資産運用

資産運用を早く始めるべきたった1つの理由は複利効果が効くから

アインシュタイン先生のおっしゃる通り「複利は人類最大の発明」です。


投資や資産運用を始めてみたい皆さまこんにちは、なおころ(@Naokoro_)です。

なぜ、投資や資産運用を早く始めるべきなのでしょうか?

それは、短期期間で試算を爆発的に増やすことは難しく、

どうしても複利の力を借りなければならないため。

なおころ
なおころ
複利についてさくっと解説するよ!
【資産形成の方法】コントロールすべき4つの変数とは?「資産運用せよ!」とは耳タコですが、資産を形成する目的とその公式を一度整理してみませんか?...

【資産運用】単利と複利の違いをわかりやすく解説

2つの金利の違い

  • 単利:元本にだけに利子がつくこと→投資でもうかったお金は都度引き落とすイメージ
  • 複利:利子にもまた利子がつくこと→投資で増えたお金を再投資するイメージ

具体的な例とあわせて考えましょう!

株式投資 単利 vs 複利株式投資 単利 vs 複利

元本100万円。年間利回りは8%の株式投資に挑戦。10年間運用した場合を考えます。

単利の場合も複利の場合も1年後に増える額はぴったり8万円(100万円の8%)と変わりません。

単利は、もうかった8万円を引き落として、また100万円のみ運用する手法。

そして複利は、もうかった8万円を再投資して、108万円を運用する手法と考えてください。

変化が現れるのは2年後から。徐々にもうかるお金の額が開いていくのがわかりますね。10年後には単利の場合80万円しか増えなかった一方で、複利の場合は116万円ほど増加。

実に36万円の差が生じることになりました。この36万円が複利での利益、いわゆる複利効果です!

なおころ
なおころ
運用期間が長くなるほど単利との差が開いていきますよ!
【株初心者向け】運用と投資の違いは?始めるならどっちから?分かるようで分からない「運用」と「投資」の違いは?リスクやリターン、具体的な金融商品をもとに詳しく解説します。...

【資産運用】3つの変数は元本・利回り・運用年数

投資・資産運用の3つの変数

  • 元本:自分がいくら投資できるか
  • 利回り:年間でどれくらいお金が増えるのか
  • 運用年数:複利で何年間運用できるか

要するに、資産がどれくらい増えるかは

元本・利回り・運用年数で決定するのです。

自分の資産を今以上のスピードで増やしたければ

元本を増やすか、利回りの高い商品に投資するか、運用年数を長くするしかありません。

 

ちなみに、計算式で考えれば

X年後の資産 = 元本 × ( 1 + 利回り ) ^ X

ですね。興味のある方はExcelで計算してみてください!

株式投資 vs 銀行預金株式投資 vs 銀行預金

またひとつ例を考えてみましょう!

年間8%の利回りが期待される株式投資と

年間0.001%の利回りしか期待できない銀行預金。

ともに100万円を元手に10年間運用した結果です。

 

株式投資に挑戦した場合は1年後に8万円の増加が期待できる一方、銀行預金は10円しか増えません。

運用年数を重ねて10年後、株式投資の場合は116万円ほど増える可能性がありますが、銀行預金だと100円しか増えません。

なおころ
なおころ
運用期間が長くなるほど利回りの差が効いてきます!
【資産運用】おすすめ金融商品8選!難易度別にまとめてご紹介!『資産運用ってどの商品から始めたらいいの?』といった疑問とはそろそろお別れと参りましょう!投資難易度別におすすめの金融商品をまとめてご紹介!...

【資産運用】初心者におすすめの商品とは?

次なる疑問は「どの商品に投資すればいいのか?」ではないでしょうか。

初心者向け 資産運用の選択肢初心者向け 資産運用の選択肢

ここでは初心者におすすめできる選択肢を4つほど挙げています。

それぞれ銀行貯金・国債・ロボアドバイザー・株式投資。

ぼくのイチオシは株式の個別株投資。

証券会社に口座を開く必要はありますが、イチオシの楽天証券無料で日経新聞が読み放題など充実したサービスを提供しています。

自分の意思で投資を行うことでリスクや株式市場に慣れてみてはいかがでしょうか。

なおころ
なおころ
まずは5万円など少額からスタートして徐々に経験値を積みましょう!
楽天証券に口座を開くだけで日経新聞と四季報が無料で読める件楽天証券で口座を開設するだけで日経新聞と四季報が無料で読めますよ!投資家のあなたもビジネスマンの皆さまも年間6万円の出費を削減しましょう!...

資産運用を早く始めるべき理由まとめ

2つの金利の違い

  • 単利:元本にだけに利子がつくこと → 投資でもうかったお金は都度引き落とすイメージ
  • 複利:利子にもまた利子がつくこと→投資で増えたお金を再投資するイメージ

投資・資産運用の3つの変数

  • 元本:自分がいくら投資できるか
  • 利回り:年間でどれくらいお金が増えるのか
  • 運用年数:複利で何年間運用できるか

投資・資産運用を早く始めるべき理由:複利効果を活用するため

初心者ともなれば元本も少なく、FXなどハイリスクハイリターンな商品への投資は怖いもの。

しかし、運用年数を増やすことでミドルリスクの商品でも十分に資産を増やすことができます。

複利で資産を増やすために、

銀行預金よりも利回りの高い商品に挑戦してみてはいかがでしょうか?

関連記事:ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!消耗せずに資産を増やそう

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

【2019年版】ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...
\1万円からはじめる憧れの不動産投資/

1万円から不動産投資に挑戦できるCREAL(クリアル)』は年間利回り約4%!投資した後の物件管理や細かい手続きは必要なし。ほったらかしでOKです

投資先はプロが厳選した関東圏の不動産。公式サイトではどんな物件に投資できるのか画像や動画で確認できます!(メールアドレスを登録した会員限定の情報も!)

物件価値が下がった場合もCREAL10〜20%を補填してくれるためリスクも限定的。「将来を考えてまずは少額から投資に挑戦してみたい」そんな方におすすめです。

その他のほったらかし投資はこちら↓

【2019年版】ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA