ウェルスナビ

ウェルスナビのリスク許容度を変更してポートフォリオを操作しよう!

ウェルスナビの攻略法を見つけてしまったかもしれません。


投資家の皆さまこんにちは、なおころ(@Naokoro_)です。

ウェルスナビで儲けるコツは『相場に合わせてリスク許容度を変更すること』ではないかと仮説しました。

ウェルスナビで頭ひとつ抜けたパフォーマンスを出したい方は読み進めてくださいませ!

ウェルスナビの攻略法

  • 相場に合わせてリスク許容度を変更する
  • 市場が好調ならリスクを高めに設定(米国株・日本株を優先して買う)
  • 市場が不調ならリスクを低めに設定(債権を優先して買う)
なおころ
なおころ
ロボアドバイザー?ウェルスナビ?といった方は「【ロボアド】ウェルスナビのパフォーマンスが優秀!完全自動の資産運用でお金を増やそう!」を先に読むと理解が加速します!
ウェルスナビの評判・口コミまとめ!銀行にお金を預けておくのがもったいなくなるほったらかし投資の代表格『ウェルスナビ』。実際のところの評判はいかに?Twitterからリアルな声を集めました!...

ウェルスナビのリスク許容度とは?

リスク許容度とは:自分が金融商品の値動きをどの程度許せるか

投資においてはリスクとリターンが比例するので、よりリスクをとる設定の場合、より大きなリターンを期待することができるのです。

ウェルスナビの場合は、数字が大きくなるほどリスク許容度が上がる仕組み。レベルは全部で5段階(1〜5)用意されています。

なおころ
なおころ
ぼくはリスクレベルMAXの「5」に設定。執筆時点ではパフォーマンスは上々です!
【ウェルスナビのデメリット】実際に運用してみて気づいた注意点3つ ウェルスナビのデメリット ほったらかすと投資知識が身につかない リスク許容度を0にできない 最低投資額が1...

ウェルスナビのリスク許容度を変更するとポートフォリオが変化する

リスク許容度を変更すると、ポートフォリオが変化します!

ウェルスナビの場合、買い付ける商品は現金を合わせて以下の7種類↓

出典:ウェルスナビ ホワイトペーパー出典:ウェルスナビ ホワイトペーパー

リスク許容度を高くすればするほど

予算内でリスクの高い商品を買い付け

リスクを低くすれば債権などリスクの低い商品を集中的に買い付けてくれます!

 

つまり、今から日本やアメリカの株価が安くなりそうだな〜と感じた場合は積極的にリスク許容度を下げることで大きな損失を防げるでしょう。

完全放置とはいきませんが、リスク許容度を少し変えるだけで

ウェルスナビのパフォーマンスを高めることができるに違いありません。

【ウェルスナビのホワイトペーパー】商品別のリスクやリターンをまとめて把握!ウェルスナビ投資を検討中の方はホワイトペーパーにも目を通してみましょう!投資先商品のリスクやリターン、リスク許容度別のポートフォリオの配分など、おもしろ情報満載です。...

ウェルスナビのリスク許容度を変えたらポートフォリオはいつ変化するの?

平日の20時までにリスク許容度を変更すると、通常その日の深夜にポートフォリオを再構築します。引用:ウェルスナビHP

20時までに設定すればその日のうちに買い付け商品の割合を変えてくれるとのこと!

ぼくもちょこちょこ変えながら、運用成績を報告していきます。

なおころ
なおころ
最新の運用実績はTwitterをチェック!

ウェルスナビのリスク許容度の変え方

ウェルスナビリスク許容度の変え方ウェルスナビリスク許容度の変え方

アプリにおけるリスク許容度の変え方は画像の通り!

その他→ナビゲーション→カスタマイズボタン

と、さくっと変えられるのでぜひお試しあれ!

ウェルスナビのリスク許容度変更まとめ

ウェルスナビの攻略法

  • 相場に合わせてリスク許容度を変更する
  • 市場が好調ならリスクを高めに設定(米国株・日本株を優先して買う)
  • 市場が不調ならならリスクを低めに設定(債権を優先して買う)

投資にある程度慣れてきた方はリスク許容度を変更してパフォーマンスの最大化を狙ってみるのも面白いでしょう!

ウェルスナビの
公式サイトはこちら >>

 

\1万円からはじめる憧れの不動産投資/

1万円から不動産投資に挑戦できるCREAL(クリアル)』は年間利回り約4%!投資した後の物件管理や細かい手続きは必要なし。ほったらかしでOKです

投資先はプロが厳選した関東圏の不動産。公式サイトではどんな物件に投資できるのか画像や動画で確認できます!(メールアドレスを登録した会員限定の情報も!)

物件価値が下がった場合もCREAL10〜20%を補填してくれるためリスクも限定的。「将来を考えてまずは少額から投資に挑戦してみたい」そんな方におすすめです。

その他のほったらかし投資はこちら↓

【2019年版】ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA