Funds

Fundsがファンド組成企業の貸付先を公開!より透明性の高い投資へ

Fundsがファンド組成企業の貸付先を公開

  • 金融庁による貸付先の匿名化解除の動きに呼応
  • 2019年4月以降にFundsが公開するすべてのファンドで貸付先情報を開示

ソーシャルレンディング業界における匿名化解除の波がFunds(ファンズ)にも押し寄せました。

2019年4月以降のファンドではすべての案件において貸付先の情報を開示!スキーム上ではどこがどう変わるのか?画像を使ってわかりやすく解説します。

Funds(ファンズ)の
公式サイトはこちら

【Funds(ファンズ)の評判まとめ】ホリエモンも注目の新サービス!国内初のソーシャルレンディング専門メディアとして、知識とノウハウを蓄積し続けたクラウドポートが満を持してリリースした新サービス『Funds(ファンズ)』。果たして投資家たちの評判はいかに?Twitter上のリアルな口コミをまとめてご紹介!...

Fundsがファンド組成企業の貸付先を公開!背景には金融庁の匿名化解除

日本貸金業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会らは、法令適用事前確認手続(ノーアクションレター制度)を利用して、3月11日付けで金融庁宛に照会書を連名で提出し、一定の要件のもとで借り手企業を匿名化せず、その商号や所在地を投資家に対して開示することを要望していました。これを受け、本日、金融庁は匿名化解除を認める旨の回答を公式見解として公表しました。(金融庁PDF)
2019年3月18日掲載のPR TIMESより引用

発端となったのはソーシャルレンディング大手のmaneoに対する11億円ほどの損害賠償事件。集めた資金を目的外に流用しており、全国の投資家から批難が寄せられました。

結局はソーシャルレンディング事業において「貸付先情報が不足していること(どこに投資しているのか分からない)」と「資金使徒が定められていないこと(何にお金を使っているのか分からない)」が共通のリスクとして認識される顛末。

結果、金融庁が貸付先企業の匿名化解除を(暗に)要請する運びとなりました。匿名を傘に利益を重ねていた悪質な業者は徐々に淘汰されていくでしょう!

なおころ
なおころ
貸付先の名称・所在地といった情報が公開されれば投資家もより安心して投資できますね!
ソーシャルレンディングのリスクが顕在化!顔の見える投資の徹底を!業界最大手maneoの損害賠償問題でソーシャルレンディング業界のリスクが一段と顕在化。多くの投資家達を魅了したその仕組みと代替となる運用手法をまとめてご紹介!...

Fundsがファンド組成企業の貸付先を公開するスキーム上の変化

Fundsのスキーム上の変化

  • Before:ファンド組成企業の貸付先を非公開にする案件あり
  • After:すべての案件でファンド組成企業の貸付先を公開
なおころ
なおころ
次節からは借り手が匿名化されていたアイフルビジネスローンファンド#1を参考にスキームのどの部分が変化するのか確認しましょう!

【Funds】ファンド組成企業の貸付先を公開する前のスキーム

出典:Funds(ファンズ)アイフルビジネスローンファンド#1出典:Funds(ファンズ)アイフルビジネスローンファンド#1

変更前のスキームは画像の通り。東証1部上場で知名度抜群のアイフル社はFunds(ファンズ)を活用して資金を調達。スキーム上の「A社」に貸付を行います。

この時、公式サイトに掲載されている「A社」についての情報は「ビジネスローン事業を手掛ける連結子会社」に留められており、いわゆる匿名化された状態でした。

なおころ
なおころ
ファンド組成企業が判明している分、安心感がありますが、借り手の情報も分かると嬉しいですね!
Funds(ファンズ)参戦企業『アイフル』は本当に信頼できる?事業状況や財務を分析してみた件Funds(ファンズ)のファンド組成企業として名乗りを上げた消費者金融大手の『アイフル』。東証一部上場企業の事業や財務の状況を分析し投資先としての魅力度を推し量りましょう!...

【Funds】ファンド組成企業の貸付先を公開したスキーム

Funds(ファンズ)アイフルビジネスローンファンド#1を引用 ブログ『すべての投資家達へ』管理人が編集Funds(ファンズ)アイフルビジネスローンファンド#1を引用 ブログ『すべての投資家達へ』管理人が編集

そして、匿名化解除を受けた変更後のスキームは画像の通りです。

匿名化されていたA社の「社名」や「事業内容」など、投資する前に確認しておきたい詳細情報が公開されるでしょう。2019年4月以降にFunds(ファンズ)で公開されるすべての案件で適応予定です。

貸付先が明確化されることで、少なからず資金使徒も明らかになるばかりか、目的外に流用したとなれば社会的リスクの大きさが悪行を働く抑制剤として機能するはず。業界全体の健全化と透明化に拍車がかかりますね!

Funds(ファンズ)の
ファンド一覧はこちら

なおころ
なおころ
2019年3月22日募集開始のデュアルタップ社案件など、Fundsには匿名化解除前から貸付先が公開されているファンドもあります。4月以降はその実名制度がすべてのファンドで適応されるイメージですね!
Fundsの台東区XEBECファンド#2は投資対象?ポイントをまとめて解説!Funds(ファンズ)の台東区XEBECファンド#2は投資対象?期待利回りや運用期間など気になるポイントをまとめてご紹介!...

Fundsがファンド組成企業の貸付先を公開まとめ

Fundsがファンド組成企業の貸付先を公開!匿名化を解除Fundsがファンド組成企業の貸付先を公開!匿名化を解除

Fundsがファンド組成企業の貸付先を公開

  • 金融庁による貸付先の匿名化解除の動きに呼応
  • 2019年4月以降にFundsが公開するすべてのファンドで貸付先情報を開示

より透明性の高いスキームが実現されることで「ソーシャルレンディング?なんか怪しいからやめとこ」といった方も少なくなるに違いありません。

今や資産運用の有力な選択肢として名前の挙がるFunds。1円からの投資も可能です。リスクを低く抑えたスキームで堅実に資産を運用してみたい方はぜひどうぞ!

Funds(ファンズ)の
公式サイトはこちら

 

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

【2019年版】ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...
\1万円からはじめる憧れの不動産投資/

1万円から不動産投資に挑戦できるCREAL(クリアル)』は年間利回り約4%!投資した後の物件管理や細かい手続きは必要なし。ほったらかしでOKです

投資先はプロが厳選した関東圏の不動産。公式サイトではどんな物件に投資できるのか画像や動画で確認できます!(メールアドレスを登録した会員限定の情報も!)

物件価値が下がった場合もCREAL10〜20%を補填してくれるためリスクも限定的。「将来を考えてまずは少額から投資に挑戦してみたい」そんな方におすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA