財務指標

【財務指標】売上高原価率とは?定義や目安を分かりやすく解説

企業の収益力をさくっと分析したいなら『売上高原価率』がおすすめです。

損益計算書(PL)さえ準備すればOK!1分もあれば計算できるでしょう。

なおころ
なおころ
損益計算書(PL)を含めた企業の決算書はEDINETに格納されていますよ。気になる企業の決算書を読んでみましょう!
【EDINETの使い方】財務分析初心者が習得すべき企業決算書の見つけ方EDINETの使い方について画像付きで分かりやすく解説します!...

【財務指標】売上高原価率の定義

【財務指標】売上高原価率の定義【財務指標】売上高原価率の定義

売上高原価率とは

  • 売上高原価率 = 売上原価 ÷ 売上高
  • 商品販売における必要最低限のコストが売上高に占める割合
  • 必要書類:損益計算書(PL)のみ

損益計算書(PL)だけでさくさく収益性を分析できる指標。

売上原価、具体的には材料や原料費、労務費あたりが計上されます。

商品をつくって売るための最低限のコスト』とイメージいただければ間違いありません。

もちろん売上高に占める売上原価の割合が低い方が高評価です!

【損益計算書(PL)とは?】企業の稼ぐ力を知りたいときに読むべき書類 損益計算書(PL)まとめ 企業の売上、費用、利益をまとめた書類 企業の収益性(稼ぐ力)を評価できる ...

【財務指標】売上高原価率の目安

  • 売上高原価率の目安は63

ワンタップバイの日本大手30社を分析したところ売上高原価率の平均は約63%。かなり大きな値が出てきましたね。

収益力の改善が進む大手企業といえど、平均的には売上高の3分の2は原料や労務費に当てられていることが分かりました。

なおころ
なおころ
次章では特に原価率が低い企業をピックアップ!
【ワンタップバイ銘柄一覧】1,000円から買える日本株30と米国株30ワンタップバイの銘柄一覧をまとめてご紹介。任天堂、リクルート、フェイスブックにアップルなど1,000円から大手企業の株主になってみませんか?...

【財務指標】売上高原価率が低い企業

ワンタップバイ採用銘柄から売上高原価率が低い企業をさくっとご紹介!

平均値である63%をゆうに下回るトップ企業3社。業界別の傾向は特にありませんね。

各社の卓越したビジネスモデルが勝因でしょう。

なおころ
なおころ
武田薬品営業CF成長率でも上位に顔を出していましたね。
【武田薬品の売上推移】国内首位の製薬企業をわかりやすく財務分析! 武田薬品工業(4502)の財務分析💡 ☑️有利子負債額が大きく安全性が低い &#...

【財務指標】売上高原価率を低くする方法

  1. 売上高はそのままに売上原価を削減する
  2. 売上原価の増加を上回るほど売上高を増加させる

要するに『収益力を高める』ですね。

例えば売上高をキープしつつ売上原価を削減するためには

オペレーションの効率化や

仕入れの一本化などが考えられますね。

 

企業を分析する際は、

売上高の推移を追うだけではなく

原価率を合わせて確認しましょう!

【バフェットコード連携】財務分析ExcelシートVer.4リリース!投資家の皆さまこんにちは、なおころ(@Naokoro_)です。 ご好評いただいております財務分析Excelシート、第4弾をリリース...

【財務指標】売上高原価率まとめ

売上高原価率とは

  • 売上高原価率 = 売上原価 ÷ 売上高
  • 商品販売における必要最低限のコストが売上高に占める割合
  • 目安は63%
  • 売上高はそのままに売上原価の削減
  • もしくは売上原価の増加を上回る売上高の増加がカギ

売上原価は企業最大の費用項目。

収益力の高さをさくっと評価するにはもってこいの指標です!

 

財務分析を活用して投資に挑戦してみたい方には『株式投資の教科書』がおすすめ。

他の財務指標の解説など株式投資に必要な知識を詰め込んでいます。合わせてどうぞ!

関連記事;株式投資の教科書 〜企業分析からチャートの読み方までまるっとマスター!〜

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

【財務指標】企業の収益性分析で見るべき5つのポイント!収益性の財務指標情報をまとめ。ROEやEVAスプレッドなど分かりやすく解説します!...
【財務指標一覧】企業分析者が絶対に押さえておきたい数字まとめ企業分析でチェックしておきたい財務指標を一覧化。投資家、就活生には特におすすめです。...
\1円からはじめる資産運用/

人生100年時代はお金にも働いてもらいましょう!「資産運用に挑戦したい。」「まずは少額からスタートしたい。」そんな方には2019年1月にスタートした新サービス『Funds(ファンズ)』がおすすめ。

1円から上場企業の不動産に投資できるだけでなく、出資した後はほったらかしでOK。長期で堅実な資産運用にぴったりです!

気になる方はFundsの公式サイト、もしくはブログ内の関連記事も合わせてどうぞ。なおころも20万円ほど投資中です。

Funds(ファンズ)の
公式サイトはこちら

Fundsの関連記事まとめ