なおころ本棚

【比較】米国会社四季報と日本会社四季報の特徴と違いまとめ

米国株の財務分析。必要な企業情報をネットで収集するのが面倒くさすぎて四季報を買うに至りました。日本版は楽天証券のおかげで無料で楽しんでおります。


投資家の皆さまこんにちは、なおころ(@Naokoro_)です。

われわれ投資家のバイブルと名高い会社四季報、米国版も購入したので日本版との比較をさくっとまとめておきます!

なおころ
なおころ
米国版の四季報を買うのは今回が初めて。いきなりKindleは不安だったので紙版を購入しました!
楽天証券に口座を開くだけで日経新聞と四季報が無料で読める件楽天証券で口座を開設するだけで日経新聞と四季報が無料で読めますよ!投資家のあなたもビジネスマンの皆さまも年間6万円の出費を削減しましょう!...

米国版と日本版の四季報の特徴まとめ

いつも通り、結論からはじめるスタイルです。
米国版と日本版の四季報について特徴を整理しました。

米国会社四季報

日本会社四季報

価格3,240円2,060円
発行年2回
(4月、10月)
年4回
(3月、6月、9月、12月)
Kindle対応
掲載銘柄NY証券取引所、
ナスダック上場企業639社
日本国内上場全3,698社
注目企業
銘柄情報(共通)・基本情報;社名、証券コード、上場市場

・企業業績:企業概況、業績概況

・株価情報:株価チャート、株価、株価指標、発行済株式数

・財務情報:財務、キャッシュフロー指標

・株主情報:株主、事業構成

銘柄情報(相違)・業績チャート(注目企業のみ)

・ライバル企業

・同業種の日本企業

・にこちゃんマーク

日本版に比べて、米国版の四季報は①高価で②発行回数が少なく③掲載銘柄数が少ないことが分かります。

「いやいや日本版に比べてマイナスポイントばっかりじゃん。」といった思考に至るのは至極当然かと思いますがそれでは判断が早すぎます。

確かに掲載銘柄あたりで考えても情報の新鮮さで考えても日本版に劣る米国四季報ですがたった1つの大きな強みがあります。

もうお分かりですよね?

米国四季報の強み、それは掲載銘柄の情報量です。

ワンタップバイおすすめ銘柄 日本株3選【2018年版】ワンタップバイで買える日本銘柄30から財務分析に基づいたおすすめ銘柄3社をご紹介。人材サービスや小売など知名度の高い企業が選出されました!...

米国版と日本版の四季報の掲載情報量

マネックス証券パンフレットを元に筆者作成マネックス証券パンフレットを元に筆者作成

ぜひ画像をご覧ください!

左が米国会社四季報の銘柄情報、右が日本版です。

ぼくも初見でかなり驚きましたが、米国版は注目企業に限り、1社で1ページ分の情報がふんだんに盛り込まれています。日本版は例外なく2社で1ページ分の文量。

注目企業は「大型IPO銘柄」や「優良大型銘柄」など四季報編集部が100程度の会社を厳選(2018年春号は101社)しており、AppleFacebookなど知名度の高い企業は網羅されている印象です。

ただ、日本版の四季報でよく目にするニコちゃんマーク(四季報予想が会社側より強気の場合に付与されるマーク)は見当たりません。ちょっと残念ですね。。

なおころ
なおころ
業績をパッと判断する際に売上高のグラフがあるのはとても助かりますね。
世界最大の消費財メーカーP&G(プロクターアンドギャンブル)の財務分析世界最大の消費財メーカーP&G(プロクターアンドギャンブル)の財務分析。成長性に陰りが見える一方で、高い利益率をキープ。生活必需品業界は値崩れも少ないので初心者が長期保有するにはおすすめの銘柄です。...

米国版の四季報唯一の弱点

情報源として優秀な米国版の四季報にも弱点があります。

それは掲載銘柄の網羅性

日本版が日本国内の上場企業全3,698社を全て掲載している一方で米国版はわずか639社。

マネックス証券によれば、アメリカ全市場における上場企業数は約6,500社。米国版の四季報ではおよそ10分の1しかカバーできていない計算です。。

なおころ
なおころ
米国版の四季報は初心者に適した教材ですが、徐々に物足りなくなりそうです。。

米国版と日本版の四季報の特徴まとめ

  • 価格:米国版 3,240円 日本版 2,060円
  • 発行数:米国版 年2回 日本版年4回
  • 銘柄情報量:米国版 >> 日本版

米国版の四季報、構成や掲載情報は把握できたので次回以降はKindle版を購入しようと思います。やっぱり紙はかさばりますから。

高めの価格設定にも十分頷ける情報密度です。日本版の四季報は楽天証券に口座を開けば無料で読めるので、浮いた資金を米国版に回してみてはいかがでしょうか?

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

【資産運用の実績一覧】取引銘柄・保有期間・損益を全公開!株式投資の運用実績 2017年 3月-12月 +89,000円 (年間利回り30%) ...
【ワンタップバイ運用実績】10万円を元手にロボアドバイザーと資産運用バトル投資家とロボアドバイザー、果たしてどちらが優秀なのか?10万円を元手にした資産運用バトルの幕が上がります。...
\1万円からはじめる憧れの不動産投資/

1万円から不動産投資に挑戦できるCREAL(クリアル)』は年間利回り約4%!投資した後の物件管理や細かい手続きは必要なし。ほったらかしでOKです

投資先はプロが厳選した関東圏の不動産。公式サイトではどんな物件に投資できるのか画像や動画で確認できます!(メールアドレスを登録した会員限定の情報も!)

物件価値が下がった場合もCREAL10〜20%を補填してくれるためリスクも限定的。「将来を考えてまずは少額から投資に挑戦してみたい」そんな方におすすめです。

その他のほったらかし投資はこちら↓

【2019年版】ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA