IPO

【IPO】ウイングアーク1stの初値予想!帳票ビジネス国内No.1企業を分析

ウイングアーク1stIPOの初値予想まとめ

  • おすすめ度:
  • 企業の事業編:主力の帳票事業は国内シェアNo.1の導入実績
  • 企業の業績編:財務の健全性は低い。事業収益力はかなり高水準
  • 評判・口コミ編:再上場銘柄だけあって大幅な初値上昇は厳しい
  • 個人的な初値予想:想定価格の1.0倍1,970円(2月4日時点)

2019年3月、日本国土開発に続いて上場するのはソフトウェアおよびクラウドサービスが主力のウイングアーク1st株式会社(4432)

ビジネスの内容や近年の業績などを材料に、気になるIPO初値を予想してみましょう!

なおころ
なおころ
なおころ個人の初値予想は想定価格1.0倍の1,970円(2月4日時点)です。
IPO投資初心者が押さえておきたいポイントをまとめて解説IPOの流れやおすすめ証券会社の選び方など気になるポイントをまとめてご紹介。『儲かる』とうわさのIPO投資、実際にお金を動かす前に疑問点を解消しておきましょう!...

【IPO】ウイングアークの初値予想!企業の事業・業績編

なおころ
なおころ
まずはウイングアークの基本情報を確認してみましょう!

ウイングアークIPOの初値予想!企業の事業・業績編

  1. ウイングアークの基本情報
  2. ウイングアークの事業内容
  3. ウイングアークの業績・安全性

【IPO初値予想】ウイングアークの基本情報

ウイングアーク(4432)の基本情報
会社名ウイングアーク(4432)
設立2004年
企業理念情報に価値を、企業に変革を、社会に未来を。
主力事業企業の情報活用を促進するソフトウェアおよびクラウドサービス
上場市場東証1部または東証2部
主幹事証券野村證券
狙い目証券SBI証券・マネックス証券

ウイングアーク1st株式会社は2004年創業、ソフトウェアおよびクラウドサービスが主力。

2013年にはクラウドを主力としたビジネス形態への転換を背景に上場を廃止。5年の充電期間も設けての再上場となりました。利益額や資産状況など、特に厳しいIPO条件が課せられる東証への上場とあって信頼感は抜群です。

なおころ
なおころ
次章ではウイングアークのビジネス内容に切り込みます!
【IPOの条件】取引証券所へ上場するためにクリアすべき項目を解説IPOで証券取引所に上場するための条件とは?企業がクリアすべき項目について分かりやすくまとめました。...

【IPO初値予想】ウイングアークの事業内容

出典:ウイングアーク1st公式サイト出典:ウイングアーク1st公式サイト

ウイングアークの事業内容

  • 帳票事業:主力商品『SVF』は国内シェアNo.1の導入実績
  • BI事業:データの集計・分析・可視化サービスの提供

国内企業のあらゆる手続きや意思決定プロセスに不可欠な帳票。

ウイングアーク社の主力商品SVFは業務処理におけるすべての帳票を対象としており、活用シーンは様々。大企業や官公庁をメインの顧客に据えつつ、導入実績は国内No.1を記録しています。

各企業のビジネスに深く根付いた帳票事業は、新規発注だけではなく、定期的な保守点検でも底堅い需要が期待できるサブスクリプションモデル。

2018年の契約継続率は驚異の93.4%と信じられない数字を叩き出しています。安定的な業績が期待できる銘柄ですね。

なおころ
なおころ
次章では過去2年分の決算書から近年の業績を分析してみましょう!
【IPOのメリット】企業・投資家別に利点を分かりやすくご紹介企業・投資家の視点別にIPOのメリットをまとめてご紹介! 本記事の結論:IPOのメリット 企業:資金調達と知名度の向...

【IPO初値予想】ウイングアークの業績・安全性

ウイングアークの業績・安全性ウイングアークの業績・安全性
ウイングアーク(4432)の
業績や安全性(2018):13 / 20
流動比率55.3%★☆☆☆☆
自己資本比率31.3%★★☆☆☆
営業利益率27.1%★★★★★
当期純利益率18.8%★★★★★
営業CF – 投資CF

財務の安全性が乏しい反面、事業の収益力はかなりの高水準をマーク。長期で投資するには少し不安が残りますがIPOによる初値利益狙いなら投資対象としての魅力度は十分です!

なおころ
なおころ
ただ、2月末に上場するスマレジの業績には一歩劣る結果に。IPOでの収益を期待するならウイングアークは少し優先度が下がります。
【IPO】スマレジの初値予想!解約率1%以下のストックビジネスに熱視線!2019年2月の最終日、マザーズ市場へ新規上場を果たすのは株式会社スマレジ(4431)!0円から始める高機能クラウドPOSレジで人気を博す新進気鋭の有望銘柄です。ビジネスの内容や近年の業績、想定価格などを材料に気になるIPO初値を予想してみましょう!...

【IPO】ウイングアークの初値予想!上場情報編

ウイングアークのIPOスケジュール

ウイングアーク(4432)のIPOスケジュール
仮条件決定2019年2月25日(月)
BB期間2019年2月26日(火)〜3月1日(金)
当選発表2019年3月4日(月)
当選申込2019年3月5日(火)〜3月8日(金)
上場予定2019年3月13日(水)
なおころ
なおころ
ブックビルディング期間が月をまたぐ形に。申込忘れにご注意を!

ウイングアークIPOの公募株数や想定価格

ウイングアーク(4432)の公募株数や想定価格
公募株数0株
売出株数22,896,200株
当選株数22,896,200株
想定価格1,970円
仮条件1,690円〜1,970円
公募価格– (上場取消)
なおころ
なおころ
売買単位は100株なので、当選するのは228,962組。当選確率はかなり高いと言えるでしょう!
IPOの発表から企業が上場するまでのプロセスを分かりやすく解説IPOのプロセスを個人投資家が押さえておくべき用語と合わせてご紹介!IPO投資に挑戦する前に、まずは全体像を捉えましょう。...

【IPO】ウイングアークの初値予想!評判・口コミ編

なおころ
なおころ
再上場銘柄とあって、初値は振るわないと予想する投資家が多い様子。当選数もかなり多いため、初値の大幅な上昇は期待薄と見ていいでしょう。
【IPO株の買い方は2ステップ】幹事証券の口座から申し込むだけ!IPO株を買うためには、幹事証券の口座から申し込みをするだけでOK!当選確率を上げるため複数口座からの申し込みが鉄板です。...

【IPO】ウイングアークのあなたの初値予想は?


 

なおころ
なおころ
想定価格あたりに予想が集中するのでは?
【IPO投資】人気の理由は儲かる確率の高さにあり!過去4年の勝率は75%以上!IPOが投資家に好まれる理由は?儲かる確率はどれくらい?そもそもIPO投資ってなんでそんなに儲かるの?...

【IPO】ウイングアークの初値予想まとめ

ウイングアーク1stIPOの初値予想まとめ

  • おすすめ度:
  • 企業の事業編:主力の帳票事業は国内シェアNo.1の導入実績
  • 企業の業績編:財務の健全性は低い。事業収益力はかなり高水準
  • 評判・口コミ編:再上場銘柄だけあって大幅な初値上昇は厳しい
  • 個人的な初値予想:想定価格の1.0倍1,970円(2月4日時点)

ビジネスモデル自体は堅調なサブスクリプション事業。ただ、『再上場』『財務健全性の低さ』といった材料を元に、なおころのIPO初値予想は想定価格の1.0倍、1,970円です。

初値の審判が下る東証への上場は3月13日。期待して待ちましょう!

なおころ
なおころ
ネットからはSBI証券やマネックス証券からの申し込みが可能!ぼくもマネックス証券から参戦予定です!
【IPOおすすめ証券会社】当選確率を上げるための論理的な選択『IPO投資に挑戦してみたいけど、どの証券会社から申し込んでいいのか分からない』そんなお悩みとはそろそろお別れしましょう。当選確率をあげるために万人が口座を解説しておくべき証券会社はこれ!...
【IPO】2019年3月のおすすめ銘柄とスケジュールまとめ!2019年3月には実に17社がIPO!各銘柄のおすすめ度やスケジュールをまとめてご紹介!売買の判断材料のひとつにどうぞ!...

【IPO】ウイングアークが上場取消!直前の中止発表に初値利益は露と消える

なおころ
なおころ
思うように申し込みが集まらなかったのでしょうか、ウイングアーク側からの申請で上場取消となりました。やはりIPOは最後まで油断なりませんね!

 

IPOでなかなか当選できず、資産が余っている方はFunds(ファンズ)を活用した1円からの貸付投資など、ほったらかし投資も合わせてどうぞ!

関連記事:【Funds(ファンズ)】1円からでOK!誰でもコツコツ資産運用

関連記事:ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!消耗せずに資産を増やそう

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

Funds(ファンズ)は1円からでOK!誰でもコツコツ資産運用1円からの資産運用を可能にする『Funds(ファンズ)』の特徴や気になる運営会社についての情報をまとめてご紹介!...
【2019年版】ほったらかし投資おすすめ運用手法12選!消耗せずに資産を増やそう株やFXなど常にチェックが必要な商品とは一味違う『ほったらかし投資』を始めてみませんか?手間のかからない、2019年おすすめ運用手法をまとめてご紹介!...
\1円からはじめる資産運用/

人生100年時代はお金にも働いてもらいましょう!「資産運用に挑戦したい。」「まずは少額からスタートしたい。」そんな方には2019年1月にスタートした新サービス『Funds(ファンズ)』がおすすめ。

1円から上場企業の不動産に投資できるだけでなく、出資した後はほったらかしでOK。長期で堅実な資産運用にぴったりです!

気になる方はFundsの公式サイト、もしくはブログ内の関連記事も合わせてどうぞ。なおころも20万円ほど投資中です。

Funds(ファンズ)の
公式サイトはこちら

Fundsの関連記事まとめ