チャート分析

【チャート分析】ローソク足とは?初心者が最初に理解すべきテクニカル指標

株やFXの世界で利益を出したいみなさまこんにちは、なおころ(@Naokoro_)です

1日の株価の動きを示す『ローソク足』の定義や見方を分かりやすく解説。

ローソク足はテクニカル分析の基礎の基礎、そして他のテクニカル指標の原点となるため、この機会にしっかり理解しておきましょう。

なおころ
なおころ
Webサービストレーディングビューならローソク足も見やすいですよ。チャート分析に挑戦してみたい方はどうぞ!
【トレーディングビュー】本気で稼ぎたい投資家のチャート分析ツール豊富なインジゲーターを搭載して多角的なテクニカル分析を可能にするWebサービス『トレーディングビュー』をご紹介。本気で稼ぎたい投資家の必携ツールです。...

【チャート分析】ローソク足の定義

ローソク足の定義ローソク足の定義

ローソク足とは:1日の株価の動きを示すもの

ローソク足の見るべき3つのポイント

  1. 陽線と陰線
  2. 高値・安値・始値・終値
  3. 上ヒゲ・下ヒゲ

江戸時代に日本人が開発したとされるローソク足も今ではグローバルスタンダード。

注意して確認すべきポイントをさくさくまとめます。

【チャート分析】ローソク足のポイント①陽線と陰線

ローソク足のポイント①陽線と陰線ローソク足のポイント①陽線と陰線

前日に比べて株価が上がった場合は陽線、下がった場合は陰線が発生。

証券会社やWebサービスによって異なりますが、基本的には陽線は白(赤)色のボックス、陰線は黒(青)色のボックスで記されることが多いです。

よって、明るい色がチャート上に多ければ株価が順調に上がっていると判断できるでしょう。まずは陽線と陰線の解説でした。

【チャート分析】ローソク足のポイント②高値・安値・始値・終値

ローソク足のポイント②高値・安値・始値・終値ローソク足のポイント②高値・安値・始値・終値

続いてのポイントは高値・安値・始値・終値。文字通りですね。

高値は1日の中で最も高かった時の株価。安値は逆ですね。

一方の始値は市場が開いた時(午前9時)の株価。終値は15時、市場が閉まった時の株価です。

ポイント①と連携して考えると、終値が始値を上回ると陽線が発生し、終値が始値を下回ると陰線が発生します。

なおころ
なおころ
最初は慣れないかもしれないのでチャートを見ながらゆっくり考えましょう!

【チャート分析】ローソク足のポイント③上ヒゲ・下ヒゲ

ローソク足のポイント③上ヒゲ・下ヒゲローソク足のポイント③上ヒゲ・下ヒゲ

上ヒゲと下ひげが読めれば、株価の1日の動きがすべて把握できるでしょう。

上ヒゲとは1日の株価のMAXの値、下ひげはMINの値です。

例えば陽線が発生したと仮定した場合、高値と終値の差分が上ヒゲとなり、ボックスの上に線が出現。逆も然りですね。

なおころ
なおころ
もちろん終値と高値が等しい場合はボックスから上ヒゲが出ることはありません。

【チャート分析】ローソク足まとめ

ローソク足とは:1日の株価の動きを示すもの

ローソク足の見るべき3つのポイント

  1. 陽線と陰線
  2. 高値・安値・始値・終値
  3. 上ヒゲ・下ヒゲ

ローソク足はテクニカル分析の原点。

まずはここからゆっくりとテクニカル分析を攻略していきましょう。

 

財務分析を活用して投資に挑戦してみたい方には『株式投資の教科書』がおすすめ。

他の財務指標やチャート分析の解説など株式投資に必要な知識を詰め込んでいます。合わせてどうぞ!

関連記事;株式投資の教科書 〜企業分析からチャートの読み方までまるっとマスター!〜

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

株式投資の教科書 〜企業分析からチャートの読み方までまるっとマスター!〜株式投資初心者が疑問に思うことをまるっとまとめ。投資をはじめて稼ぐまでの流れや企業・チャート分析の方法など必要知識をこの1冊でインプット!...
【チャート分析】テクニカル指標一覧 | 市場で生き残るための武器を揃えよう!チャート分析に必要不可欠なテクニカル指標(インジケーター)をまとめてご紹介。ひとつでも多く武器を揃えて市場での勝率をあげましょう!...
\1万円からはじめる憧れの不動産投資/

1万円から不動産投資に挑戦できるCREAL(クリアル)』は年間利回り約4%!投資した後の物件管理や細かい手続きは必要なし。ほったらかしでOKです

投資先はプロが厳選した関東圏の不動産。公式サイトではどんな物件に投資できるのか画像や動画で確認できます!(メールアドレスを登録した会員限定の情報も!)

物件価値が下がった場合もCREAL10〜20%を補填してくれるためリスクも限定的。「将来を考えてまずは少額から投資に挑戦してみたい」そんな方におすすめです。

その他のほったらかし投資はこちら↓

【2019年版】ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA