財務指標

【財務指標】WACC(加重平均資本コスト)とは?計算例と合わせて定義を解説!

財務分析をする上で避けては通れない

WACC(加重平均資本コスト)』をさくっと解説。

WACCを理解することができれば

収益性指標の中で最難関かつ

経営者が最も重視すべき数字である

EVAスプレッド』も算出できるようになります。

まずはこの機会にWACCをしっかり押さえておきましょう!

なおころ
なおころ
難解な計算式で有名なWACCですが、ひとつずつ紐解いていけば簡単ですよ。
あわせて読みたい
株式投資の教科書 〜企業分析からチャートの読み方までまるっとマスター!〜株式投資初心者が疑問に思うことをまるっとまとめ。投資をはじめて稼ぐまでの流れや企業・チャート分析の方法など必要知識をこの1冊でインプット!...

【財務指標】WACC(加重平均資本コスト)とは?

WACC(加重平均資本コスト)とは?WACC(加重平均資本コスト)とは?
なおころ
なおころ
難しそうな数式が出てきましたが大丈夫です。本記事読了後にはすっきり理解できているでしょう!

WACCとは?

  • Weighted Average Cost of Capitalの略称
  • 日本語では加重平均資本コスト
  • 資金調達にかかるコスト
  • 最低限生み出す必要のある収益率
  • 必要書類:貸借対照表(BS)損益計算書(PL)

結論から始めると、

WACCとは『企業が資金を調達する時にかかるコストの割合』です。

貸借対照表(BS)を眺めると分かるように、

企業の資金調達方法は2つしかありません。

ひとつは銀行や債権者からお金を借りる方法(負債)。

そしてもう1つは株主からの出資です(株主資本)。

 

どちらの方法であっても資金の調達にはコストが必要ですよね。

銀行からお金を借りれば利息を払うように要求され、

株主からは配当や株主優待での還元を迫られます。

つまり、負債と株主資本を合わせた

企業の資金総額を調達するためのコスト』こそがWACCです。

なおころ
なおころ
株主資本など貸借対照表(BS)の項目に自信がない方は合わせて復習しておきましょう!
あわせて読みたい
【貸借対照表(BS)の項目】会社が倒産するのは流動負債を返済できなかった時 【貸借対照表(BS)さくっとまとめ💡】 ☑️財務諸表の1つ ☑&#...

【財務指標】WACC(加重平均資本コスト)の解説

WACC(加重平均資本コスト)の解説WACC(加重平均資本コスト)の解説

さて、改めて上記の式を眺めてみてください。

WACCの定義を理解した上で想定される疑問は以下の通りでしょう。

WACCを理解するまで

  • 負債コストとは?
  • 株主資本コストとは?
  • 加重平均とは?
  • (1 – 実効税率) とは?

それぞれさくっと解説していきます!

なおころ
なおころ
有利子負債や株主資本がよく分からない方は貸借対照表(BS)の復習がおすすめです!
あわせて読みたい
【貸借対照表(バランスシート)とは?】資金の調達先と資金状況が丸わかり! 貸借対照表(バランスシート)まとめ 企業の資金調達先と資産状況をまとめた書類 企業の財務安全性を評価できる ...

WACC 負債コストとは?

WACC:負債コストとは?WACC 負債コストとは?
  • 負債コストとは、銀行や債権者から調達する資金に対するコスト
  • 負債コスト = 支払利息 ÷ 有利子負債

いわゆる借金に対する利息の割合ですね。

財務諸表上の項目では『支払利息』と記述され

損益計算書(PL)を読んでいけば見つけることができるでしょう。

つまり、有利子負債を借りるために

毎年支払うことを約束している支払利息こそが負債コストであり、

実際の計算上では支払利息を有利子負債を割ることで算出することができます。

なおころ
なおころ
負債コストはイメージも計算も簡単ですね!
あわせて読みたい
【損益計算書(PL)とは?】企業の稼ぐ力を知りたいときに読むべき書類 損益計算書(PL)まとめ 企業の売上、費用、利益をまとめた書類 企業の収益性(稼ぐ力)を評価できる ...

WACC 株主資本コストとは?

WACC 株主資本コストとは?WACC 株主資本コストとは?

一方の株主資本コストはちょっと難しい指標です。

  • 株主資本コストとは、株主が企業に期待している収益率

投資家が企業に期待する最低限の利回りと理解すればOKです。

『200万円投資するから今年は10万円くらいのリターンがほしいな』となれば株主資本コストは5%となりますね。

実際に計算する際は以下の変数を使います!

株主資本コストの計算

  • 株主資本コスト = Rf + β ( Er – Rf )
  • Rf:リスクフリーレート。リスクがない金融商品から得られる利回り(10年国債など)
  • β:ベータ値。株式市場と比較した対象企業の株価変動の大きさ
  • Er:期待収益率。一般的な株式市場への期待利回り

ぼくが分析する際にはRfは0.11、Erは8%と設定し、

β値はロイターの企業ページから引用しています。

負債コストは単純明快な式で算出される一方で

株主資本コストは各変数にどんな値を入れるのか分析者に依るところが大きいため

値が固定されない点に注意しましょう。

なおころ
なおころ
Rfの0.11は2015〜2018年の10年国債利回りの単純平均。Erの8%は伊藤レポートのROE目標値を参考に設定しています!

例えば株式市場全体の動きと全く同じ株価の動きをする企業A(β=1)があった場合、

株主資本コスト =  0.11 + 1 × ( 8.0 – 0.11) = 8.0 と計算されます。

なおころ
なおころ
株主から1,000万円の出資を受けている場合、毎年80万円ほどのリターンを期待されていることに。

WACC 加重平均とは?

WACC 加重平均とは?WACC 加重平均とは?

負債コストと株主資本コストが分かれば

WACCの完全理解まであと少し!加重平均を学びましょう。

加重平均とは?

  • 平均する項目の重要度を加味した平均

単純平均との違いを考えると理解しやすいです。

WACCとは『企業の資金総額を調達するためのコスト』でしたね。

税金を考慮せず、単純な例を挙げると

負債900万円、株主資本100万円の企業が存在し、

負債コスト1%、株主資本コスト5%であった場合、

単純平均すると資金の調達コストは(1%+5%)÷2 = 3%になりますね。

圧倒的に調達コストが安い負債の割合が大きいにも関わらず

調達コストが3%と実態よりもかなり大きな値になってしまいます。

 

一方の加重平均では負債と株主資本の割合も考慮した計算が可能。

WACC(調達コスト) = 1% × 9/10 + 5% × 1/10 = 1.4%となります。

 

究極的に言えば、

WACC単純平均でも算出はできますが、

加重平均を使うと、負債と株主資本の割合も考慮したより正確な調達コストが算出できると覚えておきましょう。

なおころ
なおころ
式が複雑になりますよね。ゆっくり計算しましょう!

WACC (1- 実効税率)とは?

WACC (1- 実効税率)とは?WACC (1- 実効税率)とは?

改めてWACCの定義式を見返したときに

負債コストには(1- 実効税率)がくっついており、

株主資本コストには付随していない理由を考えましょう。

WACCの負債コストを税引後で計算する理由

支払利息は損益計算書(PL)の項目であり、

最終的に税引後の当期純利益を算出する前には利益と相殺され、節税効果が働きます。

簡単に言えば、支払利息があるだけで少し節税になるんですよね。

 

よって、節税効果を先取りしてコスト計算時にも反映させるため負債コストには (1 – 実効税率)をかけています。

一方の株主資本コスト(株主への配当金など)は損益計算書(PL)に含まれないため節税効果は発生せず。(1 – 実効税率)を付随する理由はありません。

あわせて読みたい
【損益計算書(PL)とは?】企業の稼ぐ力を知りたいときに読むべき書類 損益計算書(PL)まとめ 企業の売上、費用、利益をまとめた書類 企業の収益性(稼ぐ力)を評価できる ...

【財務指標】WACC(加重平均資本コスト)の目安

  • WACCの目安は5〜8%
  • 一般的に負債コスト < 株主資本コスト
  • 負債があるとWACCは小さくなる

WACCは資金の調達コストなので、もちろん値は小さい方が好ましいですよね。

 

一般的には負債コストよりも株主資本コストが大きくなるもの。

銀行は定期的な利息をもらう分リスクは低く、

投資家はより大きなリターンを望むため

調達コストが大きくなるのが通例です。

 

よって、負債がある方がWACCは小さくなるんですよね

WACCの定義式を確認してもらえるとわかりますが、

負債がゼロの企業の場合、WACC = 株主資本の調達コストになってしまいます。

 

WACCは負債の調達コストと株主資本の調達コストの加重平均であるため、

負債が少しでもあると、相対的に値の小さい負債コストに引っ張られてWACCも小さくなりますよ。

なおころ
なおころ
WACCも考慮すると無借金経営が必ずしも優れている訳ではありませんね。

【財務指標】WACC(加重平均資本コスト)まとめ

WACC(加重平均資本コスト)とは

  • 資金調達にかかるコスト
  • 負債コストと株主資本コストの加重平均
  • 小さい方が好ましい
  • 無借金経営の場合、WACCは大きくなる

WACCが理解できれば、

この企業は資金を得るためにどれくらいのコストをかけているのか』を簡単に把握することが可能。

あとは実際の利益額(ROIC)との差を計算すれば

企業の本質的な価値が算出できますよ。

収益性分析も、いよいよ大詰めです。

関連記事:【財務指標】EVAスプレッドとは?定義や目安を分かりやすく解説!

 

それではまた、株式市場でお会いしましょう。
すべての投資家達へ。なおころより。

あわせて読みたい
【財務指標】EVAスプレッドとは?定義や目安を分かりやすく解説!財務指標がひとつ『EVAスプレッド』を分かりやすく解説します!定義や目安をさくっと理解しましょう!...
あわせて読みたい
【財務指標】企業の収益性分析で見るべき5つのポイント!収益性の財務指標情報をまとめ。ROEやEVAスプレッドなど分かりやすく解説します!...
あわせて読みたい
【財務指標一覧】企業分析者が絶対に押さえておきたい数字まとめ企業分析でチェックしておきたい財務指標を一覧化。投資家、就活生には特におすすめです。...