LINEスマート投資

【LINEスマート投資】注文に必要な額とは?現在の価格との違いを解説

LINEスマート投資のテーマ購入画面に現れる『注文に必要な額』と『現在の価格』の違いとは?本記事で分かりやすく解説します!

本記事の結論:LINEスマート投資の注文に必要な額と現在の価格の違いは?

  • 注文に必要な額:テーマ内の銘柄がすべてストップ高になった時に必要な購入額
  • 現在の価格:実際に取引される際の価格
  • 注文に必要な額と、実際の取引金額との差額は購入可能額に組み込まれる
【評判】LINEスマート投資のリアルな声をTwitterから収集LINEの新サービス『スマート投資』の評判は?Twitterからリアルな口コミを集めてみました。...

【LINEスマート投資】注文に必要な額と現在の価格

出典:FOLIO(フォリオ)公式サイト出典:FOLIO(フォリオ)公式サイト

LINEスマート投資の注文に必要な額と現在の価格の違いは?

  • 注文に必要な額:テーマ内の銘柄がすべてストップ高になった時に必要な購入額
  • 現在の価格:実際に取引される際の価格

LINEスマート投資では10社が1つにパッケージされた『テーマ』を購入する仕組み。

その際に『お金を振り込んだけど株価が予想以上に上がったため金額が足りませんでした』では話になりません。よって、運営側は該当テーマを確実に購入できる分だけのお金を入金してもらう必要があり、画面上で『注文に必要な額』と表示しているのです。

現在の価格よりも高めに設定される『注文に必要な額』はテーマを構成する10銘柄がすべてストップ高になった時の値を足し合わせて算出。実際の取引に必要な額よりも多めに入金することで買い逃すトラブルを防ぐ仕様ですね。

なおころ
なおころ
でも、多めに支払ったお金はどうなるの?
【株初心者】ストップ安・ストップ高とは?1日の株価の値幅には制限がある!ストップ安・ストップ高システムのおかげで、 極端な例外をのぞいては日本企業の株価が1日で倍になったり、半分になったりすることはあり...

【LINEスマート投資】取引成立後、注文に必要な額と現在の価格の差額はどうなる?

LINEスマート投資の取引成立後、注文に必要な額と現在の価格の差額は?

  • 注文に必要な額と、実際の取引金額との差額は購入可能額に組み込まれる

つまり、『注文に必要な額』として多めに入金しておいた額は、取引完了後に口座に残る仕組みですね。次回以降の取引の資金に回すことが可能です。

例えば、現在の価格が8万円。注文に必要な額が10万円の場合を考えましょう。

実際に8万円でテーマを購入できた場合は差額の2万円が購入可能額として口座に残りますよ。なくなるわけではないのでご安心を!

なおころ
なおころ
設定する投資スタイルによっても入金額が変化するので合わせてチェックが必要です。
【LINEスマート投資】4つの投資スタイルを分かりやすく解説!LINEスマート投資でテーマを選んだ後に行う重要な意思決定が『投資スタイル』の選定。 投資家が選択できる4つのスタイルと個別株投資...

【LINEスマート投資】注文に必要な額と現在の価格の違いまとめ

LINEスマート投資の注文に必要な額と現在の価格の違いは?

  • 注文に必要な額:テーマ内の銘柄がすべてストップ高になった時に必要な購入額
  • 現在の価格:実際に取引される際の価格
  • 注文に必要な額と、実際の取引金額との差額は購入可能額に組み込まれる

注文に必要な額』はストップ高を考慮して少し高く設定されていますが、差額の入金額がなくなってしまうわけではありません。次回以降の投資のタネ銭としましょう!

 

関連記事:【LINEスマート投資】よくある質問にまとめて回答!はじめ方や手数料は?

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

【LINEスマート投資】いくらから?手数料は?よくある質問にまとめて回答!LINEスマート投資のよくあるQAをまとめてご紹介。手数料や確定申告についてなど、気になる項目だけどうぞ!...
\1円からはじめる資産運用/