ROA(総資産利益率)とは?意味や計算式・目安となる数字をわかりやすく解説

impression?a_id=932149&p_id=170&pc_id=185&
ROA(総資本利益率)の意味・計算式・目安ROA(総資産利益率)の意味・計算式・目安

本ページでは総資産あたりの収益力を測定する財務指標【ROAアールオーエー】についてわかりやすく解説します。

計算式や目安となる数字、ROEとの違いや関係性など企業分析者なら絶対に理解しておきたいROAのポイントをコンパクトにお届けします。ぜひ最後まで読んでください!

なおころ
なおころ
他の指標が気になる方は財務指標一覧記事も要チェック。ROAと関連した指標はこちら⬇︎

ROA(総資産利益率)とは?意味と計算式を解説

ROA(総資本利益率)の意味・計算式・目安ROA(総資産利益率)の意味・計算式・目安
ROA 総資産利益率 (%)
指標分類収益性
意味企業のすべての資産を活用して
どれだけ利益を稼いでいるかを
測定する指標
計算式ROA=当期純利益÷総資産
目安4.1%
ROAの値がWACCの値を
超えているか?も目安となる
改善方法当期純利益を増やす
総資産を減らす
算出に
必要な
財務諸表
BS:総資産(流動資産+固定資産)
PL:当期純利益
CF:必要なし
備考計算式の分子には本来
事業利益を置くのが正しい
簡易性を優先し当期純利益で
計算することもある。
英語名Return On Asset

ROA】とは、株主と債権者(銀行など)から調達したお金で、どれほどの利益を稼いだかを測定する財務指標。当期純利益(事業利益)を総資産で割ることにより計算できます

まずはそれぞれの利益と自己資本の定義を確認しておきましょう⬇︎

項目名掲載
財務諸表
概要代表的な勘定科目
当期純利益PL仕入れ先や銀行など、
関係各所への支払いが
終わった後に残った
自由に使える利益額
当期純利益
事業利益企業の本業と金融活動
から得られた利益額
なし
営業利益+営業外収益
経常利益+営業外費用
総資産BS企業のすべての
資産を合算した値
総資産
(流動資産と
固定資産の合計額)

要するに、ROAとは総資産(株主と債権者から調達したすべてのお金で運用している資産)を活用してどれだけ効率的に利益を獲得できているかを測定する指標。

資本あたりの収益力を簡単に計算できるばかりか、規模が異なる会社同士での比較も可能であり、投資家やアナリストにも根強い人気があります。

ところで、企業の収益力を測定する上で大人気の財務指標【ROE】とROA、どちらの指標を重視すべきなのでしょうか?

結論から言えば「ROEよりもROAを重視する経営の方が健全である」が答えとなります。その理由は次章で解説するROEとROAの関係性・違いを理解しつつゆっくり紐解いていきましょう!

a33c94b4546a4b0eb1f836abb4ffc3f5
ROE(自己資本利益率)とは?計算式や目安となる数字をわかりやすく解説企業の稼ぐ力を評価する財務指標【ROE】についてわかりやすく解説します。計算式や目安となる数字、デュポン分析など気になるポイントをまとめてお届け!...

ROA(総資産利益率)とROEの関係・違い

なおころ
なおころ
ROEの解説記事を先に読んでおくとより深く理解できるよ!

ROA(総資産利益率)の計算式を分解

まずはROAの計算式を分解することから始めましょう。

ROA(総資産利益率)の計算式を分解ROA(総資産利益率)の計算式を分解
ポイント
  • ROAの分子には事業利益を置くのが正しい
  • 当期純利益を置くと特別損失などを加味した収益性を算出してしまうため
  • 上の画像では簡易性を優先して当期純利益を採用

ROEのデュポン分解では利益率・回転率・レバレッジ要因の3要因に分解できましたね。

一方のROAにはレバレッジ要因が存在しません。

これが ROAとROEにおける最も大きな違いとなります。

ポロン
ポロン
つづいてROEとROAの計算式を比べてみよう⬇︎

ROAとROEの関係①当期純利益パターン

ROEとROAの計算式を並べたのが下の画像です。

ROAとROEの関係①当期純利益で考えるROAとROEの関係①当期純利益で考える
ポイント
  • ROE = ROA × 財務レバレッジ

事業利益と当期純利益が等しい(特別損益や税金を無視)と仮定した場合、ROEとROAの関係は上記の式で表現できます。

つまり、ROAか財務レバレッジ(総資本÷自己資本)のどちらかを向上させることでROEの値を上昇させることが可能。

なおころ
なおころ
ここが重要ポイント!

ROEの記事内でも解説した通り、財務レバレッジ主導のROE上昇は財務安全性が低下する危険な策です

つまりROEが財務レバレッジに頼らず変化しているかどうかはROAの推移を見れば一目瞭然。これこそがROAがROEよりも重宝されている理由です。

なおころ
なおころ
もちろんROEを3つの要因に分解しレバレッジ要因を取り除いて収益性を評価できる場合はどちらの指標を使っても問題ないよ!
ポロン
ポロン
でも、企業の収益性をひとめで把握するにはROAの推移を見る方が手軽でおすすめ!

ROAとROEの関係②事業利益パターン

ROAとROEの関係②事業利益で考えるROAとROEの関係②事業利益で考える
ポイント
  • ROE = ROA + (ROAー負債利子率)×負債÷自己資本

より現実に即して、事業利益が当期純利益と異なると仮定した場合、ROEとROAの関係性は上記の式で表現されます。

ROEはROA、負債利子率、そして負債比率(ギアリング比率)の3つによって操作できるとも言えるでしょう。

なおころ
なおころ
注目すべきは第二項の【ROAー負債利子率】。ここが重要ポイント!

一般的に負債を増やすほど財務レバレッジが働きROEが向上しますが、例外も存在します。それこそがROAが負債利子率を下回っているパターン(ROA < r)

収益性よりも支払うべき利息割合が大きくなってしまえばROEが大きくなるはずもありません。第二項全体がマイナスに転じ、ROEがROAの値を下回ってしまいます。

なおころ
なおころ
そんな企業はほとんど見たことないよ。もし遭遇したら要注意!

とは言え、大多数の企業はROAが負債利子率を上回っています(ROA > r)。このパターンなら第二項全体がプラスとなり、最終的なROEの値はROAを間違いなく上回ります。

ROEとROAを分析する場合は、合わせて負債利子率(負債コスト)も確認しておきましょう!

ROAとROEの弱点

財務指標の中で特に重要視されているROEやROAにも弱点はあります。

弱点
  • ROE:財務レバレッジで調整可能。調達した資金を早く使用して、投資の成果を急ぐあまり投資判断が甘くなり、安値の投資行動を誘発しやすい。
  • ROA:投資を実行すると、固定資産が増加して総資産が膨らむ結果、投資効率を示すROAが短期的に悪化株主がこれを嫌う場合、事業責任者が長期的視点に立った投資に消極的になる。

重宝されている指標も万能とは言えませんね。

弱点も理解しつつ分析に活用しましょう!

なおころ
なおころ
つづいてROAの目安を確認しておこう!上場企業の平均値はどれくらいかな?

ROA(総資産利益率)の目安は4.1%

ROA(総資産利益率)の目安は4.1%ROA(総資産利益率)の目安は4.1%
目安
  • ROAの目安は4.1%
  • 参考:ROEの目安は9.3%

日経225の企業データ(2019)を活用してROAを計算したところ、平均値は4.1%となりました。

加えてROEの平均値が9.3%であるため、大多数の企業が負債を増やすことでROEを向上できる状態にある(実際に財務レバレッジを活用してROEの数字を上昇させている)ことが分かりますね。

また、資金の調達コストを示すWACCもROAの目安として機能します。調達コストよりも高い収益性(ROA)が保てているのは事業が好調である証拠。

日経225の平均値と対象企業のWACC、両方と比較するのがおすすめです。

あなたの就職先や取引先のROAは何%でしょうか?次章のシミュレーターやEDINETを活用してチェックしてみましょう!

 

あなたが気になる企業の当期純利益と総資産の値を入力してみましょう!自動的にROAが計算されます。

企業の財務情報を確認するなら一次情報のEDINETバフェットコードがおすすめ。ぜひ気になる企業のROAを計算してみましょう!

なおころ
なおころ
つづいてROAを高くする方法を解説!

ROA(総資産利益率)を高くする方法をわかりやすく解説

ROA(総資本利益率)の意味・計算式・目安ROA(総資産利益率)の意味・計算式・目安
ROAの改善方法
  1. 当期純利益を増やす
  2. 総資産を減らす

ROAを高くする方法は当期純利益を増やすか総資産を減らすか。総資産あたりの利益額(収益性)を向上させるとも言えるでしょう。

苦戦が続く企業の秘策「負債の増加」はROAの向上には役立ちません(ROEは上昇)。

売上の増加や費用の削減など、本業での成果がダイレクトに影響する指標であるため、ROAの推移は企業の調子を測定する際にも便利ですね!

なおころ
なおころ
次章では日経225の中からROAが高かった企業TOP3を紹介!
aff_i?offer_id=2&file_id=288&aff_id=
【令和版】投資分析おすすめツール・アプリ13選2017年に投資をスタートしたなおころが実際に使ってみてとにかく役に立った投資ツール・アプリを厳選してお届け!あなたの投資パフォーマンスを向上させるのはどれでしょうか?気になったものはさっそく使ってみてくださいね。...

ROA(総資産利益率)が高い上場企業3社を紹介

なおころが独自開発した財務分析エクセル【IRISアイリスの分析結果と合わせて、日経225企業のROAランキングTOP3を発表します。

ROA19.7% 東京エレクトロン

ROE19.7% 東京エレクトロンROA19.7% 東京エレクトロン
東京エレクトロン
証券コード8035
ROA19.7%
財務分析72点

東京エレクトロンの公式サイトはこちら

ROA18.7% アドバンテスト

ROE18.7% アドバンテストROA18.7% アドバンテスト
アドバンテスト
証券コード6857
ROA18.7%
財務分析69点

アドバンテストの公式サイトはこちら

ROA17.0% 塩野義製薬

ROA17.0% 塩野義製薬ROA17.0% 塩野義製薬
長谷工コーポーレーション
証券コード1808
ROA17.0%
財務分析70点

塩野義製薬の公式サイトはこちら

なおころ
なおころ
自分でも分析に挑戦してみたい方は企業の財務を100点満点で評価できる財務分析エクセル【IRISアイリスも要チェック!
iris
【IRIS】財務分析エクセルで上場企業の経営状況を100点評価(無料版・有料版あり)企業の財務・業績を100点満点で評価するエクセルを公開します!就職先や転職先、取引先や投資先となる企業の経営状況を効率的に調査したい方におすすめ(無料版あり)!...

ROA(総資産利益率)をさらに詳しく知るための書籍



財務指標のROAをもっと詳しく知りたい方には『「ROEって何?」という人のための経営指標の教科書』シリーズがおすすめ!

「ROAとWACCの関係」など中〜上級レベルの内容が充実しており、企業分析者はもちろん投資家と対話の機会が多い経営陣なら絶対に目を通しておきたい一冊です。

経営指標の教科書のAmazonレビューをチェック

【図解版】経営指標の教科書のAmazonレビューをチェック

ROA(総資産利益率)は企業全体の収益力 | まとめ

ROA(総資産利益率)の特徴 | まとめROA(総資産利益率)の特徴 | まとめ

ROAの特徴まとめ

  • 総資産あたりの収益性を測定する指標
  • ROA=当期純利益÷総資産
  • 目安は4.1%(大きい方が好ましい)
  • ROE = ROA × 財務レバレッジ

本ページでは総資産あたりの収益性を測定する財務指標【ROA】について解説しました。

手軽に企業の稼ぐ力を評価できるオススメの数字です。

投資や就職と言った重要な意思決定の前にはROAの推移をチェックしておきましょう!

疑問点などあればなおころのLINEにいつでもご連絡ください!

 

indicator-card
【財務指標一覧・目安】企業分析者が絶対に押さえておきたい37ポイント【完全理解】企業分析者がチェックすべき財務指標をまとめてお届け!各指標の定義や計算式・目安などをわかりやすく解説します。投資家、就活生など企業選びで失敗したくない人はぜひご一読を!...

なおころのLINEに登録する

新着記事やキャンペーン情報をLINEでお知らせ。なおころと直接やりとりも可能です。記事のリクエストや資産運用の相談など気軽に使ってくださいね!

 

特典はこちら今すぐ登録

なおころのLINEに登録する

新着記事やキャンペーン情報をLINEでお知らせ。なおころと直接やりとりも可能です。記事のリクエストや資産運用の相談など気軽に使ってくださいね!

 

特典をチェック今すぐ登録する

\無料ダウンロード版あり/
財務分析エクセルで企業を100点評価