ワンタップバイ

ワンタップバイのデメリット3選!絶対に押さえておきたいポイントまとめ

本期日の結論:ワンタップバイのデメリット

  1. 売買手数料は含み損計上でスタート(都度プラン)
  2. 指値・ツイン指値は設定不可能
  3. 売買できる銘柄は60社のみ→順次追加

1,000円から有名企業の株が買えるワンタップバイのデメリットをまとめてご紹介!

現状では、初心者が特に注意すべきデメリットは見当たりませんが、他の証券会社で鍛錬してきた投資家にはかゆいところが多い様子。

ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!消耗せずに資産を増やそう株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...

ワンタップバイのデメリット1. 売買手数料は含み損計上でスタート(都度プラン)

ワンタップバイではじめて日本株を取引をした時に気づいたデメリット。毎回の取引ごとに手数料のかかる『都度プラン』の場合、購入時の手数料がそのまま含み損として計上。

つまり、株価は下がっていないにも関わらずマイナスからのスタートとなってしまいます!

特に投資初心者は「いきなり損しちゃった!?」と勘違いするかもしれませんね、ご注意を!

 

ただ、月に何度も取引をする場合、手数料がお得になる『定額プラン』なら問題ありません!

売買による損益計算と手数料の区別がかんたんにできるため、初心者の方は定額プランの方がおすすめです。

ワンタップバイの手数料は安い!初心者には定額プランがおすすめワンタップバイを始めるなら定額プランがおすすめ!いくら取引しても手数料は変わらず。注文ミスした場合も追加料金なしで再度取引できるのが魅力的!...

ワンタップバイのデメリット2. 指値・ツイン指値は設定不可能

ツイン指値でリスクとリターンをコントロール | 株式投資はこわくない』で紹介した通り、株式投資家はツイン指値でリスクを管理する生き物。ワンタップバイではその指値が設定できません。

大金を投下した場合、ツイン指値で売却する株価を設定できないのは痛いですが、1,000円〜1万円程度の少額ならそれほど気にはなりません。

100株から購入できる資金があるなら楽天証券あたりで取引する方がリスクをコントロールできておすすめです!

なおころ
なおころ
楽天証券なら口座を開設するだけで日経新聞が無料で読み放題!
ツイン指値でリスクとリターンをコントロール | 株式投資はこわくないツイン指値の存在を知れば株式投資もこわくない。資産運用のリスクとリターンは自分でコントロールしよう!...

ワンタップバイのデメリット3. 売買できる銘柄は60社のみ

出典:ワンタップバイHP出典:ワンタップバイHP

ワンタップバイで取引できるのは日本株30社と米国株30社の合計60社のみ。投資経験者には歯がゆいかもしれませんね。

ただ、初心者には最初から選択肢が絞られている分、過度に迷うことなく投資を始めることができるでしょう!

ワンタップバイで取引に慣れつつ他の証券会社で本格的に投資を始めるのが王道です!

なおころ
なおころ
2018年11月には日米ともに取扱銘柄が追加され、デメリットが薄れつつありますね。今後の追加銘柄にも期待が高まります。
【ワンタップバイ銘柄一覧】1,000円から買える日本株30と米国株30ワンタップバイの銘柄一覧をまとめてご紹介。任天堂、リクルート、フェイスブックにアップルなど1,000円から大手企業の株主になってみませんか?...
【ワンタップバイ追加銘柄】6つの日本企業の中でどれが有望株なの?ワンタップバイに追加された日本銘柄6社を財務分析。Excelシートで100点満点で採点したところ、最も有望な銘柄は世界的に有名な半導体企業!...

ワンタップバイのデメリットまとめ

ワンタップバイのデメリット

  1. 売買手数料は含み損計上でスタート(都度プラン)
  2. 指値・ツイン指値は設定不可能
  3. 売買できる銘柄は60社のみ→順次追加

現段階では初心者が気にするほどの弱点はありません!

1,000円など、少額から資産運用を始めたい方はぜひどうぞ!

 

また、株式市場の市況が悪い間は1円から投資に挑戦できるFunds(ファンズ)など、ほったらかし投資も選択肢に入れつつ資産を効率的に運用しましょう。

関連記事:【Funds(ファンズ)】1円からでOK!誰でもコツコツ資産運用

関連記事:ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!消耗せずに資産を増やそう

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

【Funds(ファンズ)】1円からでOK!誰でもコツコツ資産運用1円からの資産運用を可能にする『Funds(ファンズ)』の特徴や気になる運営会社についての情報をまとめてご紹介!...
ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!消耗せずに資産を増やそう株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...
\1円からはじめる資産運用/