ウェルスナビ

WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績を公開!実際にやってみた結果は?

ウェルスナビって名前は聞くけど本当にお金は増えるの?」

「今から始めても大丈夫?」

そんな声も多かったので、なおころも2019年7月から運用をスタート!実際の損益パフォーマンスを週次で掲載していきます。

全自動で世界レベルの資産運用」が魅力のウェルスナビ、果たして実際の投資成績はいかに?

元本リスク許容度資産評価額損益
第1週200,000円4201,409円+1,409円
第2週200,000円4200,701円+701円
第3週200,000円4199,240円-760円
第4週200,000円4202,064円+2,064円
第5週200,000円4194,177円-5,823円
第6週220,000円4211,718円-8,282円
第7週220,000円4212,646円-7,354円
第8週220,000円4209,260円-10,740円
第9週220,000円4215,068円-4,932円
第10週220,000円4218,626円-1,374円
第11週240,000円4243,071円+3,071円

 

無料でウェルスナビを始める

なおころ
なおころ
運用実績と合わせて投資家がウェルスナビをやめた理由3選も合わせてどうぞ!
投資家がウェルスナビをやめた理由3選!手数料・損失・資金移動ロボアドバイザー最大手のウェルスナビ。投資初心者を対象に抜群の人気を誇る本サービスですが、運用をやめた投資家も多い様子。気になるその理由とは?...

WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績

WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績サマリー

  • 元本は20万円 (毎月の積立額は2万円)
  • リスク許容度は4
  • 運用を始めて11週間で+3,071
なおころ
なおころ
ウェルスナビでの損益を週次で更新していきます!

第11週(2019年9月2週目)+3,071円

WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績:第11週の結果WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績:第11週の結果

ウェルスナビ稼働11週目。ついに第4週以来の運用黒字となりました!

24万円ほど投資して3,000円ほどのプラスはまだまだ大きいとは言えませんが、ここから時間を味方につけてどんどん増えて欲しいものです。

今週の市況を振り返ると、世界的にウェルスナビの投資先を揺さぶる大ニュースに乏しかったのが功を奏したのでしょう。安全資産の金(GLD)がわずかに評価額を落とした一方で米国株(VTI)日欧株(VEA)が大幅に伸びました!

世界の株に少々の過熱感が出てきたように感じますが、このままウェルスナビの黒字が膨らむことを期待させてください。

ウェルスナビの
公式サイトはこちら

第10週(2019年9月1週目)-1,374円

WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績:第10週の結果WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績:第10週の結果

ウェルスナビ稼働10週目。前週から引き続き、約3,600円ほど含み損が減少。いよいよ黒字転換も間近となって参りました。

米中貿易摩擦を巡る懸念が一服したことを受けて世界的に株価が上昇。特に米国株(VTI)日欧株(VEA)が大きく伸びましたね。

一方で安全資産の金(GLD)の価格はわずかに下落しています。

世界的にも景気後退感が遠のきましたが今週の著しい株高は勢いがありすぎる印象。来週あたりは少し反発がくるかもしれませんね。

ウェルスナビの
公式サイトはこちら

第9週(2019年8月5週目)-4,932円

WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績:第9週の結果WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績:第9週の結果

ウェルスナビ稼働9週目。前週末から一転、約6,000円ほど含み損が減少する展開となりました。

世界的に分散して投資中の6つの投資信託すべての資産価格が上昇。特に米国株(VTI)日欧株(VEA)で約4,500円ほどのプラス、そして米国債(AGG)は黒字化です。

9月には米中の通商協議がスタート予定。まだまだ予断は許しませんが長期目線でコツコツ買っていきましょう。

ウェルスナビの
公式サイトはこちら

第8週(2019年8月4週目)-10,740円

WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績:第8週の結果WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績:第8週の結果

ウェルスナビ稼働8週目。前週から一転、含み損の広がる悲しい展開となりました。

安全資産の金(GLD)米国債券(AGG)ですらパフォーマンスが落ちていることを踏まえると、世界的にリスクオフの動きが活性化しているのでしょう。投資家が現金比率を高めているのがよく分かりますね。

9月1日には米中で追加関税措置がスタート。関税適用後に懸念一服、リスクオンへのトレンド転換となるでしょうか。来週のパフォーマンスに注目です。

ウェルスナビの
公式サイトはこちら

第7週(2019年8月3週目)-7,354円

WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績:第7週の結果WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績:第7週の結果

ウェルスナビ稼働7週目。前週にこさえた含み損がかなり縮小する嬉しい展開となりました。

投資パフォーマンスを牽引したのは安全資産と名高い金(GLD)米国債券(AGG)。加えて週末には米国株も息を吹き替えすなどリスクオフ局面に変化の兆しが感じられます。

元本回復までは難しいと思いますが、来週も引き続き世界的な株高を期待するとしましょう。

ウェルスナビの
公式サイトはこちら

ウェルスナビの投資先商品まとめ。ロボは何を買っているのか?ウェルスナビの投資先商品をまとめてご紹介!ロボアドバイザーはどんな商品を運用しているのでしょうか?...

第6週(2019年8月2週目)-8,282円

WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績:第6週の結果WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績:第6週の結果

ウェルスナビ稼働6週目。今週も含み損が増加しての着地となりました。

前週に全面株安のきっかけとなったトランプ砲の余波で米国株、日欧株、新興国株の下げが止まりません。一方、安全資産と名高い金や不動産は順調に利益を伸ばしている様子。

世界的にリスクオフの局面では、安全資産がポートフォリオに組まれていると助かりますね!

ウェルスナビの
公式サイトはこちら

第5週(2019年8月1週目)-5,823円

WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績:第5週の結果WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績:第5週の結果

ウェルスナビ稼働5週目。ついに大幅な含み損を抱える展開となりました。

トランプ大統領の中国に対する追加関税措置の発動表明で一気にリスクオフ。先週までの稼ぎ頭となっていた米国株(VTI)もマイナス生活の始まりです。

一時的にガクッと下げたとは言え堅調な右肩上がりの続く米国株。長期的なパフォーマンスの盛り返しに期待するとしましょう!

無料でウェルスナビを始める

第4週(2019年7月4週目)+2,064円

WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績:第4週の結果WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績:第4週の結果

ウェルスナビ稼働4週目。運用スタートから1ヶ月が経過しました!

今週はVTIが絶好調!前週末から1,800円ほど上昇した結果、合計で2,000円ほどの含み益をゲット。好調の米国株が利益の約9割を占めています。

とは言えS&Pが最高値の更新を続けるなど多少の過熱感もあるので要注意。来週あたりにガクッと下げてくるかもしれませんがそれも一興。中長期的に利益を出してくれば文句もありません。

完全自動のウェルスナビ投資をゆっくり楽しむこととします。7月末で終了するキャンペーンもありますよ。お忘れなく!

無料でウェルスナビを始める

ウェルスナビ(WealthNavi)のお得なキャンペーン情報まとめウェルスナビ(WealthNavi)のお得なキャンペーン情報をまとめてご紹介!狙ったキャンペーンにはエントリーをお忘れなく!...

第3週(2019年7月3週目)-760円

WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績:第3週の結果WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績:第3週の結果


ウェルスナビ稼働3週目。日本株は全面安の翌日に全面高を記録するなど変動の大きい一週間となりました。

ただ、1週間単位で見れば日欧株(VEA)もマイナスが広がり、頼みの綱の米国株(VTI)もついにマイナス領域に突入です。金(GLD)の好調も続きますが全体での損益はマイナス760円

ほったらかしが魅力のウェルスナビ、設定を変えることなどはしませんが、足を引っ張っている日欧株の奮起に期待させて下さい。

無料でウェルスナビを始める

第2週(2019年7月2週目)+701円

WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績:第2週の結果WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績:第2週の結果

ウェルスナビ稼働2週目。セブンイレブンが満を辞してリリースしたキャッシュレスアプリ「7pay」から問題が続出。セキュリティの甘さにつけ込まれ不正アクセスが多発しました。

相関関係は薄いもののウェルスナビでは日欧株と新興国株が大きく下落。700円ほど含み益を失っての着地となりました。とは言え元本の20万円は下回っていないばかりか、VTIに大きく連動するNYダウは金曜日に大きく上昇。

週末の値上がりがウェルスナビの損益に反映されるのは月曜の朝。週明けはいいムードで迎えられそうです。

【ウェルスナビの投資先】米国株VTIとは?代表銘柄とセクターを解説!ウェルスナビの買付商品が1つ『VTI』について分かりやすく解説します!...

第1週(2019年7月1週目)+1,409円

WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績:第1週の結果WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績:第1週の結果


記念すべきウェルスナビ稼働1週目!6月末に大阪で実施されたG20にて、米国と中国による貿易協議の再開合意などを受けて米国株(VTI)が上昇。なおころのウェルスナビはプラス1,409円で着地しました。

リスク許容度「4」のポートフォリオは米国株に強く連動するため嬉しい結果となりましたね。

これから先、アメリカ経済に対する不安などで大きく値を落とすこともあるでしょうが、中長期的に成長の続くアメリカ株に投資を続けて10年後を楽しみに待ちたいと思います。

ウェルスナビの
公式サイトはこちら

WealthNavi(ウェルスナビ)の運用を始めた2つの理由

WealthNavi(ウェルスナビ)の運用を始めた2つの理由

  1. セミナー動画でロボアドバイザーの実力を再認識したから
  2. 夏のボーナスキャンペーンが実施されていたから
なおころ
なおころ
どちらも要チェックです!

1. セミナー動画でロボアドバイザーの実力を再認識したから

WealthNavi(ウェルスナビ)セミナー動画の学び

  1. ウェルスナビの預かり資産は右肩上がり
  2. ウェルスナビの収益は投資パフォーマンスと連動
  3. 人間の脳は、資産運用に向いていない

なおころがウェルスナビの運用を始めたきっかけはYoutubeにアップされているウェルスナビのセミナー動画です。

動画からの学びを3つに絞るなら上記の通りですが、最も衝撃的なポイントは「人間の脳は、資産運用に向いていない」ことでした。

具体例として挙げられていたのは「プロスペクト理論」。人間の脳は損失を避けようと非合理的な決断をしてしまうといった理論です。

特に損をし始める時に最も苦痛を感じるため、冷静な判断ができず、損失が膨らんでいくのを放置、結果的に多額のマイナスが生じることで投資にマイナスイメージを抱える人が後を絶ちません。

一方のロボアドバイザーによる自動売買なら一時の感情に任せた意思決定は皆無

投資家が過度にストレスを抱えることもないでしょうし、特に初心者は投資が得意な人(ロボ)に任せつつ、資産が増えたり減ったりすることを通して投資家としての経験値を積むのが得策です。

ウェルスナビの
公式サイトはこちら

会員登録費や年会費はもちろんゼロ!

ウェルスナビのセミナー動画50分を要約!人間の脳は資産運用に向いていない?働く世代の心強い味方、ロボアドバイザーのウェルスナビ。 その仕組みや特徴については2019年2月に公開されたYoutubeのセミナ...

2. 夏のボーナスキャンペーンが実施されていたから

ウェルスナビ2019年夏のボーナスキャンペーンウェルスナビ2019年夏のボーナスキャンペーン

WealthNavi(ウェルスナビ)夏のボーナスキャンペーン

  • 期間は2019年の6月1日〜7月31日
  • 20万円以上の入金でキャシュバック

なおころがウェルスナビをスタートしたもうひとつの理由は夏のボーナスキャンペーン!入金額に応じて現金がキャッシュバックされるため始めるには絶好のタイミングでした。

ちなみに入金額が20万円なら1,000円ほどキャッシュバック。極端な話、「ウェルスナビの運用で1,000円ほどマイナスが出ても全然OK」とちょっとした安心材料になりますね。

キャッシュバックの入金は2019年9月末までに行われるとのこと。ゆっくり待ちたいと思います。

なおころ
なおころ
ウェルスナビをスタートさせる時期は公式サイト上のキャンペーンをチェックしてお得に始めましょう!

WealthNavi(ウェルスナビ)の運用プラン

WealthNavi(ウェルスナビ)なおころの運用プランWealthNavi(ウェルスナビ)なおころの運用プラン

WealthNavi(ウェルスナビ)なおころの運用プラン

  • リスク許容度4
  • 元本20万円、毎月2万円の積立
  • 10年かけて260万円投資。+40万円を狙う

上述したキャンペーンに合わせて最初の入金額は20万円。あとは翌月から毎月2万円を積み立てていく予定です。10年後には合計の投資額が260万円、これをウェルスナビに300万円まで増やしてもらうのがなおころの運用プラン。

リスク許容度は2番目にリスクの高い「4」に設定。66%以上の確率で300万円まで増やしてくれる(10年で40万円増加)と言うのですから頼もしいですね。

リスクMAXの「5」でもいいかな、と思っていたのですがウェルスナビのホワイトペーパーとにらめっこしたところ、成長が鈍化している日欧株(特に日本株)の割合が33.5%と高すぎるのが気になりました。

リスク許容度を「4」に落としたところ、いちばんの有望株である米国株の割合をほとんど落とさず(0.2%の減少)に、日欧株の割合を6%以上削減できます。

逆に許容度を「3」まで低くすると米国債券の保有割合が増えすぎて一気に収益性が落ちるため、「4」に決めました!

なおころ
なおころ
なおころが「4」に設定したリスク許容度。あなたの場合はいくらが適切なのでしょうか?公式サイトなら1分ほどで診断してもらえますよ。この機会にどうぞ!

無料でリスク許容度を
チェックしてみる

わずか1分で最適な運用プランが提案されます

WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績を公開!実際にやってみた結果は?まとめ

WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績を公開!まとめWealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績を公開!まとめ

WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績サマリー

  • 元本は20万円 (毎月の積立額は2万円)
  • リスク許容度は4
  • 運用を始めて10週間で-1,374

10年後を見据えた長期投資。一度運用を始めてしまえば投資家側ですることは無いので手間もかかりません。

ゆっくりと資産を増やしてくれれば文句の付けようもなし。完全放置でウェルスナビの手腕に期待するとしましょう!

ウェルスナビの
公式サイトはこちら

 

\1万円からはじめる憧れの不動産投資/

1万円から不動産投資に挑戦できるCREAL(クリアル)』は年間利回り約4%!投資した後の物件管理や細かい手続きは必要なし。ほったらかしでOKです

投資先はプロが厳選した関東圏の不動産。公式サイトではどんな物件に投資できるのか画像や動画で確認できます!(メールアドレスを登録した会員限定の情報も!)

物件価値が下がった場合もCREAL10〜20%を補填してくれるためリスクも限定的。「将来を考えてまずは少額から投資に挑戦してみたい」そんな方におすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA