資産運用

【資産形成の方法】コントロールすべき4つの変数とは?

資産を形成して持続的な収入を得ましょう。

持続的な収入を抱えて人生の選択肢を増やしましょう。

資産運用を志すみなさまこんにちは、なおころ(@Naokoro_)です。

最近のSNSは資産運用の手法やリターンの情報であふれかえっていますね。

でも、改めて考えると

なぜ資産運用をする必要があるのでしょうか?

その目的は資産運用以外では達成できないのでしょうか?

今日はちょっと、

投資の原点に立ち返ってのお話です。

本記事の結論:資産形成の方法

  • 資産形成の目的:勤め人からの卒業
  • 資産形成の公式資産 = (収入 − 支出) + (投資額 × 運用利回り)
  • 資産形成のコツ:投資額と運用利回りの底上げ
なおころ
なおころ
何のために資産を増やしてるんだっけ?
ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!消耗せずに資産を増やそう株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...

【資産形成の方法】目的は勤め人からの卒業である

誤解を恐れずに言えば、ぼくたちが資産を増やす目的は

勤め人(サラリーマン)からの卒業」ではないでしょうか?

持続的な収入源となる資産をつくりあげることで

強制的な労働とはおさらばしたいと考える人も多いでしょう。

もちろん、「今の仕事が楽しくて仕方ない。」

「資産運用は老後のためにちょっとだけ興味ある。」

といった方もいらっしゃるため、

 

資産を増やす目的は「勤め人を卒業するという選択肢を手に入れるため」とした方が適切かもしれませんね。

 

さて、目的を上記のように設定した場合、

本当に資産運用は必要なのでしょうか?

答えはもちろんYES。

資産形成の公式を見ながら論理的に考えてみましょう。

聖帝先生はかく語りき | 足立先生と聖帝先生のOSAKAセミナー レポート 前編Voicyトップパーソナリティー、聖帝サウザー大先生が大阪でセミナーを催すとのことで高知から駆けつけました。噂に違わぬ満足感と興奮が冷め...

【資産形成の方法】公式と4つの変数

資産形成の公式資産形成の公式

まずは資産形成の公式を整理しましょう。

資産形成の公式

●資産 = (収入 − 支出) + (投資額 × 運用利回り)

●資産は以下の4つの変数によって形成される

  1. 収入
  2. 支出
  3. 投資額
  4. 運用利回り

資産を厚くしようと試みた場合、

上記の4つの変数いずれかをコントロールする必要があります。

つまり、収入を増やすか支出を減らす。

または投資額を増やすか運用利回りを上げるかしか選択肢はありません。

勤め人では資産を形成することが難しい

聖帝先生の教えの通り、勤め人は最悪の方程式「収入(給料)=支出(経費)」が成り立ってしまうのです。

どれだけ高収入でもその分の労働力を回復させるためにあらゆる支出が増えてしまう。

よって①②での資産形成は不可

と強気の設定を試みつつ

③④でのアプローチが必要であるとかこつけます。

資産形成のコツ①投資額を増やす。貯金から資産運用へ

繰り返し繰り返し主張している通り、

大手銀行の預金利回りは年間0.001%。

100万円預けて、1年後に100万と10円になる仕組みです。

 

まずは「余剰資金を銀行に預金することは機会損失」であることに気づきましょう!

すると自然に、ぼくたちの思考は「どの金融商品に投資すべきか?」に進みます。

【資産運用】おすすめ金融商品8選!難易度別にまとめてご紹介!『資産運用ってどの商品から始めたらいいの?』といった疑問とはそろそろお別れと参りましょう!投資難易度別におすすめの金融商品をまとめてご紹介!...

資産形成のコツ②運用利回りをあげる。国債から株式へ

資産運用の選択肢資産運用の選択肢

いくら投資額を増やしたとしても、利回りの低い国債にすべて投下しているようでは何年たっても資本形成が終わりません。

ロボアドバイザー、株式投資、そしてFXなどハイリスクハイリターンの金融商品も視野にいれつつ、中長期的に資産が形成できる工夫をしましょう!

なおころ
なおころ
株式投資はそろそろ攻略できそう。次はロボアドバイザーや不動産投資に軸足を向けます!
株式投資の教科書 〜企業分析からチャートの読み方までまるっとマスター!〜株式投資初心者が疑問に思うことをまるっとまとめ。投資をはじめて稼ぐまでの流れや企業・チャート分析の方法など必要知識をこの1冊でインプット!...

【資産形成の方法】まとめ

  • 資産形成の目的:勤め人からの卒業
  • 資産形成の公式資産 = (収入 − 支出) + (投資額 × 運用利回り)
  • 資産形成のコツ:投資額と運用利回りの底上げ

「お金にも働いてもらう」感覚を養い、

つまらない労働生活は終わりにしましょう!

資産運用の第一歩としてはCREAL(クリアル)オーナーズブックなど安定したリターンが魅力の不動産投資がおすすめです。どちらも1万円から始められますよ。

 

関連記事:【CREAL(クリアル)】1万円から不動産投資をはじめよう!

関連記事:【オーナーズブック】ソーシャルレンディングで1万円から不動産投資!

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

CREAL(クリアル)で1万円から不動産投資をはじめよう!不動産クラウドファンディング『CREAL(クリアル)』とは?概要や評判、デメリットなどをまとめてご紹介!...
【オーナーズブック】ソーシャルレンディングで1万円から不動産投資!不動産特化のソーシャルレンディング『オーナーズブック』とは?特徴やデメリットをまとめて解説します!...
\1円からはじめる資産運用/