÷ 当期純利益
  • 当期純利益に対する株価の割安性を評価
  • 必要書類:損益計算書(PL)+時価総額
なおころ
なおころ
計算に必要な情報はバフェットコードに全てまとまっているため、実際に計算する時にはこちらを使う方が効率的ですね。

PERとは要するに『同じ当期純利益の企業が2つ並んだときにどっちが割安か』を評価する指標ですね。株価の割安性を当期純利益と言うものさしを使って評価しているだけ。かんたんです。

時価総額 = 株価 × 発行済株式数であるため、

当期純利益が同額の場合、発行済株式数と株価を比較することで割安感を評価できますよ。

なおころ
なおころ
次章ではPERを算出する、もうひとつの定義をご紹介!
バフェットコードのCSVダウンロード機能を活用して効率的な企業分析を!バフェットコードから企業の業績をCSVでダウンロード。誰でも1分以内に財務分析ができるExcelを無料で配布中!...

【財務指標】PER(株価収益率)とEPS

PERはEPSという概念を使って計算することも可能です。

EPSとは

  • 日本語では1株あたり利益
  • EPS = 当期純利益 ÷ 発行済株式数
  • PER = 時価総額 ÷ 当期純利益
  • PER = 株価 ÷ EPS

EPSとは年間の当期純利益を企業の発行済株式数で割った『1株あたり利益』。

PERの式に当てはめて、時価総額と当期純利益をそれぞれ発行済株式数で割ると

PER = 株価 ÷ EPS』が出てきますね。

つまり、PERとは『今の株価が、1株あたり利益の何倍か?』を示している指標でもあります。

当期純利益とEPS、どちらで計算しても結果は同じ。ピンときた方法で算出すればOKです!

なおころ
なおころ
理解しやすいのはEPSを使った計算。実際に算出しやすいのは当期純利益を使った計算かな。

【財務指標】PER(株価収益率)の目安

  • PERの目安は15倍

業界によって値が変わりやすいのがPERの特徴のひとつ。

商社や不動産などは低くなりがちですが、

これは将来的な事業リスクが高く、株価が今ひとつ伸びていないことが原因です。

PERが低いから買う!』と結論を急がず、

PSRなど他の指標も併用することで多角的な分析を試みましょう。

【財務指標】PSR(株価売上高倍率)とは?定義や目安を分かりやすく解説財務指標『PSR(株価売上高倍率)』を分かりやすく解説します!定義や目安、計算例をまとめてご紹介。...

【財務指標】PER(株価収益率)を低くする方法

  1. 分子の時価総額を減らす
  2. 分母の当期純利益を増やす

PERが低ければ低いほど株価は割安感を増していきます。

一番に考えるべきは当期純利益の増加

売上高の増加と各費用の削減しか方法はありません。

各企業、経営陣の腕の見せ所です!

 

一方で分子の時価総額を小さくする考え方。

時価総額 = 株価 × 発行済株式数なので、

有効なのは発行済株式数の削減でしょう。

余剰資金を使っての

自己株式の消却(企業が自社の株を買うこと)も選択肢の一つではありますが

できれば切り札として取っておきたいところ。

なおころ
なおころ
株価は企業が完全にコントロールできる変数ではないため対象外ですね。
【バフェットコード連携】財務分析ExcelシートVer.4リリース!投資家の皆さまこんにちは、なおころ(@Naokoro_)です。 ご好評いただいております財務分析Excelシート、第4弾をリリース...

【財務指標】PER(株価収益率)まとめ

PERとは

  • PER = 時価総額 ÷ 当期純利益
  • 当期純利益に対する株価の割安性を評価
  • 目安は15倍
  • 当期純利益の増加によるPERの低下が望ましい

割安性を評価する王道指標PER。

まずは同じ業界内の複数企業を比較分析してみるのがおすすめです!

 

財務分析を活用して投資に挑戦してみたい方には『株式投資の教科書』がおすすめ。

他の財務指標の解説やチャートの分析方法など株式投資に必要な知識を詰め込んでいます。合わせてどうぞ!

関連記事;株式投資の教科書 〜企業分析からチャートの読み方までまるっとマスター!〜

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

【財務指標】株価の割安性分析で見るべき5つのポイント!株価の割安性を評価する財務指標情報をまとめ。PERやPCFRなど分かりやすく解説します!...
【財務指標一覧】企業分析者が絶対に押さえておきたい数字まとめ企業分析でチェックしておきたい財務指標を一覧化。投資家、就活生には特におすすめです。...
\1万円からはじめる憧れの不動産投資/

1万円から不動産投資に挑戦できるCREAL(クリアル)』は年間利回り約4%!投資した後の物件管理や細かい手続きは必要なし。ほったらかしでOKです

投資先はプロが厳選した関東圏の不動産。公式サイトではどんな物件に投資できるのか画像や動画で確認できます!(メールアドレスを登録した会員限定の情報も!)

物件価値が下がった場合もCREAL10〜20%を補填してくれるためリスクも限定的。「将来を考えてまずは少額から投資に挑戦してみたい」そんな方におすすめです。

その他のほったらかし投資はこちら↓

【2019年版】ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA